みらい図鑑

VOL.177「鬼ごっこ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

子どもの外遊びの定番、「鬼ごっこ」。
シンプルな遊びでありながら、日本では1000年以上の間、親しまれてきた、立派な文化です。

子供が遊ぶだけではもったいない。
大人を含めた、幅広い世代で楽しめる文化交流としての価値を広めたい。
鬼ごっこで、地域を元気にしたい。

そんな思いから、鬼ごっこをスポーツの観点からも捉えた“スポーツ鬼ごっこ”を
開発、推進する団体があります。

2010年に発足した「鬼ごっこ協会」。
“競技と遊びの両方を共存させたスポーツ”をコンセプトに掲げています。

null

スポーツ鬼ごっこは、チームで戦うスポーツ競技。

限られたコートの中で、自分のチームのトレジャー(宝)を守りながら、
時間内に相手のトレジャーを多く獲得したチームが勝ちとなります。

全身運動ですが、運動神経の良さや年齢、性別など、関係なく、
誰でも参加できて、同じ楽しさを共有できるのが魅力です。

null

一般社団法人「鬼ごっこ協会」、
専務理事の羽崎貴雄(はざき・たかお)さんにお話を伺いました。

「とにかく、やると、みんなが笑顔になるっていうのが、どこへ行っても思うことなんですね。
私たちのビジョンとして、“鬼ごっこのある街づくり”ということを掲げています。
鬼ごっこが公園などで自然とおこなわれている社会っていうのは、
ある意味で、安全だと思うんですね。」

null

気軽に、みんなで、できるのが特徴の「スポーツ鬼ごっこ」。
日本だけでなく、世界にも普及していて、各地で大会やイベントが行われています。

「鬼ごっこ、じつは種類もたくさんあって、高齢者や障害を抱えた方でも出来るし、
いろんな多様性を持った人たちがしっかり楽しんでいける社会、
さらに、平和の象徴にもつながっていくと思います。
そんな意味で、“鬼ごっこのある街づくり”をビジョンに掲げています。」

鬼ごっこのある町は、笑顔が溢れる町。
これからもっともっと増えていきそうですね。

null