三協フロンテア presents The Starters(ザ スターターズ)

パーソナリティ 鈴村健一 ハードキャッスル エリザベス20代〜30代の若手起業家をゲストに迎え、
彼らがどんな発想や未来への展望を持ってブレイクスルーを起こそうとしているのかお話を伺います。
高い意識とモチベーションで社会に風穴を開けようと取り組む彼らの話が、
「あなたも、世の中を変えられる!」という、
朝、仕事へ向かうビジネスパーソンのやる気のカンフル剤になることを目指してゆきます。

Guest ゲスト

2020.10.06

パーティードレスをもっと気軽で自由に

株式会社アンドユー 代表取締役社長
松田愛里
参列者だけトレンドから取り残されている結婚式をどうにか変えたい


今週のゲストは、株式会社アンドユー 代表取締役社長の松田愛里さんです。
神奈川県出身の松田愛里さんは 大学卒業後、ブライダル大手のノバレーゼに入社。
社長室や広報室、ドレスの PR 業務を経て、
社内ベンチャー制度で去年「アンドユー」を起業しています。

まずは今の事業を教えて下さい。

「当社では、結婚式の参列向けの衣装のレンタルサービスを提供しております。」

インスタグラマーの投稿などを見て、とてもお手軽だなと思っていました。
お店ではなく、ECサイトだけなんですね。なぜですか?
 
「世の中の流れがECサイトに向いてきているというのもありますが
 実店舗を持ってしまうと店舗のある地域のお客様にしかサービスを
 提供できなくなってしまうのですが、ECサイトだと全国どこのお客様にも
 サービスを提供できるのでECサイトのみに思い切って振り切ってみました。」

どういったドレスをレンタルしているんですか?

「結婚式の需要をメインにしているのでいわゆるパーティードレスと呼ばれるものを
 展開しております。1回しか着ないのに買わなければいけなくなってしまっていて
 SNSが普及している中で、一度着ると同じものをなかなか着づらい
 という状況があるんです」

写真に残りますからね。先週と同じ服を着ていると思われてしまったり…

「女子は繊細にそういうところで傷ついてしまったりします。
 当社が展開しているのは2泊3日のサービスなのですが、
 1回あたりのレンタルが4,500円からと
 手ごろにレンタルできるようなサービスになっています。」

レンタルする時の流れを教えて下さい。

「オンラインでお好きなドレスを選んでいただいてご予約を頂きまして
 ご利用日の前日に配送でご指定された場所にお届けします。
 ホテルをご指定されるお客様もいらっしゃいますね。」

荷物を持っていかなくてもいいのは助かりますね!

「そうなんです。返送は翌日になるのですが、当日に手続きしていただいても
 構いませんし、返送伝票を同封しているのでペタっと張り付けて頂いて
 送り返していただくサービスなので手軽にご利用頂けるサービスになっていますね。」

ちなみにメンズはあるのでしょうか?

「今のところはレディースのみになっています。
 メンズはサイズが難しいので立ち上げから1年半くらいなのですが
 まずはレディースからスタートという流れになっております。」

ドレスはどういったものを仕入れていらっしゃるんですか?

「当社はすべてインポート物になっていますので海外から買い付けを行っています。
 立ち上げ時に650着くらい一気に買ったのですが、
 需要としてネイビーや黒が人気かなと思い、結構そういった色を買っていたのですが
 レンタルで一回しか着ないのならと明るめの色味を選ぶ方が多いんです。
 結婚式だけでなく、デートやお食事に行く時などにも使っていただけます。」

ドレスはインポートだけなんですか?

「国内のものは一着も入れておらず、オールインポートで打ち出しをしています。
 国内でももちろん素敵なドレスはたくさんあるのですが
 私がアンドユーを立ち上げたきっかけが
 国内の結婚式のイメージが凝り固まってしまっていて
 街中でも結婚式帰りだなとすぐ分かるスタイルがあること。
 でも新郎新婦様は欧米化してきていて、結婚式自体は素敵になっているのに
 何故か参列者だけトレンド感がなく取り残されている印象があったので
 そこをどうにか変えたいと思って立ち上げたブランドです。
 ドレスは買うところも少ないので似通ってきてしまうんですよ。」

「アンドユー」は社内ベンチャー。
社内ベンチャーだと、スタッフの人数は何人ぐらいいるんですか?

「実はスタッフは私一人のみなんです。買い付けからサイトの立ち上げなど、
 アルバイトさんもいらっしゃいますが、アイロンがけや発送作業なども
 基本的には私がすべてやっています。」

やりたいこととお客さんのためにやっていることがマッチしている感じがしますね。

「ちょうど立ち上げの時が27歳だったのですが、
 結婚式の参列が年に7回くらいある年だったんです。
 参列していてなおさら実感する需要があったので
 ちょうど私がコアターゲット世代と被ることもあって
 楽しみながら色んな方にヒアリングをしたりしていますね。」

起業されてから1年ほど経ちますが評判はどうですか?

「数字を見ていてもお客様が増えている実感があるのですが
 発送する時に名刺サイズくらいのメッセージカードに
 毎回直筆でメッセージを書いてお送りをしていて
 有難いことに裏面やポストイットにメッセージを添えて返して下さる方が
 かなり多くいらっしゃって、自分が着られて嬉しかったという事より
 友人に褒められましたというお声が多いんですね。
 女性はそういう部分を気にするよねと考えながら立ち上げたサイトだったので
 そういったお声を頂けるのは本当に有難いですね。」

そんな中、最近は新型コロナウイルスの影響がありますが…

「本当に結婚式業界は大打撃でして
 私としても今期が2期目になるので勝負の年だと思っていたところ
 4〜6月はほとんど結婚式が無かったので大打撃だったのですが
 個人的には立ち上げから1年半フルスピードで走っていたので
 立ち止まって会社のことを考えられるいい機会だなと思って
 あまり落ち込まずに前向きにと思ってやっていました。」
 
「アンドユー」が、他のレンタルに比べて安くできるのはどうしてなのでしょう?

「当社は、海外のハイブランドではなく
 そこまで有名ではないけど着映えして写真映えするようなかわいらしいものを
 安価に買い付けられるような形を取っています。
 1万円以上するレンタルだとなかなか手が付けにくいと思うので
 価格帯にはすごくこだわりました。」

最後にこれまで乗り越えてきたハードルを教えて下さい。

「一人の立ち上げは敵も味方も自分自身。
 自分がかっこつけたいとか、代表だしいい所を見せたいというのが
 あったんですけども一人だから失敗できるし迷惑もかけないからこそ
 攻めに転じようと思ったので一番大きいハードルは
 心のハードルだったのではないかと思っています。
 そこをぶち破って今は自由にできているかなと思っております。」

来週は松田さんに社内ベンチャーについての話なども伺います!
  • Facebook
  • ツイッター
  • LINE

TOP