一建設 presents おうちのはなし 一建設 presents おうちのはなし

TOKYO FM

Information

物語の主人公、籠宮ユリカ(かごみや・ゆりか)は、22歳。
この春、住宅メーカーに就職した、社会人一年生です。とある郊外の営業所に配属されました。まだスーツは着慣れないけど、気合は十分!
それもそのはず、彼女は小さい頃から家にまつわることが大好き。 自分が暮らした家、誰かの家、これから住みたい家・・・。彼女は、家のことを愛をこめて「おうち」と呼びます。さて、今週はどんな「おうちのはなし」が聴けるのでしょうか?

cast

盒兇劼る
髙橋ひかる
Profile

character

籠宮ユリカ
籠宮ユリカ

22歳。住宅メーカーに就職したばかりの新人社員。 生まれは、千葉県船橋市。(父方は滋賀県、母方は秋田県)。ときどき怒ったりすると、関西弁が出てしまうことも・・・。情に厚く、涙もろく、真っすぐで一生懸命。ときに周りが見えなくなることも。 ひらがなの、「おうち」という響きが好き。 「おうち」には、記憶が宿る。思い出が刻まれる。家に関わる仕事がしたいと、ずっと思っていた。 大学時代につきあった彼とは、別れてしまい、現在フリー。好きなもの:ミニチュアダックス、和菓子、レモン、激辛料理。

article

第43話「シアタールーム」
2022.01.22
今日は先輩の染谷さんと、染谷さんが担当している戸建ての現場へ。 お客様へおうちの鍵を渡す大事な日だそうです。 籠宮さんはこの「鍵を渡す日」が大好き。 とてつもなく大きな宝箱を差し出すようで、たまらなくワクワクするとのこと。 ちなみにこのおうちのご夫婦はシアタールームにこだわりがあるそうなんですが、どんなこだわりがあるのでしょうか…。
第42話「床暖房の誘い」
2022.01.15
最近の籠宮さん、休日の楽しみといえば、実家の炬燵で本を読んだりスマホで動画をみたりしてぬくぬくとひとやすみすること。 それにしても、炬燵はどうしてこうも眠りを誘うのか…。 そんな籠宮家にはさらにおいうちをかけるような、羨ましい設備があることがわかりました。 それは「床暖房」。これを導入したのはお父さんとのこと。 そのきっかけとは?