みらい図鑑

VOL.151「大阪府 スタイルふくさ 」

null

お金を包む小さな風呂敷状の布、「ふくさ」が今回の主役。

結婚式のご祝儀やお葬式の香典を用意する際には、
「ふくさ」に包んで渡すのが日本古来のマナーです。

null

ところが、近年、ふくさそのものの存在や、
ふくさを使う習慣を知らない若者が増えているといいます。

そこで、ふくさを冠婚葬祭だけでなく、
カジュアルに普段使いして欲しいと、
若者をターゲットに「スタイルふくさ」というブランドを立ち上げた会社があります。

大阪で「ふくさ」を専門に作っている「大一創芸」の大山 誠さんに伺いました。

「“ふくさ”というものをわからない世代にも伝えていかないと、
この文化というか、日本人の素晴らしい奥ゆかしさがなくなっていくのかなあと思うんですね。
だから、折りたためる“ふくさ”やリバーシブルの“ふくさ”、
そういった色々なふくさを開発しています。」

null
null

そもそも、ふくさはお祝いやお悔やみの席で使うものなので、色が重要。
昔は紫が主流でしたが、
変わった色使いにしたり、チャームが付いていたりと、
新しい発想を取り入れて今までと違うモノを作り上げつつも、
作法を壊さずに使える“ふくさづくり”を心がけるのが難しかったといいます。

時代に合ったスタイルを取り入れた「スタイルふくさ」、
折り畳めたり、リバーシブルになっていたり、機能的で使いやすいのが特徴。

生地の裁断は自動機ですが、手の貼り合わせなどは手作業で仕上げているんだそうです。
null
null

「知らなくてもそんなに恥ずかしくはないんですが、知っているとすごく格好いい。
そんな道具にふくさがなってきたのかなあと思っています。
お手紙を渡すときには、ふくさの中に入れる。
そんな風に、“大事なものは包む”ということを日本人として残していきたいと思いますね。」

null

ふくさを用意することは、
相手の気持ちになって、自分の気持を伝える日本人らしい道具。

「スタイルふくさ」で、ふくさの新しい魅力を発見し、
これからも使っていってもらいたいと大山さんは話します。

大事なものは包んで渡す。
きめ細やかな心遣いができる「スタイルふくさ」。
ひとつ、持っておきたいですね。

null

VOL.150「石川県 瓦のリサイクル」

null

1400年も前から、日本の家を守り続けてきた「屋根瓦」。
それが今回の主役です。

null

役目を終えた瓦は、これまで埋め立て処分で廃棄するしかありませんでしたが、
廃棄瓦をリサイクルすることで、エコシステムを確立している会社が石川県にあります。

取り組んでいるのは、株式会社「エコシステム」。

使用済の瓦は、舗装材・壁材など、数々の製品に生まれ変わり、
様々な場所で新しい役目を担っています。

null
null
null

株式会社「エコシステム」、代表の高田 実さんに伺いました。

「瓦って、非常に多高湿なんですね。
素焼きみたいなもんですから、水を保水する効果があるんです。
たとえば打ち水の効果が長持ちします。
非常にクールな舗装材になるというメリットを活かして、
公園、もしくは、歩道、そういった場所の舗装材として使っています。」

null

屋根瓦によって作られた舗装材は、保水性があり、夏でも足元が涼しげだといいます。
廃棄瓦の可能性は、まだまだ広がると高田さんは語ります。

「世界を見渡すと、家を作るときの建材として、屋根には瓦、壁にはレンガが使われています。
非常にたくさんの量になります。
車道を含め、いろんな舗装材として利用できるのではないかと思っています。」

null
※瓦舗装(透水保水性がある)
null
※秋田市役所の床も元は瓦
null
※秋田市役所・床のアップ

屋根としての役目を終えた瓦が、次は、足元を守る地面として生まれ変わる。
環境を守りながら、人々の生活の役に立つ取り組み。ステキですよね。

null
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 73 | 74 | 75 || Next»