JOC企画 スポーツラジオ番組 MY OLYMPIC STORY

Message メッセージはこちら

オリンピックには言葉にして伝えたい物語がある・・・
あのとき、あの瞬間、アスリートたちが感じた運命の一瞬を池松壮亮の朗読でご紹介していきます。Personality 池松壮亮

TOKYO FM / JFN 38 stationsEvery Saturday 22:30 - 22:55

OnAir Report - オンエアレポート

原田裕花の、運命の一瞬

2020.05.23

【2020/5/23 O.A】
マイ オリンピック ストーリー。
アスリートたちが感じた運命の一瞬。

今週は、女子バスケットボールで、アトランタオリンピックに出場した、原田裕花の
運命の一瞬をお届けしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1996年7月31日。アトランタオリンピック。

バスケットボール女子、準々決勝。

20年ぶりにオリンピックの舞台に立った、日本の女子バスケットボール代表は、決勝トーナメントに進んだ。

対戦相手はバスケ大国であり、開催国であるアメリカ。

原田裕花はこれまで経験したことのない、

大観衆の中にいた。大きな声援が聞こえてくる。
     
世界のトップ選手が集まる場に、自分がいるのだと思うと鳥肌がたった。
     
予選メンバーに選ばれながら、ここに来ることが

叶わなかった仲間のためにも・・・
     
この場所に立たせてくれた全てのことに
     
たくさんの感謝を抱えて、コートへと向かった。
    

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今でこそ海外との交流がさかんな時代になりましたが、
当時のバスケットボールの海外との差はどのくらいあったのでしょうか。
怪我を乗り越え、代表入りし、7位入賞まで果たした原田裕花の運命の一瞬。
当時の状況が伺える貴重なストーリーでした。

原田裕花
1968年6月5日、山口県生まれ。
小学校3年でミニバスケットボールを始める。
87年、日本代表チーム入り。
小学校から日本代表まで、全てのチームでキャプテンを務めた。
1996年、アトランタオリンピックに出場し、7位入賞を果たす。
引退後も、指導者として、コメンテイターとして、
バスケットボールの普及に務めている。
| next
Twitter Facebook LINE
to top