日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2019.02.03
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、アニメーション監督・演出家の長濱博史さんです。

null

【長濱博史】
1970年大分県生まれ。
1990年、マッドハウスに入社。「YAWARA!」などさまざまな作品に参加した後、フリーランスになる。
1996年に「少女革命ウテナ」のコンセプトデザインを担当し、以降はプリプロダクションとしての作品参加も増えていく。
2005年には「蟲師」にて初監督を務め、高い評価を得る。
東京国際アニメフェアでは第5回東京アニメアワードのテレビ部門にて優秀作品賞を受賞。
2013年の「惡の華」ではテレビアニメ初の全編ロトスコープを採用し話題になる。
そのほかの作品にOVA版「デトロイト・メタル・シティ」、スタン・リー原作のヒーローアニメ「THE REFRECTION」にて、共同原作と監督、キャラクター原案などをつとめる。



null

原作があるものをアニメ化するのにあたり、長濱さんは「何も足さないし、引かない、ということを第一に考えてやっている」と、おっしゃっていました。

初めて「蟲師」を読んだとき、長濱さんは“30歳過ぎて、漫画を読んでびっくりすることはないだろう”と思っていたそうですが……読んだ時には、“なんだろう、これ?”と、まったく初めて読んだ感覚を覚えたそうなんです。

その時に思ったのが、“これをアニメにする。この作品を初監督にする”と、ご自身で強く決めたそうなんです。

null

“自分の意図が入らないようにしたかった”と語る長濱さんは、原作者の漆原さんと、徹底的に打ち合わせをしていったそう。
すべてが漆原さんとの答え合わせで、今振り返ると「うるさかったと思う、本当に徹底的だったので」と、相当なこだわりがあったようなんです。漆原さんの答えを聞きつつ、ベストな選択をスタッフ全員でしていったとのこと。

当時、スタッフ同士で話していたのが「『これ、原作そのまま作ってるだけじゃん』って言わせたい、逆に文句を言われたい」と…それだけ、徹底的に忠実さを求めていたそうなんです。


null

「あれは……」(蟲師オマージュ風)



null

そして、ファンの方にはヨダレものの一品!
SAKIちゃんの興奮度はマックスでした(笑)


【ゲスト情報】

「TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2019.02.01
2月3日、10日のゲストは、アニメーション監督・演出家の長濱博史さんをお迎えします。
お楽しみに!


【ゲスト情報】

「TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト」公式ホームページ


null
  • mixiでシェアする
2019.01.27
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、料理研究家の山田玲子さんです。

null

【山田玲子】
料理家・クッキングアドバイザー。
フェリス女学院大学卒業後1995年から浜田山の自宅で「salon de R」を主宰。
「マダムなおうちごはん」から「おもてなしのコーディネイト」まで、家庭料理を楽しく、ときに大胆に調理を伝授し、笑いあふれる料理教室として人気を集めている。
また、「食は一番身近な外交」をモットーに海外でも定期的に料理教室を開催し、食を通じた国際交流に力を注いでいる。
そのほか、食品会社のレシピ開発やケータリング、各種イベントにも対応。
男性向けの料理教室や父子料理クラスで得た経験を生かして、昨年の夏に『定年ごはん』を出版し、注目を集めた。
そのほかの著書に『おにぎりレシピ101』『NY発 サラダbowlレシピ』など。
「美味しい料理はあなたを想う温かい心から」をコンセプトに、幅広いジャンルで活躍中です。



null

「食は一番身近な外交」をテーマに、世界各地で和食を広める活動をされている山田さんですが
地方創生プロジェクト「熱中小学校」の海外バージョンを、今年、アメリカのシアトルでも開催されるそうなんです。

以前、甥っ子の野球チームの炊き出しでおにぎりが出されているのを見た時に
“おにぎりは活力になる、日本のソウルフードはおにぎり”と感じて、おにぎりで本を作りたいなと思ったのが2014年、その後「おにぎりレシピ101」を出されました。

当時、海外との交流もあったことから“本を出すんだったらバイリンガルで出したい”と思い、英語の翻訳が付いています。
ちなみに、SAKIちゃんはハワイのアラモアナショッピングセンターに置かれているのを見たそう!

