みらい図鑑

VOL.226「ベジアイス」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

「そらまめ」、「焼きなす」、「大葉」・・・。
野菜の名前がそのままつけられたアイスがあります。

広島県にある会社、「マスタードシード22(トウェンティー・トゥー)」が開発したブランド、
「ベジアイス」。

原材料にそれぞれの野菜がふんだんに使用されていて、
野菜の味がしっかりと感じられる、ヘルシーな味わいが評判を呼んでいます。

null
null

アイスに使われている野菜は、いずれも「規格外野菜」。

曲がっている、色が薄い、傷がついている、、、など、
味や栄養価は何ひとつ変わらないのに、見た目が違うという理由で廃棄される野菜は、
生産量の約4割にものぼると言われています。

そんな規格外野菜を有効活用して誕生したのが、「べジアイス」。

「マスタードシード22」では、
10年ほど前から、季節の旬に合った「ベジアイス」を作り続けています。

null

同社、代表の岸保 宏(がんぼ・ひろし)さんにお話を伺いました。

「ぼくらは、アイスをきっかけに農業が盛り上がっていく形を作りたいというか、
きっかけを作っているんですね。
たとえば、アイスを売っている隣で、キュウリを売ったり、ピーマンを売ったり。
そんな風にしてやってきました。
そうしたら、ピーマンが食べられなかった人が、アイスなら食べられて、
そこからピーマンを食べられるようになったとか。」

null

廃棄される野菜を減らすことも大事ですが、
ベジアイス事業の目的は、
農家を盛り上げて、日本の農業を次世代につないでいくこと、と語る岸保さん。

「農業を応援するということは、地域を盛り上げることにつながると思っています。
大規模じゃなくてもいいんです。
スモールファーマーが何人もできれば、

“あなたのところはキュウリ作っているんですね、
ぼくはトマトを作っているので物々交換しましょう!“ 、、、みたいなね。

助け合いも生まれるし、そうやって地域のコミュニティも生まれてきたらステキですよね。
ぼくたちのきっかけを通じて、
少しずつでも、みんなで変わっていけたらいいなと思っているんです。」

null

野菜嫌いな子どもが、このアイスを食べて野菜を好きになり、
さらには、農業に興味を持って、農業の道に進む・・・。

「べジアイス」は、スモールファーマーが増えていくきっかけづくりにもなりそうですね。

VOL.225「サンショウミント」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

兵庫県・有馬といえば、温泉地として知られていますが、
食の世界では、「有馬山椒」が有名です。

「有馬山椒」は、六甲山脈に自生する山椒の総称。
料理人たちの間で、柑橘のような香りの良さが評判となり、広がっていきました。

そんな有馬で、室町時代から続く老舗の佃煮屋「川上商店」が、
4年前に立ち上げたのが、山椒の専門店、「山椒彩家」。

null

日本が世界に誇る山椒の香りを知って欲しいと、
ドレッシングやマヨネーズ、お菓子など、さまざまな商品を開発しています。

なかでも注目なのが、「サンショウミント」。

若い人から年配までの多くの人に、
うなぎ以外で使う山椒を知ってもらうために誕生したというこのタブレット、
眠気覚ましやリフレッシュにぴったり、と人気を集めています。

null

「川上商店」、大熊健太(おおくま・けんた)さんのお話です。

「有馬温泉は、車でお越しいただくことが多いんですが、
サンショウミントを食べて、眠たくならないようにしてもらったり、
いま、マスクをされている方が多いですよね。
このタブレットは、スースーしますので、
口の中もサッパリするということで、すごく喜ばれています。」

null

メントールと山椒の心地良さは似ているため、
商品が完成するまでには、配合の調整に悪戦苦闘したといいます。

そうして出来上がった「サンショウミント」、
口に入れた瞬間、まずメントールのスッとした清涼感が楽しめ、
後から、山椒の風味が追いかけてくる味わいです。

null

山椒は、英語で「ジャパニーズペッパー」。
日本の香辛料の素晴らしさを、日本人にこそ、もっと伝えていきたいという大熊さん。

「やっぱりね、どこで植っていたか、どこで収穫したか、っていうことも大事ですが、
山椒は加工がすごく大事なんですね。
香りが飛ばないように、熱をかけずに、石臼でゆっくり挽いたりとかですね、
細かい作業がたくさんあるんです。
その辺を大事にしています。
ほんとうに手作業の世界で、大量生産とは逆の世界ですが、香りが一番だと思いますね。」

null

丁寧な作業で作られた「有馬山椒」の香りがいつでも手軽に楽しめる「サンショウミント」。

皆さんのバッグやポケットにも、ひとついかがですか?
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 || Next»