みらい図鑑

VOL.335「菊花せんこう」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
1977年の創業以来、40年以上に渡って、
無添加食品の製造・販売をおこなっている、「りんねしゃ」。

愛知県津島市に本社を置くこの会社が手掛けているのが、
100%天然成分の蚊取り線香、「菊花(きっか)せんこう」です。

null
「菊花せんこう」の主な成分は、除虫菊。

かつては世界の生産量の大半を日本が占めていましたが、
今では、激減している花です。

null
「りんねしゃ」が、除虫菊を初めて収穫したのは、1997年。

その頃、すでに日本には、栽培する農家がほとんどいなかったため、
日本人から除虫菊の栽培法を伝授された中国の農家と契約し、
除虫菊の栽培をスタート。

2001年に「菊花せんこう」の販売がはじまりました。

null
null
その後、北海道に自社農場を構えた「りんねしゃ」。

環境と人に優しい無農薬栽培にこだわって、
除虫菊だけでなく、ハッカの栽培もおこなっています。

null
「りんねしゃ」の大島幸枝(おおしま・さちえ)さんに、
「菊花せんこう」のエピソードを語って頂きました。

「ずっと昔から使っていただいているお客さまに、
あるとき、電話をいただいたことがあるんですね。

自分の大好きなおばあちゃんが、夏になって、この菊花せんこうの香りを嗅ぐと、
自分たちや孫が小さかった頃の話をしてくれて、
“ああ、夏が来たね”って言ってくれるという。

おばあちゃんの記憶の中に菊花せんこうの香りが残っていて、
思い出してくれるのが嬉しい。
だから施設に持っていって、線香を焚いているんです、
という話をしてくれて、それを伺ったときは、すごく嬉しかったですね。」

null
化学成分・着色剤不使用で、自然な色味が特徴の「菊花せんこう」。

虫を殺すのではなく、嫌がる煙を焚くことで、虫を“遠ざける”という発想は、
暮らしと向き合う人にやさしいモノづくりを目指す「りんねしゃ」の、
創業以来、変わることのない想いです。

VOL.334「丸亀うちわ」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
日本の夏の風物詩、「うちわ」。

その9割は、香川県丸亀市で作られていて、
生産量は、年間、約1億本以上。

この地域で作られるうちわは、「丸亀うちわ」と呼ばれ、
400年以上の歴史を誇ります。

null
もともと、1本の竹で、柄と骨の部分が作られる「丸亀うちわ」ですが、
長い歴史のなかで、全国からのいろんな注文を受けるにつれて、
ほかの産地の要素が融合していきました。

多様な特長を持つ「丸亀うちわ」は、
生産量だけでなく形の豊富さも日本一。

平成9年には、国の伝統的工芸品に指定されました。

null
null
丸亀うちわづくりには、大きく分けて「骨」と「貼り」の工程があり、
全47ものプロセスを経て、1本のうちわが完成します。

紙を破れにくくするため、素材の厚さによって糊の濃度を調節するなど、
細かい作業はすべて職人さんの手仕事。

至るところに、熟練の技が光ります。

null
null
「香川県うちわ協同組合連合会」、会長の山田時達(やまだ・ときさと)さんは、
うちわには、単に、外で涼をとる道具としてだけでなく、
“日本の夏の象徴”という意味合いがある、と話します。

「うちわっていうのは、日本人の文化というか、
もう、日本の文化のセットみたいなものだと思うんですね。

いまはコロナもあって減っていますが、
お祭りとか花火大会とかに行こうかなと思ったら、
大半の方は、うちわを1本持って行きたいな、と感じるのではないかなと思うんです。」

null
機械で作る「ポリうちわ」も、職人の手で作る「竹うちわ」も、
どちらにも良さがある、と話す山田さん。

「わたしどもの仕事の中心は、
プラスチックの機械生産の“ポリうちわ”を出荷することなんですね。

その一方で、400年続いてきた職人による手作りのうちわは、
このままだと、あと5年、10年、先に残せるのかという状況にもなってきているんです。
少しずつでもPRしていきたいと思っています。」

null
null
古き良き伝統を守りながら、
時代とともに進化し続ける「丸亀うちわ」。

400年後のお祭りでも、みんながうちわを持っているように、
この文化を後世に伝えていきたい。

そんな思いで山田さんたちは、これからも「丸亀うちわ」を守り続けていきます。
Prev [P.1/167] Next

みらい図鑑

VOL.335「菊花せんこう」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
1977年の創業以来、40年以上に渡って、
無添加食品の製造・販売をおこなっている、「りんねしゃ」。

