みらい図鑑

VOL.129 「国産い草100%の子供用寝ゴザ」 福岡県



今回の話題は、「ゴザ」です。
いまでは珍しくなってしまった、国産のい草だけを使った子ども用の「寝ゴザ」が、
福岡県の南部、大川市にある、「添島勲商店」で作られています。

日本のい草を使用して、
日本の職人の手により、
日本国内で生産。

それが、「添島勲商店」の理念です。



“日本のい草”といえば、熊本県八代市。
日本一の産地で、国産い草の97%を生産しています。

そんな八代産のい草を使用して、
添島勲商店では、福岡県の特産工芸品である、い草織りの最高級品「掛川織」をはじめ、
国産いぐさの製品を生産しています。

子ども用の「寝ゴザ」は、い草の気持ち良さを知らない現代の子どもに、
本物の心地良さを知ってもらいたい、との思いから製作が始まったといいます。

通常の掛川織に使われるいぐさの長さは130cm以上。
それ以下のものは以前は廃棄されていましたが、
そのいぐさを有効利用し、子ども用の「寝ゴザ」ができているんです。



「添島勲商店」、石橋直樹(いしばし・なおき)さんに伺いました。

「い草の最大の特徴といえば、夏の暑い、50度や60度になったビーチとか
アスファルトの上に、1枚置いただけで寝っ転がれるんですね。
水分も吸ってくれたり、空気も浄化してくれたり、
やっぱり、天然のエアコンと言えるのではないでしょうか。」

最近では、畳の部屋も少なくなっていますが、
ぜひ、若い方に国産のい草を体験してほしい、
そうすれば、その魅力に気づいてもらえると、石橋さんは話します。




「日本で大事に作られたい草で、日本で織り上げて、日本で加工したもの。
誰々さんが織り上げています、と、明確に答えられる製品を作っていますので、
そういうところで寝ていただきたいなと思っています。
あと、い草が持っている消臭能力がすごくあるので、汗をかいても臭くなりません。」

まだまだ続く寝苦しい夜に、国産のい草を使った「寝ゴザ」、一枚いかがですか?


VOL.128 「お香」 京都



今回は、「お香」です。

仏様の前で香りを整える。
仏教の伝来とともに日本にやってきた「お香」。
その歴史は1400年を数えます。

「信仰の香り」は、いつしか「暮らしの楽しみ」となり、
香りそのものを楽しむもの、衣装棚に入れるようなもの、現代的な空間で楽しむもの、、など、
時代が変わっても、日本人の生活の中にはお香があります。



京都に本店を構えるお香の老舗、
「松栄堂」の代表、畑正高(はた・まさたか)さんにお話を伺いました。

「日本の香りっていうのは、学べば学ぶほど不思議なことがいっぱい出てくるんですが、
日本の香りを作るための素材というのは、じつは、国内には無くて、
海外に求め続けてきたというご縁があるんですね。
アジア諸国と交わりがあって、はじめて成立する日本の香りなんです。」

日本の文化がどういうものだったのかは、お香を通して知ることができる、
と畑さんは言います。

「100年も昔の人たちから伝えられて、私たちが、いま、享受しているもの。
それは、おのずと100年後に伝えなければいけない生活文化だと私は考えています。」




お香は、自然の贈り物。
しかし、お香の原料である香木は、環境の変化によって世界的に減っているといいます。

「天然素材のかけがえない説得力を活かし続けることが大事。
先人から受け継いだ技術を現代風に整え、未来に語るのが大事な責任。
それを保証するには自然環境の維持が大事です。
本質を見続けて、広い視野を持って日本の香りを届け続けたいと思っています。」

次の世代へと、お香を受け継いでいくこと。
それは、自然環境を大切にしていくことでもあるんですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 63 | 64 | 65 || Next»