みらい図鑑

VOL.168「反射材のTシャツ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

ヘッドライトの光を、光の来た方向へ反射することで、 ピカピカと光る「反射材」。
視界が悪くなる夜間、身を守ってくれる交通安全のグッズとしておなじみです。

ただ、普段の暮らしで反射材を身につけることはあまりありません。
もっと一般的に反射材を使ってもらえるように、と立ち上がったブランドがあります。
それが「LIGHT FORCE STORE」。

福井県で、アパレル用の反射素材を用いた商品の企画・製造・販売をおこなう会社、
「丸仁」の雨森研悟さんがスタートさせた、反射材付きTシャツの専門ブランドです。

null
null

「LIGHT FORCE STORE」は、
デザインがオシャレなら、みんな、普段から、反射材の洋服を着るのではないか。
そんな発想から生まれたブランドだといいます。

「反射材を普通につけても、たしかにあまり面白くないかな、と思いまして、
私たちの技術に、半透明の反射材、というものがあるんですが、
一つの例として、Tシャツの中にモザイクの吹き出し模様があって、
それが、普段はなにも書いてないように見えるのですが、
実は、半透明の反射材が、“I LIVE YOU”などと文字で書いてあって、
それをカメラでフラッシュ撮影すると、
その文字が浮き出て見えるというような面白いTシャツもあります。」

null
null

もともとは、工事現場の作業員が身につける服や、
スポーツウェア、アウトドアのウェアの反射材を作ってきた雨森さん、
カジュアルな洋服にも反射材を使うことで、交通安全にも役立てると思ったそうです。

「ヘッドライトを車が付け出す夕方ごろから、人が非常に見えづらくなってしまうので、
そのなかで、反射材を一つでも身につけていると、
何もつけないよりは、安全性は高まると思います。」

通勤や通学、夜のランニングやウォーキングなどの際に、
ぜひ身につけてもらいたいと話す雨森さん、最後にこんな思いも伺いました。

「普段、着ていて、とくに意識をするわけでなく、
安全を身につけられるのがいい点だと思います。
人の役に立てる商品ができてよかったなと思います。
これを土台に、これからももっと面白く、
そして、もっと安全を確立できる商品を作りたいと思います。」

VOL.167「旅するおむすび屋」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

全国を旅しながら、おむすびを結ぶ女性二人組がいます。
名前は、「旅するおむすび屋」。

地域の食材を使ったおむすびのワークショップや、期間限定での出店、
生産者さんを訪ね、食材のこだわりを探る「おむすびツーリズム」の開催など、
“おむすび”をキーワードに全国を巡っています。

null
null

「地元の美味しいものを知って欲しい。」。
農村や漁村の人がそんな想いを抱きつつも、
生産者と消費者が出会う機会はなかなかありません。

そこで、二人は呼びかけました。

「その地域の食材を使って、その地域のみんなで、おむすびをむすぼう!」
「そして、みんなで一緒に食べよう!」

店舗を持たない二人ですが、日本中から「来て欲しい」と声がかかります。

おむすびの魅力は、誰もが食べられて、みんなで楽しめるのが良いところ。
地域の個性が出るのもおもしろいといいます。

null

「旅するおむすび屋」、共同代表の菅本香菜(すがもと・かな)さんにお話を伺いました。

「人と人とを結ぶ、地域と地域を結ぶ、というところで、
“おむすび”という言葉をつかっています。
その地域の食材を、ただ、むすんで食べるだけでなく、
その地域の生産者の方にも、実際に、おむすび会に来ていただいて、
どんな想いで作っているかを聞くことが多いんですね。」

null

その地域の食材を食べるだけではなく、
生産者さんに来てもらって話してもらうことで、
地域の食材を知らない人にも、おむすびを通して“地元の食”を発信している「旅するおむすび屋」。

「自分の住んでいる地域にどんな食材があって、
どんな人たちが作っているのかって、実は知らないんですよね。
世代も関係なく、いろんな人たちが集まって、
おむすびを通して仲良くなれた瞬間を見ることができた時に、
この活動をしてきてよかったなと思います。」

null
null

人と人、地域と地域、、、
まさに、おむすびが、いろんなものをむすんでいくんですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 82 | 83 | 84 || Next»