みらい図鑑

VOL.133 「琉球ガラス」 沖縄県 



沖縄県を代表する伝統工芸品。
そのひとつが、「琉球ガラス」です。

長い歴史を持っていますが、本格的に作られるようになったのは戦後です。
駐留米軍が飲んでいた、コーラやビール。
そういった、カラフルな色のビンをリサイクルして作られたんです。

暮らしの中にとけこむアートは、
日々、発展を遂げ、現在では、さまざまな材料が使われています。



いまでも変わらずに大切にされているのは、
ひとつひとつ、職人さんがハンドメイドで作っているということです。

沖縄県名護市にある「森のガラス館」。
こちらの工房長で、
琉球ガラス職人の大城尚也(おおしろ・なおや)さんに伺いました。



「機械では出せない、デザインや技法があります。
手にとって、これは手作りなのか、
ということは、ぼくたちは、すぐに判断できるんですね。
同じものがふたつとしてないですからね。
形が一緒に見えても微妙に違うし、
そして、なにより一つ一つに職人の想いがこもっています。
自分だって、まだ、修行の身だと思っています。
一生、修行なんですよね。
でも、終わりがないのが、やりがいです」



琉球ガラスを作り続けて30年。
30年作っていても、
「一生が修行の身です」と話してくれた大城さん。



琉球ガラスの魅力は、見て、触る、だけではなく、
実際に、自分で作ると、
より深く、わかっていただけるはずだとおっしゃっていました。



森のガラス館では、世界にひとつだけの、
「琉球ガラス・クラフト体験」もおこなっています。
大城さんをはじめ、
熟練の職人さんが丁寧に教えてくれます。

一度は試してみたくなりますね。

VOL.132 「無料スーパー」 東京都 



今回は、「無料スーパー」の話題です。

無料のスーパー???
なんだか、とても気になりますよね。
日本では初めてとなる、
「無料スーパー」が、去年、オープンしました。

場所は、東京の多摩市です。

どういうことかというと、家庭や企業から寄付された食品を、
月に1回、棚に並べて、
必要な方へと無償で提供する試みです。



ズラッと、いろんな食品が並んでいますよね。
カップ麺や缶詰。
さらにはお米や野菜などもあります。

このイベントを主宰するのは、
NPO法人「シェア・マインド」。
代表理事の、
松本靖子(まつもと・やすこ)さんにお話を伺いました。



「いま、日本では多くの食品が捨てられています。
フードロスという言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。
これはものすごい量になるんですね。
“日本国民全員が、お茶碗一杯の食べ物を、毎日、捨てている“
そんな計算になります。
もしも、それが、みんなに行き渡れば、
いま、お腹をすかせている方は、食べられることになりますよね。
ところが、現実は、行き届いていません。
お互いをつなげる「フードバンク」の存在も知られていません。
どうしたらいいかと考えて、
「無料スーパー」という取り組みを始めました。
いまは、「無料スーパー」は、週1回のペースで開催しています。
家庭で余らせている食べ物が、
もっと集まれば、毎日、できるかもしれません。
そんな目標も持っています。
開催している中で、すごく心がけていることがあります。
どんな方にも気軽に利用して欲しいということです。
たとえば、「お困りの方、どうぞ」と言われても、
本当に困っていても、なかなか、使いづらいと思うんですね。
困っている方も、そうでない方も、
どんな方でも気軽に来られる場所にしたいんです」



「毎日の食べ物に困っている方」。
そして、「まだ食べられるのに、捨てられてしまう食品」。
ふたつをつなげる「無料スーパー」。
ステキな取り組みですよね。
これが、全国へと広がっていく日も近いかもしれません。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 || Next»