みらい図鑑

Vol.10 「千年サンゴ」 徳島県牟岐町

Podcastを再生するradikoで再生する


徳島県の南部にある、のどかな漁業の町、牟岐町。
この町の沖に暮らす生き物に、いま、世界中が注目しています。それが今回のタカラモノ。
世界最大級の規模を誇り、千年以上の間、生き続けているサンゴ、「千年サンゴ」です。



牟岐町にある牟岐大島内湾の水深23mの海底に根を張り、高さ約9m、外周約30mにもなる巨大なこのサンゴは、珍しいツリー状をしているところから、別名「水中クリスマスツリー」とも言われています。

この貴重なサンゴを保護するために活動しているのが、
「千年サンゴと活きるまちづくり協議会」。
会長をつとめる浅香新八郎さんはこう語ります。

「千年サンゴは地域の宝というだけでなく、地球環境保全の象徴であると思っているんです。
山・海・川とつながっていて、その結果というのが海に現われているんです。
その“生きもの”の象徴として千年サンゴというものがあると思うんです。」



千年以上ものあいだ、このサンゴが生き続けてこられたのは、
島が開発されず環境破壊がなかったことなど、いくつもの好条件が重なっておきた奇跡だといいます。

そんな奇跡の遺産を保護したいという想いは、共感を呼び、地域を越えて、
大きな輪になりました。

「最初はサンゴを食べるオニヒトデを駆除すれば、それでいいかなと思っていたんです。
だんだん仲間が増えてきて面白くなってきましたね。
次世代を担う子どもたちに、いまの山とか海とか川を連れて行って見てもらって、
その子どもたちにも語り継いでもらいたい。
そのための機会とか、場所づくりをおこなっています。」




海、、、だけでなく地球の歴史を千年もの間、じっと見つめ続けてきた大切なサンゴ。
100年後にもその年輪を刻み続けていてほしいですね。

Vol.9 「手描きのこいのぼり」 大阪府

Podcastを再生するradikoで再生する


大型連休、全国各地で見ることのできる“こいのぼり“。
この時期は上を向いて歩きたくなりますね。
じつは、“こいのぼり”の風習は、江戸時代から続いています。



こいのぼりといえば、、、布に、絵がプリントされたもの。
そんな常識を覆して、なんと、手描きで鯉を描いている方もいるんです。
大阪府にある五月鯉幟の「高儀」。
代々と技術を受け継ぐ6代目が高田武史さんです。



「うちの代表作は、真鯉の背中に金太郎さんが乗っている鯉のぼりなんです。
決定的に違うのは、金太郎さんのお顔の表情とかですね、
これは、手で描かないと、表現できないんじゃないかなと思うんですね」



太いハケ、そして、細い筆を使いわけながら、
“二度描きなし”の“一発勝負”。
信じられないような繊細の技術でこいのぼりと金太郎を描いていきます。



「ぼくたちは、こいのぼりを作ることで、
親の願いを一緒に形にすることが仕事だと思っていますんでね。
お子さんの成長に合わせて、
一緒になって空にあげてもらえたら嬉しいですね」



手描きのこいのぼりは、まさに、一生もの。
最近ではマンションでも飾れるように、
1.5メートルほどの小さめのサイズのこいのぼりが人気だそうです。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 || Next»