日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2019.10.20
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今日のゲストは、その卓越した技術で話題の売れっ子写実画家・中島健太さんです!

null

【中島健太】
画家。1984年東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
大学時代にプロデビューし、在学中に白日会展に入選を果たす。
繊細で洗練された高い技術と人間味あふれる温かな作風が高く評価され、日展特選、新日展特選ほか、受賞歴も多数。
これまでの制作作品は500点を超え、すべての作品を完売してきたことから“完売画家”と呼ばれる。
また、「#画家として生きるために」というハッシュタグでのツイッター投稿も反響を呼び、各メディアからのオファーが殺到、活躍の場を広げた。
現在、TBSテレビ系朝の新番組『グッとラック!』の写実画ポスターが、TBSギャラリーに展示され、番組にもコメンテーターとしてレギュラー出演中。
「『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』〜画家として生きるために〜」は自身初の作品集&エッセイで、今年9月に発売された。



中島さんと言えば、女性をモデルにした写実絵画で有名ですが
写真と見紛うほどの、卓越したその技術!

null

中島さんはアーティストではなく、「画家」と名乗る事にこだわりがあるようです。
「アーティスト、芸術家というのは、今ある価値じゃないものをどうやって作り出していくか…世間に問いかけをする仕事だと思う」と、中島さん。

画家は、美しいものを素直に世の中に出していくということ、“画家という立場から、美しさというものに軸足を置いて作品を作っている”とも、そもそもの根本が違うそうなんですね。

null

中島さんが一躍有名になった作品がタレントのベッキーさんを描いた作品。

10年以上画家のキャリアの中で、“このままではいけない”と思った中島さんは、“良いものを作り続ければいつか見つけてもらえる、それだけではダメなんだ”という考えに至り、自ら発信していくことが必要と感じたそうなんです。

null

そういった経緯から、様々なご縁が繋がり、ベッキーさんを描くことになったそうなんです。

さらに、中島さんが画家になるまでの道のりも語っていただいていますので、
ぜひ、こちらからチェックしてみてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【ゲスト情報】

「【画家】中島健太のオフィシャルウェブサイト」

「中島健太 :作品集発売中 (@oilpainternk) · Twitter」


  • mixiでシェアする
2019.10.13
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今日のゲストは、先週に引き続き
作詞家の売野雅勇さん、そして売野さんがプロデュースする
2人のロシア人女性によるコーラスユニット・Max Luxのお2人です!

null

【売野雅勇】
1951年生まれ。コピーライター、ファッション誌編集長を経て、1981年に河合夕子「東京チーク・ガール」、ラッツ&スター「星屑のダンスホール」などを書き、作詞家として活動を始める。
1982年、中森明菜の「少女A」の大ヒットにより作詞活動に専念。
チェッカーズを始め近藤真彦、河合奈保子, シブガキ隊などに作品を提供し、80年代歌謡曲黄金時代の一翼を担う。90年代以降も坂本龍一、矢沢永吉、ゲイシャガールズ、森進一ほか幅広いジャンルのアーティストへ作品を提供。
2016年には作詞活動35周年を迎えた。また、映画・演劇にも活動の場を広げ、脚本・監督・プロデュース業においても才能を発揮し続けている。



作詞活動のため、普段から本を読まれるという売野さんですが
経済、科学、小説……などなど、あらゆるジャンルを読まれるそうなんです。
しかも、一度に5冊くらい並行して!

“途中から読むこともできるし、いろんな読み方がある”と、仰います。
それは、ご自身の発想のストックのためもあるそうですが、基本的には活字、表現というものが好きという理由から。

それは映画でも同様で、途中から観ても映画は楽しめるそうなんですね。
大切なのは“感じる”こと。

“今日読むべき”という本があり、それは詞も同じこと、締め切りより前に書けることもあれば、締め切りよりも遅れて書けることもある。
それは、昨日でも、明日でもなく、“今日じゃなきゃダメ”というタイミングがあるから、正しい時間、正しい場所を選ぶこと、
つまり「Right time, Right place」ということだそう!


null


そして、売野さんの作詞家生活35周年のアニバーサリーアーティストとしてプロデュースしたのが
ロシア出身のコーラスユニットのMax Lux!

null

null

Max Luxは、日本語でJ-POPを歌う2人組! 日本語の発音も抜群!
ジュリアに傷心、夏のクラクション、め組のひと、六本木純情派、摩天楼ブルース……などなど
売野さんが作詞をされた楽曲を歌ってらっしゃいます!
ぜひ、チェックしてください!

