日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2018.06.24
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、劇団「ロ字ック」主宰・脚本家/演出家の山田佳奈さんです。

null

【山田佳奈】
1985年、神奈川県生まれ。
レコード会社のプロモーターを経て、2010年に劇団「ロ字ック」を旗揚げする。
以来、「ロ字ック」のほぼ全公演の脚本、演出、選曲を手がけ、役者としても舞台に立つ。
今年1月には下北沢・本多劇場にて、第12回公演となる舞台『滅びの国』を成功させた。
サンモールスタジオ最優秀演出賞、演劇ポータルサイト「CoRich舞台芸術まつり!2014」グランプリ・女優賞ほか、受賞歴は多数。
また、映画監督としてもその才能を発揮し、2016年には初脚本・監督映画『夜、逃げる』、翌年には『今夜新宿で、彼女は、』を発表。数々の映画賞を受賞し、注目を集める。
さらに、バンドのライブ総合演出や、音楽界の『夏フェス』ならぬ小劇場界の『鬼フェス』を主催し、全団体の総合プロデュースを行うなど、エンターテイメント業界でマルチに活躍中。今年の夏は、猪苗代湖畔で開催される。
カルチャーミックスフェス『オハラ☆ブレイク’18 夏』のメインステージへの出演を控えている。



舞台の世界だけでなく、映画監督としても注目を集め、さらに音楽活動や
プロデュース業もこなすマルチなクリエイターの山田佳奈さん。

実は、社会人一歩目はレコード会社のプロモーターのお仕事からスタートしたそう!
「20代前半、音楽の仕事に捧げていたと言っても過言ではなかった」という山田さん。

仕事に楽しさを感じつつも、自分の道に悩んだときに“趣味を見付けないとダメだ!”と思い立ち、
中学、高校と演劇部だった山田さんは、「演劇をやるか!」となったそうなんです。
当時の同級生と喫茶店などを貸し切って公演をしたり……と、地道な活動から現在に至ります。

山田佳奈さんが、劇団「ロ字ック」の活動を通じて、どんなメッセージを伝えてきたのか?そして、これから伝えていくのか?
お話を伺いました。

null

null

「演劇だったり、音楽だったり、芸術すべてにおいてそうですが
その一歩を押し出すためのパワーになればいいなというのは、心がけてやっていますね」と語る、山田佳奈さん。

null

null

【ゲスト情報】

「ロ字ック | ROJI9 OFFICIAL SITE」

映画「今夜新宿で、彼女は、」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.06.22
6月24日、7月1日のゲストは、劇団「ロ字ック」主宰で脚本家・演出家の山田佳奈さんをお迎えします。
お楽しみに


【ゲスト情報】

「ロ字ック | ROJI9 OFFICIAL SITE」

映画「今夜新宿で、彼女は、」公式ホームページ

null
  • mixiでシェアする
2018.06.17
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、トーキョーアーツアンドスペース・事業課 レジデンス係長の鈴木祐子さんです。

null

【鈴木祐子】
コロンビア大学にて心理学専攻、美術史準専攻ののち、美術展覧会、パブリック・アートの企画会社に勤務。
ヨコハマトリエンナーレ2014の展覧会グループコーディネーターなどを手がける。
2015年より、公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース事業課にてレジデンス係長をつとめる。
トーキョーアーツアンドスペースは、東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンター。
「TOKAS本郷」、「TOKASレジデンシー」の2館を拠点に、アーティストの育成・支援や、様々なジャンル、ステージのアーティストによる展覧会、レジデンス・プログラム、教育事業など、創造的なアートネットワークのハブとしての活動を展開中。



トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンターです。
「TOKAS本郷」、「TOKASレジデンシー」の2館を拠点に、アーティストの育成・支援
さまざまなジャンル、ステージのアーティストによる展覧会やレジデンス・プログラム、教育事業など、創造的なアートネットワークの中核としての活動を展開しています。

世界中からクリエイターを数多く招聘しているトーキョーアーツアンドスペースですが、現在はどんなアーティストを東京でサポートされているのか?
TOKASイチオシ・注目のアーティスト、鈴木さんが感じる「アートのもつ力」について伺いました。

null

また、現在行われている展示「行為の編纂」についてもお話を伺いました。


【行為の編纂 トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2018成果発表展】

null
撮影:高橋健治 画像提供:Tokyo Arts and Space

null
撮影:高橋健治 画像提供:Tokyo Arts and Space

null
撮影:高橋健治 画像提供:Tokyo Arts and Space

null
撮影:高橋健治 画像提供:Tokyo Arts and Space


【展示情報】

『行為の編纂』
会 場:TOKAS Hongo
会 期:2018年4月14日 〜2018年7月 1日
休館日:6/11・18・25 時間:11:00-19:00
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース

「トーキョーアーツアンドスペース」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.06.10
トーキョーアーツアンドスペース・事業課 レジデンス係長 鈴木祐子さん「東京発信のアート」

「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、トーキョーアーツアンドスペース・事業課 レジデンス係長の鈴木祐子さんです。

null

【鈴木祐子】
コロンビア大学にて心理学専攻、美術史準専攻ののち、美術展覧会、パブリック・アートの企画会社に勤務。
ヨコハマトリエンナーレ2014の展覧会グループコーディネーターなどを手がける。
2015年より、公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース事業課にてレジデンス係長をつとめる。
トーキョーアーツアンドスペースは、東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンター。
「TOKAS本郷」、「TOKASレジデンシー」の2館を拠点に、アーティストの育成・支援や、様々なジャンル、ステージのアーティストによる展覧会、レジデンス・プログラム、教育事業など、創造的なアートネットワークのハブとしての活動を展開中。



トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンターです。
「TOKAS本郷」、「TOKASレジデンシー」の2館を拠点に、アーティストの育成・支援
さまざまなジャンル、ステージのアーティストによる展覧会やレジデンス・プログラム、教育事業など、創造的なアートネットワークの中核としての活動を展開しています。
東京に拠点を置くことで生まれる“東京ならでは”のアートの可能性、特性、東京という都市がアートにもたらすものを伺いました。

鈴木祐子さんの肩書きである「レジデンス係長」とは、どんな仕事をするのか?
null

年間、海外から約60人のアーティストを受け入れている、TOKASレジデンシー。
さまざまな国や地域から、アーティスト、リサーチャーが来日しており、その内容も多岐に渡っています。
そういった方々が東京に滞在されていて、その経験が充実したものになるためのネットワーク作り、リサーチのアドバイスなど、お手伝いをしているそうなんです。
また、日本のアーティストの派遣もしており、海外の提携先との契約、交渉などもされているそうなんです。
その他にも、具体的な活動内容について、たっぷりとお話を伺いました。


「TOKAS本郷」外観
null
撮影:中川周 画像提供:Tokyo Arts and Space


「TOKASレジデンシー」外観
null
撮影:中川周 画像提供:Tokyo Arts and Space

「TOKASレジデンシー」内観
null
撮影:中川周 画像提供:Tokyo Arts and Space


【展示情報】

『行為の編纂』
会 場:TOKAS Hongo
会 期:2018年4月14日 〜2018年7月 1日
休館日:6/11・18・25 時間:11:00-19:00
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース

「トーキョーアーツアンドスペース」公式ホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.06.08
6月10日、6月17日のゲストは、トーキョーアーツアンドスペース・事業課 レジデンス係長・鈴木祐子さんをお迎えします。
お楽しみに


null

【ゲスト情報】

「トーキョーアーツアンドスペース」公式ホームページ
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 29 | 30 | 31 || Next»

to top