今週も先週に引き続き、『森林ジャーナリスト』の田中淳夫さんのインタビューです。
森と人との関係をテーマに取材、執筆活動を続けている田中さん。今日は、森の「いやし効果」をめぐる、ある活動についてジャーナリストとしての視点でお話いただきます。


〜「森は怪しいワンダーランド」のなかで、森林セラピーのことについてもお話されていますね。
私は仕事も含め、個人的にも森歩きはしょっちゅうしています。森を歩くとやっぱり気持ちいいんですよ。仕事で行き詰まっていても、森を歩くとすきっとして、新しいアイデアが浮かんだりとか、体も肩こりが治ったり。だから、森を歩くことの効用はものすごく感じています。もともとはそれは「森林浴」といわれていたのですが、それをもっと科学的に調べてみようという人がいまして、実際に調べてみると、森を歩くと血圧が下がるとか、脳波がおだやかになるとか、そういう効果があるんだということがわかってきました。それが森林療法と呼ばれるようになったんですが、それに目をつけて始まったのが森林セラピーなんですね。言葉は似てますが、これは地域づくり、まちおこしなんです。つまり、「森を歩くと健康になれる」といって人を呼ぼうっていう、一種の観光のメニューなんですね。ですから、森林セラピー基地などが設けられているんですが、それはなんとか客に来て欲しいということでやっているので、「健康になりたい」ということと微妙にずれがあるんじゃないかなと思いますね。だから、本当は一人、二人で歩くのがいいのに、何十人がぞろぞろ歩くイベントとしてやってしまったりとか、ガイドの資格制度がつくられて、免許をとらないといけないようになってしまったり、いろいろなことがあって、本来の思いと現在の実際の内容がだいぶおかしくなっているんじゃないかなということを感じています。

〜でも勉強することは意味ありますよね?
はいそうですね。内容は悪いことは書いていませんしね。もっと昔から「森林インストラクター」というものもあります。それはまさに森林の知識をつけて、他の人に森を案内するインストラクターです。それはそれでまたいい勉強になるんじゃないかなと思います。

〜森林を気持ちよく歩くためにこんな歩き方がいいというのはありますか?
森林セラピー基地でも見かけるのですが、登山になってしまっている人もいるんですよね。最後まで歩くぞ!っていってせっせと歩いている方もいらっしゃいます。それはちょっと違うんじゃないかなと思います。歩く過程に意味があるので、そんなに速度も上げなくてもいいですし、立ち止まるということも必要なんですね。たとえば、大きな木の下に座り込むとか、それも森林セラピーの一種になりますしね。ゆったりと周りの自然を感じながら歩くのが、森林セラピー、森林療法の効果なんじゃないかと思います。

〜田中さんご自身、プライベートでも森に接してますか?
私が住んでいるのは奈良県の生駒市で、大阪と奈良県の間にある生駒山の山麓なんですね。家のすぐとなりが山の始まりで、原稿が煮詰まると森に入って歩きまわるのは、日課みたいなものです。いわゆる里山で、道もたくさんハイキングコースみたいなのがあるんですが、ここに谷があるから、ちょっと下りてみようと行ってしまったり、そういうふうに知らないところを探して行ってしまう感じですよね。

〜本の中で、谷に落ちたっていう話がありましたよね。
低い山だし、そんなにでこぼも無いから、道がなくても森を突っ切ったら次の街に出るだろうと気軽に入っていったんですよね。そうしたら、大した高低差は無いと思ってたら、森のなかには3〜5mの崖があって、そこに川が流れていたり、狭い地域なのに以外なほど知られていない場所があって、そこを進んでいたらずるずると落ちてしまって痛い目にあったりしています。100m行けば住宅地が拡がっていて、そこに小学校があって、校内放送が聞こえているんですよ。そこで転んで遭難しかけてたんです。そういう意味では怖いですよ。そこで足を痛めて歩けなくなっていたら、それは本当に危ないですよね。

〜その里山は、田中さんご自身なにか活用されていますか?
生駒山のごく一部なんですが、うちで持っている部分があるんですね。そこが雑木林でそこで遊んでいるんです。あまりにも茂ってたら切り開いたり、また植えてみたりとか。デッキを築いたり、一時はツリーハウスづくりもやっていたんですけどね。そういうちょっとした遊びも森と遊ぶ醍醐味みたいなものですよね。これからの季節はタケノコが出てくるんです。これも竹が増えするという問題はあるんですけど、わたしはタケノコを掘るのをいちばんの楽しみにしています。