海外でイベントを行う際は、意外にも、外国の方はおにぎりを知っているそうなんです。
知るきっかけとなっているのが、海外でも人気の日本のアニメ!場面場面で主人公が食べていたり、持っていたり、会話の中に出てくるため、「おにぎり」という存在は知っているそうなんですね。

さらに、山田さんはイベントの際に現地の名物を生かした「ご当地おにぎり」も作られています。
例えば、ニューヨークだったら、みんなバッファローチキンが好きだから、バッファローチキンを入れた「ニューヨークおにぎり」。
シンガポールはチキンライスが有名で、チキンとジンジャーソースを混ぜ込んで作った「シンガポールおにぎり」といったように、現地の人はとても喜ぶそうなんですね。

ご当地おにぎりなどを通して、「あなたの国の具材でも出来ますよ、ということを伝えていきたいですね」と、山田さんは語っていました。

【ゲスト情報】

「Salon de R|浜田山と麹町の山田玲子の料理サロン」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2019.01.20
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、料理研究家の山田玲子さんです。

null

【山田玲子】
料理家・クッキングアドバイザー。
フェリス女学院大学卒業後1995年から浜田山の自宅で「salon de R」を主宰。
「マダムなおうちごはん」から「おもてなしのコーディネイト」まで、家庭料理を楽しく、ときに大胆に調理を伝授し、笑いあふれる料理教室として人気を集めている。
また、「食は一番身近な外交」をモットーに海外でも定期的に料理教室を開催し、食を通じた国際交流に力を注いでいる。
そのほか、食品会社のレシピ開発やケータリング、各種イベントにも対応。
男性向けの料理教室や父子料理クラスで得た経験を生かして、昨年の夏に『定年ごはん』を出版し、注目を集めた。
そのほかの著書に『おにぎりレシピ101』『NY発 サラダbowlレシピ』など。
「美味しい料理はあなたを想う温かい心から」をコンセプトに、幅広いジャンルで活躍中です。



null

「食」は、人間の営みの基本、日々、当たり前のことでもあります。
山田玲子さんが、食を仕事にしようと思ったきっかけは、国際交流の場にありました。

大学を卒業してからは、しばらく違う仕事をしていたという山田さん。
大学4年生のときに国際交流ということで、11歳の子供4人を1ヶ月間、英語もわからない子供たちを連れて、山田さんがリーダーとして
世界12カ国の子供たちが集まる国際キャンプに参加することになりました。
それが、今から30数年前の出来事。

当時5人でフィンランドへ行ったそうですが、想像以上に言葉の壁が高く
子供たちも、うまく溶け込めていなくて、中にはホームシックになってしまう子もいたんだとか。

山田さん自身も女子大生のため、子供たちのケアができずに“どうしよう?”と思っていたそうなんです。
そんな時に各国持ち回りで、自国の文化を紹介するイベント日があったんです。

皆で日本の文化を紹介する「ジャパンデイ」には折り紙をしたり、浴衣を着せたり、日本食を披露したりすることを企画。

どんな日本食を紹介するか話し合って決めたメニューが、ちらし寿司!
当時大学生だった山田さんも作った経験はなかったそうですが、70〜80人分をどうにか作ることになりました。
しかしフィンランドの地では、30年以上前、和食は人気ではありませんでした。
そんな中、全員で料理をした山田さん。

いざ食べてもらうと、「大変だよ! みんな美味しいって言ってる! おかわりらしいよ!」と、昨日まで言葉が分からなくて泣いていたのに……と言ってる場合もなく、4人が代わる代わる来て「早く!早く!」と、山田さんは夢中で作っていたそうです。最終的には、完食になりました。

食は言葉の通じない子供達にとってもツールになるんだと考えた山田さん
当時21〜22歳だった山田さんは、“もうすこし大きくなったら、料理の仕事をしたい”と思うようになったそうなんですね。

【ゲスト情報】

「Salon de R|浜田山と麹町の山田玲子の料理サロン」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2019.01.18
1月20日、27日のゲストは、料理研究家の山田玲子さんをお迎えします。
お楽しみに!


【ゲスト情報】

「Salon de R|浜田山と麹町の山田玲子の料理サロン」公式ホームページ

null
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 39 | 40 | 41 || Next»

to top