みらい図鑑

VOL.306「いのちをまもる防災カタログギフト」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

1月15日からの一週間は、「防災とボランティア週間」。

ある調査データによると、
約90%の人が、将来、起こりうる災害を意識していながらも、
その対策をしている、と回答した人は、約40%。

大事なことだとはわかってはいても、
なかなか自分ごととしての行動が伴わないのが防災です。

null

そんな現状を“新しい形”で変えていきたい。
大切な人への贈り物として、防災グッズを選べる文化を作れないだろうか。

そんな発想から生まれたのが、
いのちをまもる防災カタログギフト、「LIFEGIFT」です。

null

防災専門家の監修のもと厳選されたのは、
「浄化ボトル」や「太陽光充電ライト」、「コンパクトテント」など、
デザイン性に富んだ防災グッズや、
パッケージがオシャレでお腹も満たせる備蓄食料品など。

災害時に利用できる様々なシーンを想定した商品を取り扱っています。

null
null

手がけているのは、防災に取り組むベンチャー企業、「KOKUA」。
代表の泉 勇作さんに伺いました。

「僕自身、神戸市の出身で、阪神・淡路大震災で被災していまして、
大切な人へのプレゼントに、防災グッズを贈ることが昔からあったのですが、
すごく喜んでもらえたという自分の体験があります。

これをひとつのカタログギフトにまとめたら、もらった方は嬉しいし、
プレゼントする方も、“あなたのことがこんなに大事なんだよ”
という想いも届けることができます。」

null

「LIFEGIFT」のラインナップには、
贈り物としてのワクワク感がたっぷり詰め込まれているので、
これまで防災の意識が薄かった人でも、
自然と防災への取り組みができる、と泉さんは語ります。

「防災グッズはいくつもらっても困るものではありません。
みんながハッピーになって、
自然と、防災対策を進めていく入口になれるのではないか、
そんな風に思って、今までやってきています。」

null
null

大切な人にはずっと幸せでいてほしい。

そんな、贈り手の気持ちを感じながら、
カタログの中から自分に必要な商品を選べるというのが嬉しいですね。