今週のレシピ

フードコーディネーターご紹介 料理研究家「荻原和歌」

山形県鶴岡市出身、料理研究家。
フリーペーパー『R25』では和歌ネエとして「おつメシ道場」「Bar25」などの連載を持ち、人気を集めている。

また、雑誌『ダ・ヴィンチ』でのコラム連載をはじめ、TVの料理番組や雑誌・WEBにも多数出演。
自身のフリーランスの編集ライターという多忙な仕事と家庭の両立という経験から生まれた忙しい人向けの料理が支持される。

料理初心者でも簡単にできる料理・キレイになりたい女性のための野菜料理を提案し多くのファンを持つ。自身のブログで紹介する簡単レシピは大きな反響を呼んでいる!

著書に「野菜で100品 簡単!おいしい!ヘルシー!」(三笠書房)や「ドかんたんレシピめんどくさがり屋で忙しい女子のため」(主婦の友社)など多数。

◎材料
万願寺唐辛子 10本〜
しょうゆ 大さじ1
かつおぶし 1袋

◎作り方
1. 万願寺唐辛子はヘタを外して食べやすく切り、茹でる。
2. 1を食べやすく切り、しょうゆをからめ、袋の上から揉んで細かくしたかつおぶしをまぶす。
◎材料
丸ナス 5〜6個(揚げ物にむく種類なら何でもよい)
砂糖 大さじ1
味噌 大さじ1
さきイカ 10g
酒 大さじ1

揚油 適量


◎作り方
1. 丸ナスは半分に切って水気を拭き取り中温で揚げる。
2. さきイカを刻み、鍋に入れ酒を入れて5分ほどおき、砂糖、味噌を加えて弱火で好みのとろみがつくまで混ぜながら加熱する。
3. 1に2をかけて供する。

だだちゃ豆

2018/9/1
◎材料
なるべく新鮮なだだちゃ豆 1袋
お湯 2リットル〜
塩 適量

◎作り方
1. 鍋にお湯を沸かし、塩をふりかけ全体にもみこんだだだちゃ豆を茹でる。
好みの茹で加減(さやの口がうっすら開く、香りがたってくるなどが目安)になったらざるに上げ、氷水で一気に冷やし、塩をふって供する。塩加減は強めの方がおいしい。