日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2018.12.02
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、女優・タレントの白石まるみさんです。

null

【白石まるみ】
女優・タレント。東京都出身。
1962年11月27日生まれ・動物占いでは「愛情あふれるトラ」
1978年、TBSドラマ『ムー一族』で主演の郷ひろみの恋人役オーディションに応募し、4万人の中から第2位に選ばれ、芸能界デビュー。
キュートで親しみやすいルックスと明るいキャラクターで、アイドル女優として多方面で活躍。1982年には松任谷正隆プロデュースにより、「オリオン座のむこう」で歌手デビュー。花の82年組として、賞レースにも参加して注目を集める。
また、1992年には「母と子のテレビタイム土曜版」のおねえさんに就任し、ニャンちゅうの初代パートナーの「まるみおねえさん」として人気を集める。おもな出演作品は『意地悪ばあさん』『スチュワーデス物語』『赤い殺意』、20年もの間続いた人気テレビドラマ『家政婦は見た』ほか。
ミュージカルや明治座の舞台など、幅広い役柄を演じている。
近年は、芸能人初の個性心理學講師として活躍中。



個性心理學とは、1人の人間を103万6800通りに分類した分類学。
数字を聞くと難しそうな気がしますが実は簡単で、
「私たち人間を、大きく分けると3つのグループに分けられるということがわかるだけでも
人間関係がスムーズにいく、っていう素晴らしいコミュニケーションツールなんですね」と、まるみさんは仰います。

null

この3つのグループというのが「ムーン」「アース」「サン」の3グループ。
言い方を変えれば、「いい人チーム」「しっかり者チーム」「天才チーム」の3つに分かれるそうなんです。
実はこの2000年ものあいだ、人間の分類図鑑というものは存在しなかったそうで
それに代わるのが個性心理學なんですね。

null

null

個性心理學のベースは、世界最大の統計学と言われている四柱推命と、人間関係の秘宝と言われている「人間関係の秘宝」とも言われる宿曜経が使われているんです。
「誕生日を知るだけでその人の運気も個性も全部分かっちゃう!
人間の取扱説明書を手に入れたと一緒ですよ、という実学なんですよ」と、白石さんは力強く語っておりました。

null
動物占いでは「愛情あふれるトラ」の白石まるみさん

【ゲスト情報】

「白石まるみのアニマロジー|animalogy」オフィシャルホームページ

「個性心理學研究所」オフィシャルホームページ

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.11.30
12月2日、9日のゲストは女優・タレントの白石まるみさんをお迎えします。
お楽しみに


【ゲスト情報】

「白石まるみのアニマロジー|animalogy」で、事前に自分がどの動物キャラか調べてみてください。
より興味深く番組が聴けると思います!

「白石まるみのアニマロジー|animalogy」オフィシャルホームページ

「個性心理學研究所」オフィシャルホームページ

null
  • mixiでシェアする
2018.11.25
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、3週にかけてお迎えした書道家の武田双雲さんです。
今週が最後のご登場です。

null

【武田双雲】
書道家。1975年熊本県生まれ。
3歳より書家である母、武田双葉(そうよう)に師事し、書の道を歩み始める。
2001年、25歳で書道家として独立。NHK大河ドラマ『天地人』、世界遺産『平泉』、スーパーコンピュータ『京』など数々の題字を手がける。
独自の世界観で、個展や講演活動も開催、メディア出演も多数。
一方、主催する書道教室には300近くの門下生が通う。
また、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションや、世界各国からの依頼で書のパフォーマンスやワークショップを行い、海外へ日本文化を発信している。
2017年には藤沢市の鵠沼海岸でオーガニックカフェギャラリー「地球」を開く。
ベストセラーになった『ポジティブの教科書』ほか、著書も多数。
唯一無二の活動を展開する書家として、その言動は常に注目を集めている。



武田双雲さん、今年を振り返ってみて感じたことは“脱皮”。
「今まで積み重ねてきた武田双雲を全部脱いじゃう、3歳、4歳の頃の自分に戻って
今まで積み上げてきたものをゼロにするくらいの気持ちで…今までにない動きかもしれない」と語る双雲さん。

null

そんな思い切った行動に、逆に腹がすわったのか「恐怖心がない」とも言っていた双雲さんですが、現代アートに本格的にハマったのも今年なんです。
道具を使わず、手だけを使って、子供が初めての砂遊びをするような感覚で作品を作っているそうなんです。
そこに感じたものは「解放」。

ゼロからスタートを切った双雲さんは、「僕が見たこともない世界がどんどん現れてくるので、こんなに人生楽しいものだったんだってビックリしてますね」と語っていました。

null
毎年恒例の、双雲さんの今年の漢字は「翔」!
書いていただきました〜!


null

null


【開催情報】

「武田双雲展『楽』」
開催期間:2018年11月10日(土)〜11月25日(日)
※初日は14:00開館
展示:アートサロン和錆名古屋店
11:00〜18:00 (月・火曜日定休)[入館無料]

