語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2019年03月17日(日)

We Are SMAP!

ボクの宿主は59歳。
平成の大半をSMAPと共に過ごしてきた、スミレさんです。

今は、DVDでライブ映像を観るだけの日々。

スミレさん:「SMAPは解散しちゃうし、平成も、もうすぐ終わりだし…。
月日の流れを感じるな〜。」

スミレさんがSMAPのファンになったのは、24年前。
息子のユウくんが闘病中のこと。


辛い治療の毎日で、
唯一、ユウくんを笑わせてくれたのが、
テレビの中のSMAPだったんだよね。

ユウくん:「ボク、大きくなったら、SMAPになる!」

スミレさん:「へー、じゃあ、退院したら、ママと一緒にライブに行こうね!」

そう言って、励まし続け、無事に退院。

それからは、一緒に全国のライブを巡って、ついでに観光もして、
SMAPのおかげで、平成は楽しい思い出がいっぱいできたよね。


ユウくん:「ただいま〜。」

あっ、ユウくんのお帰りだ!

ユウくん:「はい、おかあさん、出張土産!」

スミレさん:「ありがとう!」

ユウくん:「あれ?そのライブ・ビデオ、2010年の『We Are SMAP!』でしょ?!」

スミレさん:「あったり〜!」

あは!大人になったユウくんとスミレさんは、
今でも、とってもいい関係!

SMAPにはなれなかったユウくんだけど、
健康になってくれて、本当に良かったね。

乳酸菌は、たくさん種類があるけれど、
ボクはみんなにとって、
もっともっと特別なオンーワンになりたいなぁ〜

じゃあ、また、日曜のお昼に!

| Next»