語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2020年07月12日(日)

お宝発見!

ボクの宿主は55歳のあかりさんです。

彼女、実家の食器棚をお片づけ中。

あかりさん:「お父さんもお母さんも、モノが捨てられない性格なのはわかるけど、少しは整理しないと使いづらいでしょ〜」

あかりさんが嫁いで25年。
実家はモノでいっぱいです!

あかりさん:「はぁ〜、めんどうだな〜」

ブツブツ言いながらも、テキパキ片付けるあかりさん。

すると…。

あかりさん:「あれ?」

棚の奥から、古ぼけた箱が。

お父さん:「あぁ、それは結婚の時にな、お祝いでもらったもんだけど、あの頃はもったいなくて使えなくてな〜。」

もう50年以上も前だよね。

お父さん:「いまじゃデザインも古臭くて、使う気にはならんだろうなぁ〜」

そう言って、箱を開けてみるお父さん。

あかりさん:「えー、意外。昭和レトロで、逆にいいんじゃない?!」

現れたのは、飴色のフルーツ皿。
確かに、味があっていい感じ。
思いがけず、お宝発見だね!

あかりさん:「もしかして、この家は…」

お父さん:「宝の山かもな。」

あは! 二人とも、整理整頓に目覚めたんじゃない?!

ボクら乳酸菌は、いつもおなかの中を整理整頓しているよ。
健康っていうお宝が手に入るんだ!

じゃあ、また、日曜のお昼に!
| Next»