みらい図鑑

VOL.324「森をつくる太鼓」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
東京・浅草にある、文久元年創業の「宮本卯之助商店」。
作っているのは、太鼓や神輿です。

モノづくりで、日本の“お祭り”を160年以上、支えてきたこの老舗が、
今年、東京・檜原村の杉の間伐材で作った、「太鼓」を発表しました。

null

森がないと思われがちな東京。
実は、面積の4割が森林です。

ですが、森からの恩恵が充分に活かされていないのが現状です。

null

森が、いつまでも豊かであるように、
そして、人と人をつなげるお祭りが、いつまでもなくならないように。

そんな想いを込めてスタートしたのが、
間伐材を太鼓にすることで、樹齢100年を迎えた檜原村の杉を豊かにし、
森を作っていく、「森をつくる太鼓」プロジェクト。

その第一弾が、檜原村にある林業会社、
「東京チェンソーズ」と共同製作した、桶太鼓です。

null
null

“お祭り”に長年、関わってきた「宮本卯之助商店」。
8代目の宮本芳彦さんは、こんな風に語ります。

「お祭りっていうのは、ずっとあると思っていたらいけないんです。

なんのためにやっているのかを忘れてしまうと、
だんだん、みんな、続けられなくなると思うんです。
思い出していけることを、わたしたちがやっていかなければならなくて。」

null
null

間伐材を有効活用するため、立派な太い木とは限らなくても、
浮造り仕上げが施され、美しい木目も楽しめる、「森をつくる太鼓」。

これまで太鼓に縁のなかった人が手に取り、
それがきっかけで、地域のお祭りに参加するようなことがあったら嬉しい、
と、宮本さんは話します。

「“森をつくる太鼓”は、自然と共生することとか、
人と人をつなぐこととか、地域をつなげる役割とか。
そういう、お祭りが持っている意味を思い出せるものになれると思うんですね。

そんな考え方を発信していきながら、
忘れないようにしていきたいなと思っています。」

null
null

「森をつくる太鼓」。
ポンと叩けば、それは、未来につながる「音」として、
多くの人や森に共鳴していきます。

null

VOL.323「鳴門わかめの塩」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
日本で1000年以上の歴史を誇る食材、
徳島県鳴門市の「鳴門わかめ」。

世界最大級の渦潮で知られる鳴門海峡で育ったわかめの歯応えと上質な風味は、
長い間、特産品として、鳴門の経済を支えてきました。

null
null

そんな「鳴門わかめ」ですが、
海洋環境の変化で、流通できない規格外のわかめが増えているのが現状です。

null

美味しく食べられるのに商品にならない“わかめの現状”を変え、フードロスをなくしたい。

そんな想いから、鳴門わかめ一筋の地元老舗メーカー、「うずしお食品」が手掛けたのが、
「鳴門わかめのからだにやさしい塩」。

クラウドファンディングで、多くの支援を得て、
昨年から、オンラインショップでの販売が実現しました。

null

原料は、鳴門産の塩蔵わかめを製造する過程で出た、規格外のわかめだけ。
それをパウダー状に加工しています。

塩分は一般的な食塩の約半分。
わかめに含まれているミネラルは失わず、食物繊維も豊富です。

null


「鳴門わかめのからだにやさしい塩」を共同開発し、
四国の食材を扱う通信販売サイトの会社、「シーコックトモエ」の代表、
渡部智之(わたなべ・ともゆき)さんに伺いました。

「ほんとにわかめそのもの、100%なんですよね。
ほんのりわかめ風味で、塩のかわりに手軽に使ってもらえる感じです。

歴史のある鳴門わかめを、ひとつ違った形で、
みなさんに知っていただきたいと思っています。」

null

近年、海外からも注目されている、栄養価の高いわかめ。

これまで、わかめを好まなかったり、塩分が気になる人に、
特にお勧めしたい商品、と渡部さんは話します。

「わたしの家にも小さな子供がいるんですが、
たとえば、おにぎりに混ぜてみても美味しいと食べてくれます。

海外でも、少しずつ、ベジタリアンやビーガンの方々が増えてきている中で、
海藻の良さを知ってもらうきっかけにも、
なってもらえたらいいかなと思っています。」

null

「鳴門わかめのからだにやさしい塩」は、
廃棄されてしまうわかめの現状を変えるだけでなく、
世界中の人に鳴門の魅力を伝えるツールとしても、活躍してくれそうですね。
Prev [P.1/162] Next