日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2018.08.19
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、ジャズ・トランペッターの日野皓正さんです。

null

【日野皓正】
ジャズ・トランペッター。1942年東京生まれ。9歳よりトランペットを始め、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。
1967年の初リーダーアルバムをリリース以降、「ヒノテル・ブーム」を巻き起こし、国内外のツアーやフェスティバルへの出演、雑誌の表紙を飾るなど、音楽活動はもとより、ライフスタイルも話題を集め時の人となる。
1975年、NYへ渡り住み、数多くのミュージシャンと活動を共にする。
その後もヒットアルバムを連発し、1989年にはジャズの名門レーベル「ブルーノート」と日本人初の契約アーティストとなる。90年以降、「アジアを一つに」という夢のもと、アジア各国へ活動の幅を広げていく。
2001年、芸術選奨 「文部科学大臣賞」受賞、2004年には紫綬褒章、文化庁芸術祭「レコード部門 優秀賞」ほか、受賞歴多数。
近年はチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注ぎ、個展や画集の出版など、絵画の分野でもその才能を発揮。
唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る、日本を代表する国際的アーティスト。
ジャズ界だけでなく、あらゆる音楽シーンに影響を与えるカリスマ的存在である。



null

ジャズマンと言えば、薄暗いバーでお酒片手に、煙草をくゆらせ……といったイメージですが
実は日野さん、20歳の頃のにが〜い思い出から、タバコは吸わないんだとか?

一方のお酒はというと、45歳の誕生日を迎えた朝に“70歳過ぎた日本人のトランペッターで、バリバリ吹いてる人いないな”と思い、その日からお酒をやめたそうなんです!
意外なイメージでしたが、トランペットに向かう姿勢は真剣勝負そのもの!

null

null

今年中に、最新アルバムをリリースされるという日野さん。

「天の声が聞こえるようにやるだけだから
“こういう風にしろ”と言われたら、そういう風に吹いてるんじゃないかなとは思いたいんだけど。

まだ、自分がそこまで完成されてないから、そういう理想を持っているということと
人間のいやらしさ、エゴイズムがどんどん出てきてると思うんですよ。
そういうものをどんどん除いて、ピュアなものにしたいなと思っているところです」


と、これだけのキャリアを積みながらも「まだ、自分がそこまで完成されてないから」と語る日野さん
新しいアルバムにこめた想いを含めて、“ジャズ愛”について伺いました。

null

【ゲスト情報】

「Jazz Trumpeter - Terumasa Hino 日野皓正 Official Web Site」

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.08.17
8月19日、26日のゲストは、ジャズ・トランペッターの日野皓正さんをお迎えします。
お楽しみに


【ゲスト情報】

「Jazz Trumpeter - Terumasa Hino 日野皓正 Official Web Site」

null


  • mixiでシェアする
2018.08.12
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、人形劇俳優で演出家の平 常さんです。

null

【平 常】
1981年札幌市生まれ。
三味線奏者の父と薩摩琵琶法師の母のもと、物心つかない頃から人形を手にし、人形劇を自作自演するようになる。
宮沢賢治の『どんぐりと山猫』をひとり人形劇で披露し12歳で舞台デビュー。
バレエ・ジャズダンス・日本舞踊ほか様々な身体表現法を学び、研鑽を積んで19歳で上京。
ひとり芝居と人形劇を融合させた独自の表現方法を確立し、脚本・演出・音楽・美術も手掛ける「人形劇俳優・演出家」として本格的な活動を開始する。
「毛皮のマリー」で日本人形劇大賞銀賞を史上最年少の23歳で受賞、子ども向けのオリジナル作品が厚生労働省より表彰されるなど、受賞歴も多数。ミュージカル「オズの魔法使い」は大型人形劇作品として、新国立劇場などで上演。
国内のみならず海外からの招聘も受け、賞賛を受ける。
また、2010年より西新宿に立ち上げた小劇場「THEATER JO」では、定期的な作品上演やワークショップ開催ほか、他のジャンルのアーティストとのコラボレーションにも参加。
豊かな表現力と類まれなる「演じ分け」で観る者の心を揺さぶり、“人形劇の常識と概念を覆す鬼才”としてあくなき挑戦をし続けている。