アートサロン和錆「武田双雲展『楽』」

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.11.18
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、書道家の武田双雲さんです。

null

【武田双雲】
書道家。1975年熊本県生まれ。
3歳より書家である母、武田双葉(そうよう)に師事し、書の道を歩み始める。
2001年、25歳で書道家として独立。NHK大河ドラマ『天地人』、世界遺産『平泉』、スーパーコンピュータ『京』など数々の題字を手がける。
独自の世界観で、個展や講演活動も開催、メディア出演も多数。
一方、主催する書道教室には300近くの門下生が通う。
また、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションや、世界各国からの依頼で書のパフォーマンスやワークショップを行い、海外へ日本文化を発信している。
2017年には藤沢市の鵠沼海岸でオーガニックカフェギャラリー「地球」を開く。
ベストセラーになった『ポジティブの教科書』ほか、著書も多数。
唯一無二の活動を展開する書家として、その言動は常に注目を集めている。



現在、「アートサロン和錆 名古屋店」で開催中の個展「楽」では、これまでに双雲さんが書き溜めていた作品を展示販売しています。

日々、書を書かれている双雲さんですが、「筆があることが当たり前で、書を書くことが当たり前で、書けるのが当たり前になっている自分が嫌で」と思い、「2020年に書道教室をやめる」と、昨年突然宣言をされました。

“書道から離れて一から出直そう”という考えに至ったそうなんです。
そのためには書道教室も、書道道具からも断絶することが必要になり、“書きたくても書かない”という、ストイックな生活を送ったそうなんです。



そうすることによって、今までのことが新鮮に見えてきて「本当にありがたい気持ちになった」と、感謝を感じるようになったんだとか。そういったことを経て、今では新鮮な気持ちで書道に向かっているそうなんです。

そして、アメリカのカリフォルニアにアトリエを買った双雲さんは、2020年を目処にアメリカの田舎に移住の計画をしているんです。
そのきっかけは出雲大社の奉納の書を依頼された際、当日はひどく気持ちが落ち込んでしまったそうなんです。
まったく体が動かず、完全に暗闇にいるような状態になり、周囲がとても心配をするほどでした。



そして、いざ書を書く時に風が吹き、すべてが吹き飛んだ気がしたそうなんです。
その書を書き終えた夜、寝ている奥様を起こして「書道教室をやめるんだ」と言ったそうなんです。
さらに、その場で師匠であるお母様に電話をして、「書道教室をやめるんだ」と、涙をボロボロ流しながら伝えました。

顕在意識の中では「書道教室をやめるのは嫌だ、アメリカに行くのも怖い」と思っていても、潜在意識の方が勝っているそうなんです。

【開催情報】

「武田双雲展『楽』」
開催期間:2018年11月10日(土)〜11月25日(日)
※初日は14:00開館
展示:アートサロン和錆名古屋店
11:00〜18:00 (月・火曜日定休)[入館無料]

アートサロン和錆「武田双雲展『楽』」

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.11.11
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、番組の凖レギュラーでもある、書道家の武田双雲さんです。

null

【武田双雲】
書道家。1975年熊本県生まれ。
3歳より書家である母、武田双葉(そうよう)に師事し、書の道を歩み始める。
2001年、25歳で書道家として独立。NHK大河ドラマ『天地人』、世界遺産『平泉』、スーパーコンピュータ『京』など数々の題字を手がける。
独自の世界観で、個展や講演活動も開催、メディア出演も多数。
一方、主催する書道教室には300近くの門下生が通う。
また、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションや、世界各国からの依頼で書のパフォーマンスやワークショップを行い、海外へ日本文化を発信している。
2017年には藤沢市の鵠沼海岸でオーガニックカフェギャラリー「地球」を開く。
ベストセラーになった『ポジティブの教科書』ほか、著書も多数。
唯一無二の活動を展開する書家として、その言動は常に注目を集めている。



今年も和錆恒例の「アートサロン和錆 名古屋店」にて、「武田双雲展 楽」がスタートしています。
今回のタイトル「楽」は、“原点回帰”という意味が込められているそうなんです。

null

仕事を辞めて、独立して湘南の古民家から始めた双雲さんですが
辞めてみたものの何をしたらいいのか分からず、自分に軸を持つこと、杭を打つために漢字一文字を考えた結果が「楽」という文字。

null

それを飾って、楽しいということだけにこだわり、逆にそれ以外にはまったくこだわらないことに決めたそうなんです。
歯磨きをしている時も、奥様と喋っている時も、一人でいる時も、常に楽しんでいるか、楽をしているかにこだわっていったそうなんです。

それが25歳のとき、そこに原点回帰をして、18年経ってみて、人生が楽しくなり、毎日が楽しくなって、周りも楽しんでくれる人ばかりが増えたので、もう一回、その世界を表現したいなと思い、このタイトルにしたそうなんです。

null
3人で「楽」という文字を表現していただきました!

【開催情報】

「武田双雲展『楽』」
開催期間:2018年11月10日(土)〜11月25日(日)
※初日は14:00開館
展示:アートサロン和錆名古屋店
11:00〜18:00 (月・火曜日定休)[入館無料]

アートサロン和錆「武田双雲展『楽』」

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 36 | 37 | 38 || Next»

to top