PARCO Hot Seminar FRIDAY 21:30-21:55

PARCO Hot Seminar議事録ブログ

歌手・小西真奈美さん

明日への、のろしを上げるラジオの中の会社・スカイロケットカンパニー!

毎週月曜日から木曜日の夕方17時から19時まで放送しているスカイロケットカンパニーが、
「スカイロケットカンパニー・パルコホットセミナー」として
金曜日21時30分〜21時55分までお届けします!

この番組では毎回、特別講師としてホットなエンターテイナーをお招きし
働く社会人の刺激になるような週末の提案をさせて頂きます!

今週の特別講師は、歌手の小西真奈美さんです!

null


【小西真奈美】
1998年につかこうへいさんの舞台で女優デビュー。2016年にKREVAの音楽劇で初めてラップに挑戦。そして、10月24日に、全曲小西真奈美さんが作詞作曲を行なった メジャーファーストアルバム『Here We Go』をリリースされました。


null


■メジャーファーストアルバム『Here We Go』

本部長:ラップは舞台の稽古がきっかけで始まったんですか?

小西:はい。ラップを作り始めたのが舞台の稽古の最中で「KREVAの新しい音楽劇」という舞台に出させていただきました。
出演者がみんなKREVAさんの曲を歌う=ラップを歌う、ということなんですけど。出演者にライムスターのMummy-Dさんだったり、AKLOさんという、ザ・ラッパーの方々がいらして。

本部長:錚々たるメンバーですね。

小西:お2人はもうすっかり早く終わっていたんですけど、残ってらっしゃったので「どうしたんですか?」って言ったら、「真奈美ちゃんのラップ聞いてみたい」って言って、ザ・ラッパーの皆さんの前で……(笑)。

本部長:めちゃくちゃ怖いですね(笑)。

小西:ど緊張しながら皆さんの前でラップしましたら、終わった後にまさかのお褒めの言葉を頂いて「どうしてですか?」って聞いたら
「真奈美ちゃんのラップは独特だから、もっとやった方がいい、作った方がいいよ」って言っていただいて。

本部長:「いいじゃん!」と。

小西:同じ時期に、周りのスタッフの方に「曲を作ってみたらどうか?」と言っていただいて、歌詞を書いたりはしていたので、ラップじゃない曲は作り始めていたんです。
ラップの曲も、せっかく素晴らしい方に言っていただくなら作ってみようかなと思いました。

本部長:じゃあ、リリックの勉強なんかもしながらですか?

小西:勉強というか、「あいうえおが合ってればいいのかな?」っていう感じで、出てきた言葉を書いて、韻を踏んで、歌詞とメロディーが出てきたものをデモにして。
でも、“これがラップなのかな?”っていうのが分からなかったので、早速聴いていただいて。そしたら、「ラップになってるよ」って言っていただいて、この感じで作っていけばいいんだって。

null

null


本部長:自分の中のガソリンになったもって何ですか?

小西:曲を作って……クリエイティブの作業が楽しかったっていうのもありますし。
一時期は寝る直前まで作って、パタッっと寝て、起きたらパソコンに向かうみたいな、そういう感じでした。

本部長:今回のメジャーファーストアルバム『Here We Go』を手にとって、歌詞を見させてもらって。すべての曲に作詞をなさっている、曲も携わっているのを見たときに、本当に失礼なんですけど女優さんが何かの企画とかコラボとか、ちょっとした遊び心とかで出すこともあるじゃないですか?

小西:はい。

本部長:タイアップがついたり、いろいろな事情があって。そういうものなのかと思っていたんですけど、全然違う熱量なんだってことを感じて、“めちゃくちゃすごいな、これ!”と思ったんですよ。
だって、本気じゃないですか?

小西:嬉しい!新参者ですけど、本気でやっています(笑)。

本部長:女優さんとして地位があり、活躍もなさっている方が、ここまでやるってあんまりないと思うんですよ。

小西:そうですか(笑)。

本部長:仕事しながらこれを作るっていうときのことを想像したら……。
さっきも、作業しながら寝ちゃって、そのまま起きてまたパソコンでって、それをする必要がない人なのにやってるって、楽しいとか好きとかの感情じゃないじゃないですか?
役者とはまったく違うクリエイティブの放出量じゃないですか?役者と歌手として作ってみた違いはどのへんですか?

小西:役者の時は、脚本があって、共演者の方とか監督さんとか皆さんがいて。
自分というものではない、役としてのものを皆さんに感じてもらいたいと思ってカメラの前に立つので。自分がなるべく出ないように心がけるようにするんですけど。
やっぱり曲って、全部が実体験ではなかったとしても私の中から出てくる言葉だったり、音だったりするので。
例えば、本当に自分の中から生まれてきて、聴いてくださる皆様の手元に届くギリギリまで自分が携われる、責任感もあるけど、そういうクリエイティブの仕方っていうのをしたことがなかったので。
“そういうことが自分にもできるんだ”っていう喜びと、どんどん生まれてくる曲たち、出会う機材、音、皆さんの反応とかに、毎回出会うことが本当に嬉しくて。
それだけで、ただひたすら作っていたっていう感じです。

null


■ゲスト情報

「小西真奈美 Official Website」


来週のパルコホットセミナーは、ロシア人バリトン歌手のヴィタリ・ユシュマノフさんが来社致します!
お楽しみに!

スカイロケットカンパニーは、来週も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!

PREV || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 83 | 84 | 85 || NEXT

PARCO Hot Seminar 次回会議テーマ

11/16は「特別講師にドラマチックアラスカが登場!」


金曜日はスカイロケットカンパニー・パルコホットセミナーとして、
毎週ホットなエンターテイナーをお招きし、
働く社会人の刺激になるような週末の提案をしていきます。

来週はゲストにドラマチックアラスカが登場します。

わが社の公式アプリでは、浜崎秘書の日常を垣間見られる「秘書室」など、
コンテンツが満載です。
Android&iOSともに無料配信中なので、ぜひダウンロードを!!

金曜日のスカイロケットカンパニーもお楽しみに!!

Twitter