みらい図鑑

VOL.237「つよいこグラス」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

愛知県岩倉市に本社を構える、「石塚硝子」。 

創業から200年という老舗のガラスメーカーですが、
さまざまな製品を手掛ける中で、ひときわ目を引くのは、
こども向けの「つよいこグラス」というガラスのコップです。

null

こどもが安心して使えるように、細かい工夫が盛り込まれている「つよいこグラス」。

一番の特徴は、その形状です。
小さな手でも持ちやすいように、
中ほどがひょうたんのように、くびれたデザインになっています。

null

グラスの容量は、こどもの飲み切りサイズ。

さらに、安全面への配慮も万全です。
業務用の食器などに使われるものと同じ強化加工が施されていて、
通常のグラスよりも、割れにくい仕上がりになっています。

null

「やっぱりどうしてもガラスというのは、
子供から遠ざけたい、というのが、親の正直な気持ちですよね。
ですが、落とすと割れる、ということを知ることって言うんですか、
それを教えることも、物を丁寧に扱うことも、伝えていくことは食育につながります。」

そう語るのは、開発を担当した、伊藤裕之(いとう・ひろゆき)さん。

「ガラスは、やっぱり天然素材ですから、地面に埋めておけば、
どんどん自然に還っていきます。
それを小さい頃から触らせたいということで、
自分の子供の子育てに対して、すごく熱心に考えていらっしゃる方が、
“つよいこグラス”にたどりつくようです。」

null

ガラスの器でこどもの感性を磨いて欲しい、と話す伊藤さん。

「ジュースや牛乳を、樹脂から飲むよりも、グラスで飲む方が美味しいんだって、
こどものときから、唇で知っていただくといいますか。
ぜひ、お子さんに使っていただきたい、というのが、私の気持ちですかね。」

null
null

コップだけでなく、
ちょっとしたデザートなどを入れられる「つよいこボール」もある、
「つよいこグラス」シリーズ。

彩りや味わいを通じて、食事の楽しさを知り、心を豊かにする「器」。
安心安全の設計でつくられたガラスの器は、
こどもの食育に大事なアイテムとなりそうですね。

VOL.236「さがジビエ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

増えすぎた野生のシカやイノシシが山からおりてきて、
畑の農産物を荒らしてしまう鳥獣被害。

日本各地で大きな問題となっています。

ヨーロッパでは、狩猟で得た野生鳥獣を食肉とする「ジビエ」が古くから根付いていますが、
日本で注目されるようになったのは、近年になってから。

野生動物を捕獲しようにも、ハンターの高齢化が進み、
捕らえたとしても、食用として活用されているのは、わずか数パーセント。
ほとんどが、廃棄物として処理されているのが現状です。

null

野生動物は臭みがあって硬いという、昔ながらのイメージを持っている人が多いなか、
そんな固定観念を払拭するべく、
ジビエの美味しさを伝えようという取り組みが、全国で次々と生まれています。

佐賀県にある会社、「鶴商興産」で製造しているのは、
佐賀県産の猪肉だけを使った、「さがジビエソーセージ」。

独特の臭みもなく、無添加・無着色にこだわっています。

null
null

開発と販売を手がける会社、
「鶴商興産」、代表の坂本竜一(さかもと・りょういち)さんに伺いました。

「ソーセージを作ろうと思ったきっかけは、
ソーセージとかではない普通の猪肉を食べた時に、
自分が今まで思い描いていた猪の味とは、かけ離れるぐらい美味しかったんですね。
それをどうやったら食べてもらえるか、考えた時にたどり着いたのがソーセージでした。」

null

佐賀県は、鳥獣被害の深刻な場所のひとつ。
平成30年度は、約22,000頭のイノシシが駆除、処分されたといいます。

「鶴商興産」では、多くのハンターから、
イノシシ被害の現状や、駆除されたイノシシの活用状況などを聞き、
厄介者扱いされているイノシシを資源に変えることで、
佐賀の環境保全につなげようという取り組みをおこなっています。

null

私たちの“食の日常”として、ジビエの可能性に着目する坂本さん。

「普通に美味しいんですよ。
ケモノ臭さがあるとか、血の味がするといったものではなく、
きちんと処理されたものは、臭いもなく硬くないので、
牛や豚にひけをとらない味になりますね。」

低カロリーで高タンパクなジビエ。
「さがジビエソーセージ」をきっかけに、
ジビエへの理解が多くの人に広まるといいですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 116 | 117 | 118 || Next»