みらい図鑑

VOL.193「スライスようかん」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

スライスチーズならぬ、「スライスようかん」。
これまでにないスタイルで「ようかん」を提案しているのは、
京都に店舗を構える創業1803年の老舗和菓子店、『亀屋良長』(かめや・よしなが)。

null
null

ようかんの形状は、薄いスライスチーズのようなシート状。
丹波大納言小豆の粒あんようかんに、
沖縄の塩を効かせたバターようかんとケシの実がトッピングされています。

これを食パンに乗せて一緒にトーストすると、羊羹がグツグツと溶けていきます。
上に乗せているバターようかんがトロっととろけてきたら完成。
手軽に小倉バタートーストが楽しめるようになります。

null
null

「スライスようかん」が生まれたきっかけは、なんでもない家族の日常なんだそうです。
『亀屋良長』、8代目の女将・吉村由依子(よしむら・ゆいこ)さんに伺いました。

「うちに子供が二人いるんですが、
一人はあんこがすごく好きで、パンにあんこを塗って欲しいと。
もう一人はチーズが好きなんです。
たまたま、あるとき、パンにスライスチーズをパッと乗せたときに、
“すごいな、すごい楽やな”と思ったんです。
スライスチーズのような手軽さで、餡を塗れたらいいなと。
言うなれば、スライスようかんは私の面倒くさがりなところからスタートしているんですね。」

null

餡は冷えると固くなるので、塗りにくいのが難点。
それをシート状にすることで手軽にさっと使える一品に変身。
吉村さんの「めんどくさい」から始まったアイデアですが、
今までありそうでなかった、楽しい商品になりました。

null

パンに乗せる「スライスようかん」を通して、
和菓子の美味しさや奥深さと出逢う人が増えているという吉村さん。

「和菓子って、好きな人しか和菓子屋さんに行かないと思うんですが、
すごくお客さんの幅が広がった気がしています。」

老舗和菓子店だからこそできる、時代や生活のニーズに合わせた商品開発。
気軽な手土産としても喜ばれそうですね。

VOL.192 「一五一会」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

ギターのようでいて、ギターではない。
「一五一会」という楽器、ご存知でしょうか?

ギターのような木製のボディに、弦は4本。
ですが、複雑なコードの押さえ方を憶える必要がなく、指一本で弾き語りができるので、
「誰でも簡単に弾ける」と幅広い世代に親しまれている弦楽器です。

null

「一五一会」は、沖縄県石垣市出身のアコースティックバンド「BEGIN」が最初に持ってきた企画です。
それを、岐阜県にある老舗ギターブランド、「ヤイリギター」が開発しました。

null

なぜ、ギターではなく、“ギターのような楽器”だったんでしょうか?
「ヤイリギター」の松尾 浩(まつお・ひろし)さんに伺いました。

「ギターの6本の弦を5本の指で押さえるのは難しいので、
挫折してしまう人がけっこう多いんですね。
  そこで、アイデアを出してくれたのがBEGINの3人。
一五一会は、沖縄の三線がベースになっていて、
簡単にトライできますよ、ということを発信しました。
ギターを挫折した人たちにも、再チャレンジしてほしいと思っています。」

null
null

BEGINのメンバーのアドバイスのもと、
シンプルで弾きやすい楽器である三線に手を加え、
ギターとミックスするような形に仕上げられた「一五一会」。

4本の弦をそのまま鳴らすと最初から和音になるチューニングなので、
人差し指で動かしていくだけで、ギターのようにコードが弾けるという仕組みです。

null

「一五一会を触ることによって、
もういちどギターにチャレンジしようかな、っていうキッカケになったら嬉しいですね。
音楽というのは生活の一部ですからね。
弦の響きって、“琴線に触れる”って言うように、感情を揺さぶられるんですね。
本当に魅力のある音だと思いますよ。」

null

生活と音楽の距離がもっと近くなったら、世の中はもっと楽しくなる。
そんな想いを込めて、職人さんが、1本1本、心を込めて作る「一五一会」。
どんな響きなのか、確かめてみたくなりますね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 94 | 95 | 96 || Next»