三協フロンテア presents The Starters(ザ スターターズ)

パーソナリティ 鈴村健一 ハードキャッスル エリザベス20代〜30代の若手起業家をゲストに迎え、
彼らがどんな発想や未来への展望を持ってブレイクスルーを起こそうとしているのかお話を伺います。
高い意識とモチベーションで社会に風穴を開けようと取り組む彼らの話が、
「あなたも、世の中を変えられる!」という、
朝、仕事へ向かうビジネスパーソンのやる気のカンフル剤になることを目指してゆきます。

Guest ゲスト

2019.07.16

一人一人の時間を豊かに

株式会社タイミー代表取締役
小川嶺
自分が働きたいと思えばすぐに働けるアプリ

ゲストは先週に引き続き、【株式会社タイミー代表取締役 社長の小川嶺さん】です。

タイミーは、「この時間だけ働きたい」働き手と
「この時間だけ働いてほしい」雇用主を結ぶマッチングアプリを提供しています。

大学2年の時に試着アプリで起業し、その会社を畳んだ小川さん。
就職をするという選択肢もあったと語ります。

「自分は起業家に向いていないと思ったのです。
 そこから大手企業に就活をして、テストセンターに通って
 エントリーシートを書いて、面接をしてというのをやりました。
 就活はそれなりに上手くいって内定が見えてきたところがあり
 社会人になるまで、よく考えたら1年あるなと思い
 じゃあ1年間でもう1回バットを振ってみようかなと思ったところはあります。
 企業はリスクがあると言われますが、
 内定に近いものをもらえて、保険があった状態だったのでリスクが無かったのです。
 逆に内定をもらえていなかったら起業していなかったと思います。
 運が良かったのだと思います。」

運も実力のうち。きちんと実力を持って、運を掴んでいるのですね。
そして、会社名の「タイミー」にはどんな想いが込められているのでしょうか?

「”Time”と”aim”という、”時間”と”目的”を組み合わせた造語になっていて
 一人一人の時間を豊かにするという会社のミッションを持っています。
 元々ファッションの会社をやっていた時、社長は1時間のうちに
 営業をしたり、取材を受けたり、企画書を書いたりとやることがたくさんありました。
 会社を畳んで学生に戻るとYouTubeとTwitterしか見ない生活になってしまったんです。
 今の自分の時間に価値はあるんだろうか?と疑問視し始めました。
 一気に自分の時間価値が低下したのです。
 その時、アプリに自分の暇な時間を入れて欲しがってもらったら
 自分の承認欲求も満たされそうだなと思いました。
 今暇な時間を入れたら、今働けるというアプリですが
 暇な時間同士が出会える、暇な時間で飲食店が見つかるとか何でもいいと思っています。
 街を歩いていて、暇だなと思った時にタイミーを開いたら
 その人の時間が豊かになるツールを作りたいと思っています。」

今の時代にマッチしたアプリですよね。
タイミーを使う時はアプリに登録して、企業が求めている時間が合えば
OKが出てそこに行けばいいというシステムなのでしょうか?

「OKは出ないですね。自分が働きたいと思えば働けるのが面白いところです。」
 
ユーザーの方や、ビジネス方面の方々からの評価はいかがですか?

「結構いい評価をいただいています。
 例えば大手チェーン店のオーナーからは、残業時間が減ったという声をいただいています。
 飲食店は4人で回さなければいけないオペレーションを
 人手不足のために2、3人で無理矢理回しています。
 ところが、タイミーを入れることによって
 この部分はタイミーに任せようと業務の切り出しができます。
 そうすることで締めの時間を短縮出来て正社員の負担が減るのです。
 業種や業務内容もアプリ内に記載されています。」

運営するうえで、特に気を付けていること、意識していることはなんでしょう?

「そうですね。面接も応募も無く働けるというシステムをやっているので
 受け入れ側からしたらどういう人が来るのかわからないという声があります。
 なので、"スキルとのマッチング"として
 飲食店ならば飲食経験者しか来てはいけないというように条件を絞り
 その条件に当てはまる人のみが働けるようになっています。」

最後に、これからの夢を教えて下さい!

「世界トップ5の経営者になりたいというところがあります。
 まだ22歳なので現役があと60年くらいあると思います。
 まずは日本でしっかりと成功して、
 日本発の世界企業として日本と同じように人手不足であり、人口が密集している
 アジア圏にタイミーを提供し、世界の働くインフラを作って
 その上で一人一人の時間が豊かになる、みんなが幸せに生きられる世界を作れたらと思います。」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 130 | 131 | 132 || Next»
  • Facebook
  • ツイッター
  • LINE

TOP