メインイメージ

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラム

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

  • TOKYO FM
  • FM大阪

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

ツアーで活躍するトッププロから、活躍が期待されるニューフェイス、そしてベテランプロまで。夢に向かって頑張る女子プロゴルファーとそれを支える人々の思いやツアー最新情報まで。女子プロゴルフを盛り上げるための応援プログラム

Dream Shot News

OnAirReport

絶対王者稲見萌寧、新記録で初のメジャー制覇!
2021.09.18
9月9日から12日まで茨城県、静ヒルズカントリークラブで
行われたメジャー、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯は、
稲見萌寧プロが19アンダーという驚異のスコアで優勝を果たしました。
この19アンダーというスコアは、日本女子プロゴルフ選手権の優勝最小スコアを更新、
今シーズン8勝目、そしてメジャー初制覇となりました。
null


今朝は、4日間の大会を振り返り、この女子プロゴルフ選手権が
どれほどスペシャルな大会なのかを特集しました。

女子プロゴルファーにとって特別な大会、それが日本女子プロゴルフ選手権。
1968年から開催されている、女子プロゴルファーナンバー1を決める
伝統ある大会です。

null

優勝カップには歴代の名プレイヤーの名前が刻まれています。
今回も新人からベテランまで、137人が出場して試合を盛り上げました。

まず、2日間の予選ラウンドでトップに立ったのが勝みなみプロでした。
初日6アンダー、2日目2アンダー、トータル8アンダーとして首位で予選通過。
実は今まで、この大会ではいい成績を残せていませんでしたが、
体をしっかり鍛えたことで飛距離に自信が持て、
見事メジャーセッティングを攻略しました。

続く決勝ラウンド初日は、まさにMoving Saturday。
スコアが大きく動きました。
この日6アンダーを出した西郷真央プロが首位に立ち、
5アンダーを出した大山志保プロ、
そして、7アンダーを出した、稲見萌寧プロが2位タイに並び最終日を迎えます。

西郷真央プロがメジャーで初優勝を飾るのか!?
大山志保プロが44歳でメジャー制覇となるのか!?
稲見萌寧プロが初メジャー制覇するのか!?
3人のラウンドが注目を集めました。

null
null
null


19歳の西郷真央、44歳の大山志保、オリンピック銀メダリストの稲見萌寧。
初めは3人とも緊張していましたが、大山プロがムードメーカーに
なって最終日とは思えない笑顔の溢れるラウンド。

null

ただ、3人ともオンとオフの切り替えがすごくてショットやパッティングに
ついてはまさに選手権!という素晴らしいプレイがいくつも飛び出しました。

null

勝負が見えたのが9番ホールからサンデーバックナイン の出だしの10番、11番ホール。
ここで稲見プロは3連続バーディー。
大山プロは9番を池に入れて、西郷プロは11番をボギーと徐々に差が開きます。
終わって見ればこの日、大山プロ、西郷プロは3アンダーと伸ばしましたが、
稲見プロは8アンダーと絶対的な強さを見せつけました。

null

稲見プロのフェアウエイを必ずとらえるドライバーショット、
ピンを刺す正確なショット、勝負所で必ず決めるパッティング、
全てが噛み合っていました。
null

「ここは難しいコース、予選をまず通ることが大事。
絶対に油断をしないように慎重に!
でも、予選を通ればあとはどんどん攻めるのみでした」
と優勝インタビューで語った稲見プロ。
その意思が、1ラウンド70、2ラウンド70、3ラウンド65、
ファイナルラウンド64という数字に表れています。
まさに、これぞ稲見プロの優勝の方程式です。

null

今回もトッププロの言葉からいろいろな気づきをいただきました。

「 オンオフの切り替えの大切さ」

「常に謙虚な気持ちで試合に臨み、でもチャンスが来たらしっかり掴む」

「先輩へのリスペクト、後輩への思いやり」

優勝争いをした3人だけではなく、選手それぞれを成長させた充実のメジャーの4日間でした。

PICK UP

PICK UP

Movie ゴルフ動画

Message

番組では女子プロゴルファーへの応援メッセージを募集中です。

メッセージをお寄せいただいた方に今回はスコアアップにもおすすめ!ちょっと変わった「na na me ッティー」4本セットを抽選で10名の方にプレセントします。

「nanameッティー」プレゼントへの応募はメッセージフォームから!
女子プロの皆さんへの応援メッセージから質問などたくさんのメッセージをお待ちしています!


null
パーソナリティ 秋山真凜

10月12日生まれ、福岡県出身、リポーター・スポーツキャスター。ベストスコア69を記録した中学時代からプロゴルファーを目指し、全国を転戦。上智大国際教養学部卒業。特技は英語、韓国語で、同時通訳の経験もある。

New Entry
New Entry
  • アース製薬 モンダミンCUP
  • TOKYO FM
  • FM OH!