愛知県津島市に本社を置くこの会社が手掛けているのが、
100%天然成分の蚊取り線香、「菊花(きっか)せんこう」です。

null
「菊花せんこう」の主な成分は、除虫菊。

かつては世界の生産量の大半を日本が占めていましたが、
今では、激減している花です。

null
「りんねしゃ」が、除虫菊を初めて収穫したのは、1997年。

その頃、すでに日本には、栽培する農家がほとんどいなかったため、
日本人から除虫菊の栽培法を伝授された中国の農家と契約し、
除虫菊の栽培をスタート。

2001年に「菊花せんこう」の販売がはじまりました。

null
null
その後、北海道に自社農場を構えた「りんねしゃ」。

環境と人に優しい無農薬栽培にこだわって、
除虫菊だけでなく、ハッカの栽培もおこなっています。

null
「りんねしゃ」の大島幸枝(おおしま・さちえ)さんに、
「菊花せんこう」のエピソードを語って頂きました。

「ずっと昔から使っていただいているお客さまに、
あるとき、電話をいただいたことがあるんですね。

自分の大好きなおばあちゃんが、夏になって、この菊花せんこうの香りを嗅ぐと、
自分たちや孫が小さかった頃の話をしてくれて、
“ああ、夏が来たね”って言ってくれるという。

おばあちゃんの記憶の中に菊花せんこうの香りが残っていて、
思い出してくれるのが嬉しい。
だから施設に持っていって、線香を焚いているんです、
という話をしてくれて、それを伺ったときは、すごく嬉しかったですね。」

null
化学成分・着色剤不使用で、自然な色味が特徴の「菊花せんこう」。

虫を殺すのではなく、嫌がる煙を焚くことで、虫を“遠ざける”という発想は、
暮らしと向き合う人にやさしいモノづくりを目指す「りんねしゃ」の、
創業以来、変わることのない想いです。

VOL.334「丸亀うちわ」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
日本の夏の風物詩、「うちわ」。

その9割は、香川県丸亀市で作られていて、
生産量は、年間、約1億本以上。

この地域で作られるうちわは、「丸亀うちわ」と呼ばれ、
400年以上の歴史を誇ります。

null
もともと、1本の竹で、柄と骨の部分が作られる「丸亀うちわ」ですが、
長い歴史のなかで、全国からのいろんな注文を受けるにつれて、
ほかの産地の要素が融合していきました。

多様な特長を持つ「丸亀うちわ」は、
生産量だけでなく形の豊富さも日本一。

平成9年には、国の伝統的工芸品に指定されました。

null
null
丸亀うちわづくりには、大きく分けて「骨」と「貼り」の工程があり、
全47ものプロセスを経て、1本のうちわが完成します。

紙を破れにくくするため、素材の厚さによって糊の濃度を調節するなど、
細かい作業はすべて職人さんの手仕事。

至るところに、熟練の技が光ります。

null
null
「香川県うちわ協同組合連合会」、会長の山田時達(やまだ・ときさと)さんは、
うちわには、単に、外で涼をとる道具としてだけでなく、
“日本の夏の象徴”という意味合いがある、と話します。

「うちわっていうのは、日本人の文化というか、
もう、日本の文化のセットみたいなものだと思うんですね。

いまはコロナもあって減っていますが、
お祭りとか花火大会とかに行こうかなと思ったら、
大半の方は、うちわを1本持って行きたいな、と感じるのではないかなと思うんです。」

null
機械で作る「ポリうちわ」も、職人の手で作る「竹うちわ」も、
どちらにも良さがある、と話す山田さん。

「わたしどもの仕事の中心は、
プラスチックの機械生産の“ポリうちわ”を出荷することなんですね。

その一方で、400年続いてきた職人による手作りのうちわは、
このままだと、あと5年、10年、先に残せるのかという状況にもなってきているんです。
少しずつでもPRしていきたいと思っています。」

null
null
古き良き伝統を守りながら、
時代とともに進化し続ける「丸亀うちわ」。

400年後のお祭りでも、みんながうちわを持っているように、
この文化を後世に伝えていきたい。

そんな思いで山田さんたちは、これからも「丸亀うちわ」を守り続けていきます。
Prev [P.1/167] Next