みらい図鑑

VOL.182「子どもの安全を守るために生まれたレインコート」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

歩行中の交通事故。すべての年齢の中で、突出して多いのは7歳児。
視界の悪い、雨の日の夕暮れに多発するというデータが出ています。

「悲しい事故を減らして、子供たちの未来を守りたい!」という思いから、
全国のママ、500人以上の声を集め、
機能性だけでなく、かわいくて、遠くからでもよく目立つ蛍光色のレインコートが誕生しました。

名前は、「とぅいんくる☆コート」。

開発したのは、大正10年創業の名古屋にある老舗の合羽メーカー、
「船橋株式会社(ふなはしかぶしきがいしゃ)」。

日本初の児童向け“高視認性安全服規格”を取得したレインコートです。

null

そもそも「とぅいんくる☆コート」は、
”子どもの命を守りたい”という気持ちを持った、名古屋の女子大生をリーダーとする、
「世界一安全でカワイイ レインコート」プロジェクトから生まれました。

レインコートだけでなく、ランドセルカバー、収納ポーチもあり、
収納ポーチは、ランドセルを背負ったまま子どもが一人で着られるという優れもの。

完全防水機能で、360度どこからでも反射材を確認することができるので、
夜間のドライバーからでも、よく見ることができます。

null

「船橋株式会社」、開発室の大谷真奈美(おおたに・まなみ)さんにお話を伺いました。

「ただ安全なだけだと子どもたちに着たいとも思ってもらえないし、
親御さんにも着せたいとも思えないので、
まずは、かわいい、というところで、
着たい!着せたい!と思ってもらうことを重視しました。

全体は蛍光イエローをベースとしています。ポイントとして水色を用いて、
男のことでも女の子でも着やすいような色になっています。
反射材を使っていて、暗がりでライトを当てると、全面に星が浮かびあがるんですね。
それを子どもたちがたくさんの人数で着ていると、
天の川みたいに星が浮かび上がるのがかわいいと思っています。」

null

高視認レインコートを着ることを日本の子どものスタンダードにしたい、、
そんな子どもたちの安全を願って開発された「とぅいんくる☆コート」。
一人でも多くの命を守る手助けをしてくれそうですね。

null