みらい図鑑

VOL.244「りんご葉の茶」

Podcastを再生するradikoで再生する
null


昔から、実の部分は食べずに、葉っぱをお茶にして飲まれてきた、
そんなリンゴの品種があります。

中国が原産の「湖北海棠(こほくかいどう)」。

かつては日本にも自生していましたが、
すでに途絶えてしまっていた品種です。

null

このリンゴを復活させて、リンゴの葉っぱでつくるお茶を開発したのが、
青森県弘前市にある、「医果同源りんご機能研究所」。

農業博士である所長は、20年以上前からリンゴの機能性を研究し、
リンゴのポリフェノールを活かしたジュースを開発。
「医食同源」になぞらえて、「医果同源」という商品名をつけました。

null

その後、研究所で実際にリンゴを栽培しながら、
リンゴの持つ健康に良い作用の研究や、商品開発に取り組み、
10年の歳月をかけてつくった「湖北海棠」のリンゴ畑から生まれたのが、「りんご葉の茶」。

手摘みをした葉を風通しの良い場所で数日間、乾燥させ、
有機JAS認証の茶工場に運び、焙煎しています。

null
null



同社・城田文香(しろた・あやか)さんのお話です。

「栽培過程において、農薬や肥料はいっさい使わずに自然のままに育てています。
やっぱり美味しくなくちゃいけないってことですかね。
味はゆずれないというか、こだわりました。

いくら、カラダにいいとか、自然にやさしいと言っても、
美味しくないな、ということではうまくいきません。
ほっこりしていただくというか、
美味しい味で、喜んでいただきたいと考えていました。

ひとつの製品を作ったに過ぎないんですが、
自然も、人も、みんながハッピーであればいいなとすごく思います。」

null

淹れたお茶は、わずかにピンク掛かったリンゴ色。

香ばしさの中に漂う、軽やかな甘みの「りんご葉の茶」、
これからの季節のおもてなしにも喜ばれそうですね。

null