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【ゲスト情報】

「売野雅勇 - Facebook」

「Max Lux - Facebook」

「Max Lux - YouTube」
  • mixiでシェアする
2019.10.06
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今日のゲストは、先週に引き続き
80年代のアイドルブームに始まって、90年代にかけては幅広いジャンルの
アーティストに詞を提供し、数々のヒット曲を生み出してきた作詞家の売野雅勇さんです!

null

【売野雅勇】
1951年生まれ。コピーライター、ファッション誌編集長を経て、1981年に河合夕子「東京チーク・ガール」、ラッツ&スター「星屑のダンスホール」などを書き、作詞家として活動を始める。
1982年、中森明菜の「少女A」の大ヒットにより作詞活動に専念。
チェッカーズを始め近藤真彦、河合奈保子, シブガキ隊などに作品を提供し、80年代歌謡曲黄金時代の一翼を担う。90年代以降も坂本龍一、矢沢永吉、ゲイシャガールズ、森進一ほか幅広いジャンルのアーティストへ作品を提供。
2016年には作詞活動35周年を迎えた。また、映画・演劇にも活動の場を広げ、脚本・監督・プロデュース業においても才能を発揮し続けている。



null

コピーライターの時期を経て、作詞家の道へと進んだ売野さん。
その経験は、作詞家に生きたのか?

「文章を書くのが好きなわけではなかった」と語る売野さん
コピーライター時代は、レコードのコピーを書いていたそうなんです。

「レコードのコピーは、レコードの内容をイメージで語るということ」と言うように
詩的であり、何も無いところからイメージで書いていく…それは、作詞家に通ずるものがあったようです。
ジャズ、クラシック、ロック…と、様々な音楽を聴いた売野さん。
振り返ってみると、それがトレーニングとなりました。

null

ひたすら、音楽を聴いてキャッチコピーをつけていく、それまで苦手だった音楽も聴き、なおかつスピードも求められる。
1週間40本のキャッチフレーズとボディコピーを書く生活、本当に大変で、途中嫌になって辞めてしまった時期もあったそうです。

null

コピーライターを続ける中で、シャネルズのコピーを書いていた時のこと
それを見ていたディレクターが、「売野さん、詩を書いたらいいのに」ということで、作詞の道へ進むことになりました。
ご本人は「成り行き人生」と仰っていますが、それは必然に近いものに感じられます。

「当時から分かっていたことは、自分の中にあるものにしか言葉にはならないから、自分の中で一番美味しいところを出そうと思いました。
明るくて、ハッピーで笑うことが一番好きで、ポップアートみたいな詩を作りたいなと思ったんです」


----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【ゲスト情報】

「売野雅勇 - Facebook」

「売野雅勇プレゼンツ 渋谷でおとなのレイディオショウ vol.2 『音楽は、夢を語る〜出逢いは億千万の胸騒ぎ〜』」
  • mixiでシェアする
2019.09.29
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今日のゲストは、この番組ではおなじみ
ブリキのおもちゃコレクターで「ブリキのおもちゃ博物館」館長の北原照久さん!

そして、80年代のアイドルブームに始まって、90年代にかけては幅広いジャンルの
アーティストに詞を提供し、数々のヒット曲を生み出してきた作詞家の売野雅勇さんです!

null

【北原照久】
1948年生まれ。ブリキのおもちゃをはじめ、精力的に収集してきたコレクションを多くの人に見て楽しんでもらうため、1986年、横浜・山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館する。
テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』に鑑定士として出演するほか、ラジオ、CM、各地での講演会など、幅広いジャンルで活躍中。
近年はおもちゃ関連の仕事だけではなく、夢を実現するための方法論をまとめた書籍も多数あり、幅広い世代の人々に影響を与え続けている。

【売野雅勇】
1951年生まれ。コピーライター、ファッション誌編集長を経て、1981年に河合夕子「東京チーク・ガール」、ラッツ&スター「星屑のダンスホール」などを書き、作詞家として活動を始める。
1982年、中森明菜の「少女A」の大ヒットにより作詞活動に専念。
チェッカーズを始め近藤真彦、河合奈保子, シブガキ隊などに作品を提供し、80年代歌謡曲黄金時代の一翼を担う。90年代以降も坂本龍一、矢沢永吉、ゲイシャガールズ、森進一ほか幅広いジャンルのアーティストへ作品を提供。
2016年には作詞活動35周年を迎えた。また、映画・演劇にも活動の場を広げ、脚本・監督・プロデュース業においても才能を発揮し続けている。



