みらい図鑑

VOL.141 「紙芝居」 東京



今日の話題は、日本独自の文化財、「紙芝居」です。

世界中で親しまれていますが、紙芝居が生まれたのは、1930年ごろの東京の下町。
“街頭紙芝居”という形で誕生したんです。
街頭紙芝居というのは、駄菓子を売るための客寄せの道具です。

自転車の荷台に駄菓子を積んだおじさんが街の中に現れて、
紙芝居をしていたんですね。
それから、時を経て、児童文学となり、今では世界中へと広がっています。



「紙芝居の一番の魅力は、コミュニケーションの力だと思います。
 マイクを使わずに、肉声で、目の前の子どもたちに語りかけていきますよね。
そして、1枚1枚、抜いていきます。
その、抜く“間”って、演者が、子どもたちとのあいだの中で抜いていくわけです。
そこで、強烈なコミュニケーションが生まれるんです」



そう話してくれたのは、「紙芝居文化の会」で代表をつとめる酒井京子(さかい・きょうこ)さん。

紙芝居の魅力は、作品を木枠に入れ、一枚一枚、絵を抜いて、差し込むという独特の形式にあります。
文章は絵の裏に書いてあるので、必ず、演じ手が必要となります。
その演じ手は、子どもたちと向かい合う形で内容を伝めていきます。
目の前の子どもたちの反応を見ながら、声の大きさを変えたり、声色そのものを変えたり、
一枚一枚の紙を抜く“間”を取ったり、
そうしていると、おのずとコミュニケーションが生まれます。



「この優れた世界を子どもたちに伝えたいっていう想いで演じるだけで、
作品への共感が生まれて、そして、その場がひとつになっていくんですよね。
その体験って、子どもにとっては本当に嬉しいことだと思うんです」。




「紙芝居文化の会」は、紙芝居を愛する人、興味のある人、演じたい人など、
さまざまな人が国境を越えて出会い、学び合い、交流する場。
文化としての 紙芝居を、世界中に根付かせていくことが活動の目的です。

紙芝居をとおして、共感の輪を広げたい、
酒井さんは、これからの夢があると言います。

「いま、世界51カ国に紙芝居は広がっているんですね。
世界中に紙芝居が広がって、人々を幸せにしてくれたらいいなと考えています。」



もともとは日本の庶民の文化としてスタートした紙芝居が、
人と人をつなげるメディアとして大事にされ、そして、世界に広がっていく・・・。
その先には、きっと、平和がある気がします。
ステキな活動ですね。



VOL.140 「郡上の森の割り箸」 岐阜



国土の約3分の2が森林に覆われている日本。
なかでも、国内2番目の森林率を誇るのが岐阜県です。

今回の主役は、森林の面積が90%という岐阜県郡上市で、
山を守りたい、という気持ちから生まれた商品、「郡上割り箸」です。

作っているのは、割り箸の製造販売を行う会社、「郡上割り箸」。
代表の小森胤樹(こもり・つぐき)さん、もともと、林業の現場で働いていましたが、
単に“林業”だけでは、日本の山を守っていくことを、多くの人に伝えることができない、
と感じたそうです。

そこで、まず、最初に立ち上げたのが、「郡上産スギ間伐材 活用プロジェクト」。
山の資源に目を向けながら、地域の環境に対する取り組みや経済活動に貢献できないかと、
2009年から4年間、活動。その後、2013年に「郡上割り箸」が設立されました。




現在、日本で使われている割り箸のほとんどは輸入されていますが、
郡上の森から作られた割り箸は、
色も香りも私たちが知っているものとは違う、と小森さんは言います。

「杉そのものを使っているので、いろんな色があります。
普段、使っている割り箸と色が違うな、というのが1点と、
あとやっぱり、杉の香りを楽しんでもらうというのもあります。」

杉は、切ると真ん中は赤っぽい色で、その回りは白っぽい色をしているため、
割り箸になると、いろんな色のものができるんだそうです。

そして、杉の香りがするのも「郡上割り箸」の特徴。
この香りには、木を腐りにくくする働きがあるので、
割り箸の製造工程において、薬を使った消毒や漂白をする必要がない、人にやさしいお箸なんです。





「日常生活の中で、木を使うことってないじゃないですか。
郡上市は9割が山なので、誰もが使う木製品はなんだろうと考えて、割り箸に行き着きました。
都会の人たちは、割り箸っていうと、
“木を使い捨てにしているじゃないか”って思うかもしれません。
でも、日本の森は、切って、使っていくことで、守られていくことを知ってほしいなと思っています。」

地域の環境を守り、雇用も生み出していく、郡上の割り箸。
天然の杉の香りを感じながら食事をする・・・
そんな楽しみ方ができるのも、森林国・日本、お箸文化の国・日本ならでは、ですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 68 | 69 | 70 || Next»