みらい図鑑

VOL.293「Re-食器」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

割れてしまったり、いらなくなった食器、皆さんは、どうしてますか?

燃えないゴミに出した場合、
その多くは埋められ、千年たっても土には還りません。

なかでも、陶磁器や焼き物は、
「陶土」という限りある天然の資源を原料としています。

null

この貴重な天然資源を未来に残したい、と、
約20年前に始まったのが、食器のリサイクル、「Re-食器」。

不要な食器を回収し、再利用することで、
陶土を無駄に使わない、環境に優しいリサイクル食器を作る。

活動の中心となっているのは、
日本で作られる陶器のうち、6割を占める「美濃焼」の産地、
岐阜県・東美濃の生産者さんたちです。

null
null

回収した使用済みの食器は、1ミリ以下になるまで粉砕。

そうやってできた“食器くず”を
従来の粘土に練りこんで「リサイクル土」を作り、
この土を使って、成型し焼くことで、「Re-食器」が生まれます。

null

「Re-食器」を生産する会社のひとつ、
「市原製陶」の代表、金津 誉(かなづ・ほまれ)さんのお話です。

「届いた器は、粉の状態まで粉砕して、もともとの陶器になる土に、
ものによっては5割混ぜ込んで、また成型をしています。
少しでもゴミを減らして再利用できないかな、という想いでやっています。」

null

埋め立てても循環していかない焼き物をどうやって循環させるか。
それが、「Re-食器」の原点。

焼き物を再利用して、また新たな焼き物を作ることは、
環境を守り、資源の有効活用にもつながります。

null
「国内はもちろんですけど、
世界的にも、陶器のリサイクルをしている産地はあまりないので、
先駆けとして、
それこそ世界の器を再生する先端を走っていけたらと思っています。」

null

美濃焼の産地で生まれた、食器のリサイクル。

壊れてしまった食器に、もう一度、命を吹き込む取り組み、、、
生産者さんたちの挑戦はこれからも続きます。

VOL.292「中ノ沢こけし」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

福島県・猪苗代町にある「中ノ沢温泉」。

福島県で、400年のあいだ親しまれてきた湯治温泉です。

null

単一の湧出口から湧き出る温泉量は、日本一。
そんな温泉の街で古くから愛されてきた民芸品が、「中ノ沢こけし」です。

null

なかでも、大きく見開いた目が特徴の「たこ坊主」は、
中ノ沢こけしを代表する種類として、地元の人に親しまれています。

2022年は、「たこ坊主」が誕生して100年の記念すべき年。

それにちなんで、中ノ沢こけしをもっと多くの人に知ってもらい、
貴重な伝統文化を未来に伝えていこうと、
地元の有志が集まって「中ノ沢こけしプロジェクト」が発足されました。

null

来年は、「たこ坊主誕生100周年 第一回こけし祭り」が開催されますが、
今年はその“前年祭”として、イベントを実施。

こけしと共に、温泉街を盛り上げます。

null

「中ノ沢こけしプロジェクト」の実行委員長、
氏家利康(うじいえ・としやす)さんのお話です。

「私の中で一番こだわっているのは、温泉とこけし。
こけしが盛り上がれば温泉も盛り上がり、
温泉が盛り上がればこけしも盛り上がるという、相乗効果というんでしょうか。」

null

まずは温泉に入りに来てもらって、
中ノ沢こけしの魅力に触れてもらいたいと話す氏家さん。

「最近では、展示だけして、お客さまが買えない、という状況が続いています。
どこの旅館へ行っても、
中ノ沢こけしが買えるような体制にしたいなという想いです。

温泉もこけしも、どちらも自然の宝物だと思いますから、
コロナが落ち着いたら遊びに来てください。」

null

絵付け体験など、地元の子どもたちが、
こけしに興味を持つような取り組みにも力を入れている「中ノ沢こけしプロジェクト」。

赤い化粧をほどこし、パッと見開いた目がインパクト大の「たこ坊主」。
一度、目が合ったら、きっと連れて帰りたくなりますよ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 144 | 145 | 146 || Next»