とても仲の良いお2人は親友同士! 共通点も多いんだとか?
お2人に、お互いのリスペクトしている部分を伺いました。

null

「売野さんが今まで生きてきて、およそ1500曲以上の詞を書いてきたこと。
その詞が、どれだけ沢山の人に夢や希望、元気を与えてきたか、それがすごいなって思いますよね」と、北原さん。

中でも北原さんが一番好きな作品は、麻倉未稀さんの歌う「ヒーロー」だそうです。
詞の中にある「愛は奇蹟を信じる力だ」この詞に、とても深い思い出が残っているそうなんです。

null

「僕の友人が病気になったときに、この曲は絶対に元気になるからって、麻倉未稀さんに頼んで歌ってもらって、それを友人に聴かせたんですよ。
すると、生存率20%と言われていた友人が、曲を聴いて1ヶ月も経たないうちに生存率70%になって、翌年3月に退院して、7月に結婚して、翌年子供ができたんです」

“本当に愛は奇蹟を信じる力だ”と感じた北原さん、「この詞を書いた人は神じゃないかと思った」そうなんですね。

一方、“売野さんから見た北原さんについて”伺うと…

「矢沢永吉さんに書いた『PURE GOLD』という曲、まさにそのままの北原さん。
HEART of GOLDなんですよ、本当に純粋な黄金の心を持っているのが北原さんですね」

null

売野さんは、北原さんのことを「音楽のような人だ」と表現されているそうで

「心が和んだり、ワクワクしたり、この世界は捨てたもんじゃないぞ、という感じ。
音楽を聴いていると心が震える、そういう感覚とと同じものを感じる人、唯一ですよね」と、売野さんは語っていました。

お2人が共演されるイベント「売野雅勇プレゼンツ 渋谷でおとなのレイディオショウ」は
10月6日日曜日、午後5時開場、午後6時スタートで、会場はeplus LIVING ROOM CAFE & DININGとなっています。

そして、「半蔵門でおとなのレイディオショウ」は↓↓↓↓↓↓↓こちらからお聞きいただくことができます!

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【ゲスト情報】

「売野雅勇 - Facebook」

「北原照久のおもちゃ博物館」

「売野雅勇プレゼンツ 渋谷でおとなのレイディオショウ vol.2 『音楽は、夢を語る〜出逢いは億千万の胸騒ぎ〜』」
  • mixiでシェアする
2019.09.22
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

「アートサロン和錆 東京店」があるのが三鷹駅、エリアは吉祥寺です。
亜土ちゃんも、吉祥寺ゆかりの作家さん!

そのご縁を活かして、今年、オープン5周年を迎えた「ユニクロ 吉祥寺店」と
現在、アートなコラボを展開中なんです!

ということで、今日はスタジオに「ユニクロ吉祥寺店」
ビジュアルストアマネージャー・小林加代子さんもお迎えして、吉祥寺の楽しみ方をお送りしました。

null

【水森亜土】
高校卒業後、ハワイのモロカイスクールへ遊学し、英語やジャズに触れる。
帰国後、NHKのテレビ番組「たのしいきょうしつ」に出演。
透明アクリルボードに両手で絵を描きながら歌うスタイルが注目を集め、
歌のおねえさんとして一躍お茶の間の人気者になる。
彼女が描き出すキュートでコケティッシュなイラストは世代を超えて愛され続け、日本の“カワイイ”文化のさきがけとなっている。



ユニクロ吉祥寺店は、5周年のアニバーサリーイヤー!
「水森亜土×ユニクロ吉祥寺店 コラボレーション企画」を開催中!

実は、吉祥寺店は都内最大級のユニクロなんだとか?

吉祥寺の中道通りの商店街入り口、7階建てのビルとなっています。
一階には、幅 15メートルの大きなウィンドウ!

7階にはスペシャルなフロアも用意されていて
“吉祥寺ならでは”の、様々なコラボレーションを企画しているそうなんです。

亜土ちゃんのイラストでデコレーションされたウィンドウはインパクト大です!

null

null

null

null

null

さらに、7階のスペシャルフロアでは、オリジナルのTシャツが作れる「UTme!」のコーナーがあります。
そこで、亜土ちゃんのイラストを使って、自分だけのオリジナル柄のTシャツが作れるんです!
開催期間は、11月の中旬までとなっています。

null

null

null
Tシャツだけではなく、バッグにもプリント可能なんです!

null

そして、SAKIちゃんによる亜土ちゃんのインタビューは、↓↓↓↓↓↓↓こちらからお聞きいただくことができます!

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【ゲスト情報】

『水森亜土オフィシャルサイト「亜土ちゃん.com」』

「水森亜土公式Facebook」

「UNIQLO|ユニクロ 吉祥寺店」

  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 46 | 47 | 48 || Next»

to top