null

全身を使ったダイナミックなパフォーマンスと、人形の操演技術
全身表現活動を通じて平さんが伝えたい思い、貫きとおす信念についてお話を伺いました。

「人形劇」と聞くと、“子どもが楽しむもの”というイメージをお持ちの方は多いと思いますが……平さんの作品の中には「R15指定」のもの、大人向けのストーリーのものがあるんです。
というのも、常さんは“大人こそ人形劇を楽しむべき”ということを提唱しており、
「人形劇=子供のもの」というイメージを払拭するために、泣く泣く「R-15指定」にしているそうなんです。

null

本来であれば「毛皮のマリー」も、「オペラ座の怪人」も、小さい子供から見てほしいと思うけど、人形劇というだけで子供のものと思われてしまうため、ひとつのアプローチとして「R-15指定」にしているんです。
大人の舞台というのは間がすごく重要だそうで、その間の中にいろんな想像が膨らんだり、静けさもひとつの演出になっていくそうなんです。

「私は人間を描いていますので。人の心がどれだけ豊かなのか、人の心の計り知れない豊かさ、そこをいかに表現してお客さんと共有できるか。
人の役に立つ舞台をやらないと意味がないと思っていますので、観た方が明日、明後日を生きていける糧を得られる、そういったものを提供したいですね」と、熱く語っていました。

null


【ゲスト情報】

「人形劇俳優、平常(たいらじょう)オフィシャルサイト」

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.08.05
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、人形劇俳優で演出家の平 常さんです。

null

【平 常】
1981年札幌市生まれ。
三味線奏者の父と薩摩琵琶法師の母のもと、物心つかない頃から人形を手にし、人形劇を自作自演するようになる。
宮沢賢治の『どんぐりと山猫』をひとり人形劇で披露し12歳で舞台デビュー。
バレエ・ジャズダンス・日本舞踊ほか様々な身体表現法を学び、研鑽を積んで19歳で上京。
ひとり芝居と人形劇を融合させた独自の表現方法を確立し、脚本・演出・音楽・美術も手掛ける「人形劇俳優・演出家」として本格的な活動を開始する。
「毛皮のマリー」で日本人形劇大賞銀賞を史上最年少の23歳で受賞、子ども向けのオリジナル作品が厚生労働省より表彰されるなど、受賞歴も多数。ミュージカル「オズの魔法使い」は大型人形劇作品として、新国立劇場などで上演。
国内のみならず海外からの招聘も受け、賞賛を受ける。
また、2010年より西新宿に立ち上げた小劇場「THEATER JO」では、定期的な作品上演やワークショップ開催ほか、他のジャンルのアーティストとのコラボレーションにも参加。
豊かな表現力と類まれなる「演じ分け」で観る者の心を揺さぶり、“人形劇の常識と概念を覆す鬼才”としてあくなき挑戦をし続けている。



平さんのご両親曰く、「生まれたときから人形劇が大好きで、赤ちゃんの頃から物を動かして表現することが大好きだった」という平さんですが……“きっかけ”となるものがないほど、ずっと人形と寄り添って来ました。
“人形劇をやるために生まれてきた”と、ご自身がおっしゃるほど。

小学校4年生のときに観た劇団四季の「キャッツ」に感銘を受けた平さんは“これは僕のやりたい世界だ!”と衝撃を受けました。
「歌、音楽、文学、美術……すべての文化・芸術を人形劇は詰め込めるんだ。
人形劇は最高に贅沢じゃんと思って、いろんな作品に触れれば触れるほど確信になっていきました」

幼い頃から、“人形劇をずっとやっていく人生しか考えられなかった”という平さん、表現活動の幅を広げるきっかけになった出会い、そして、人形劇の常識と概念をくつがえす存在になっていくまでの軌跡を伺いました。

null

null

【ゲスト情報】

「人形劇俳優、平常(たいらじょう)オフィシャルサイト」

----------------------------------------------------
この放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます。(1週間限定)
■番組聴取は【コチラから】(無料)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員(有料)へのご登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
  • mixiでシェアする
2018.08.03
8月5日、12日のゲストは、人形劇俳優で演出家の平 常さんをお迎えします。
お楽しみに


【ゲスト情報】

「人形劇俳優、平常(たいらじょう)オフィシャルサイト」公式ホームページ

null
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»

to top