みらい図鑑

VOL.247「堀家ハッカプロジェクト」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

かつて、日本が世界の生産量の9割を誇っていた植物、「ハッカ」。
ミントの一種ですが、国外では「日本ハッカ」と呼ばれています。

江戸時代、全国に先駆けてハッカの栽培を始めたのが、岡山県総社市。
総社出身の秋山熊太郎という人が、
換金作物として大規模な作付けを行ったのが始まりです。

その後、ハッカ栽培は全国に広まり、
昭和初期には世界一のハッカ生産国になった日本でしたが、
時代と共に、合成ものや、海外の低コストのハッカに押され、
日本のハッカ産業は退廃していきました。

null

そんななか、伝統的な岡山ハッカの活用に着目したのが
「総社商店街筋の古民家を活用する会」。

ハッカ栽培の先駆者、地元出身の秋山熊太郎にちなんで、
衰退した岡山のハッカを復活させようと、
「堀家(ほりけ)ハッカプロジェクト」をスタートさせました。

プロジェクトでは、地元の農業高校とも連携しながら、
岡山のハッカを使ったハーブティーや石鹸を作っています。

null

「堀家ハッカプロジェクト」、東恩納 真弓(ひがしおんな・まゆみ)さんのお話です。

「私たちは、総社でハッカを育てています。
本当に少人数でやっていて、しかも、それぞれ仕事があっての活動です。
商業ベースには乗らなくても、このストーリーを大事に育てて、
長く続けられるようにやっていきたいなと思っています。」

null

第1弾、第2弾、とオリジナル商品を開発していき、
総社市から発信したハッカの声を、
再び全国に響かせていくのが目標だという「堀家ハッカプロジェクト」。

東恩納さんのメッセージはまだまだ続きます。

「ハッカは、とても清涼感があってスッキリとします。
皆さんもハッカを試して、元気にこの世の中を突き進んで頂きたいと思っています。
本当に愛情を持って育てて製品を作っていますので、
ハッカを総社から発信していきたいと思っています。
その想いだけですね。」


VOL.246「綿入りはんてん」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

日本で古くから愛されている冬の羽織りもの、「はんてん」。

“着るおふとん”とも呼ばれる「綿入りのはんてん」は、
そのほとんどが、福岡県・筑後地方で作られています。

最盛期は、昭和の終わりから平成の初め。
産地全体で、年間250万枚を作っていましたが、その後、フリースブームが到来。
はんてんの生産量は減少していきました。

ところが、いま、これまでのイメージを覆すような、
オシャレなデザインのはんてんが、次々と生まれています。

null

作っているのは、創業100年を越える木綿織物の会社、「宮田織物」。

糸を選びから、布地のデザイン、布地織り、縫製まで、
すべて自社生産にこだわり、
熟練の職人さんが、一枚一枚、手作業で仕上げていきます。

null
null

同社代表・吉開(よしがい)ひとみさんに伺いました。

「綿を入れるときに、綿を手で一枚一枚、手で入れていくんですね。
そのあと、一針一針、手で縫っていくんです。
ふっくらしたまま長持ちするように、
しかも、綿が均一になるようにしているんですね。」

null
null


「宮田織物」が追求するのは、究極の暖かさ。
そのポイントは、綿の入れ方にあるといいます。

「綿の方向も、縦と横があるんです。
背中とかは、方向を変えながら塩梅を見て、工夫して綿を入れていきます。
それが暖かさの理由だと思います。
うちは、この作り方を変えずに55年目ですね。」

null

懐かしくて新しい「宮田織物」の綿入りはんてん。

フリーサイズなので、お父さんやお母さんをはじめ、
おじいちゃんやおばあちゃんへの贈り物にも最適です。

夫婦や親子でペア、というのも、気持ちがほっこりして楽しいですね。

null

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 121 | 122 | 123 || Next»