〜最後に、森林ジャーナリストとして、これからどんなことを伝えていきたいと思っていらっしゃいますか?
やはり、森の本当の姿を知ってほしいという気持ちはあります。一時期は、森のことをみんなに伝えようと思ってると、どうしても自然科学的に論じてしまうことがあって、小難しくなっちゃうんですよね。でも、今回書いた本のように、科学的な面もあるけれども、一方で精霊の話のような、不思議な世界もある。その両面があるのが森だと思うんですね。どっちも知っていただくと、本当の森のおもしろさがわかる。森のことを知らないと、森を破壊してもなんとも思わないんですね。森のことを知っていると、たとえばそこを開発するために伐採してしまおうというときに、「ちょっと待てよ」っていう気持ちになるんじゃないかと思うんです。ぜひ正しい姿を知って、楽しんでいただきたい。森と人とのつきあい方をぜひみなさんで考えていただきたいなと思っています。

森林ジャーナリスト田中淳夫さんのお話しを3回にわたってお届けしましたがいかがでしたでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください。

田中淳夫さんの本「森は怪しいワンダーランド」のプレゼントへのたくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送を持って代えさせていただきます。たのしみに待っていてくださいね!

「森は怪しいワンダーランド」新泉社 田中淳夫著

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Dirty Work / Austin Mahone
・かわいいひと / チャットモンチー
今週も先週に引き続き、『森林ジャーナリスト』の田中淳夫さんのインタビューをお届けします。
森と人との関係をテーマに取材、執筆活動を続けている田中さん。海外の森に入ることも大変多いということなんですが、今日は田中さんがこれまでに出会った、森のなかでの不思議な体験について、色々伺います。


〜田中さんは森と人をテーマにしたいろいろな本を出されていますが、最新刊が「森は怪しいワンダーランド」。タイトルからしてとてもわくわくするのですが、この本では田中さんが体験した世界の森のお話がたくさん書かれています。いくつか教えていただけますでしょうか。
わたしは全然霊感のようなものが無いのですが、何年か前に南太平洋のソロモン諸島に行ったんです。これは学生の探検部と一緒に、そこにある洞窟を調査する目的で行ったんです。ソロモン諸島のなかにシンボ島という小さな島がありまして、そこに火山洞窟があるということで行きました。そこの地元の村の方々に泊めていただいて、5人で生活をしながら洞窟を調べるということをやっていました。
ある夜、5人とも寝ていたのですが、私だけふと目が覚めると、小屋の外から音がするんです。はじめは誰かが騒いでいるのかなと思ったのですが、だんだん笑い声が聞こえてきて、歌声が聞こえてきて、犬の鳴き声が聞こえてきて、お祭りをやってるんだなと思ったんです。見に行きたいと思ったのですが、よそ者が勝手に覗いていいのかななどと考えていたら、どんどん声が大きくなって、小屋の周りが全部騒ぎ出したんです。これはぜひ覗きに行きたいと思って、起き上がって外へ出たら、ぱたっと音が消えた。周りを見ても誰もいない。街灯もないようなとことですから、真っ暗闇で月の光だけなんですね。不思議だなと思って、翌朝村の人に聞いたら、精霊が出たんだろうって言うんです。一緒に行った学生たちに聞いても全然気づいていない。私だけが経験したんですね。これは空耳ではないってわざわざノートにメモを取っているんです。


〜田中さんが精霊の話を地元の方に聞いても当たり前みたいな感じなんですか?
いまはだいぶ時代が変わってきて、もうそんなの昔話だよという人もいるんですが、子どものころ見たという人も結構いらっしゃるんですね。ほんの少し前まで、精霊と一緒に生きていたという人たちなので、そういうのを感じる能力があって、いまは全然感じないけど、昔子どものころ、精霊よく出たな、って皆さんいいますよね。

〜他にもなにか不思議な体験がありますか?
国内では、私は仕事もあって、紀伊半島の中の山村巡りもしたのですが、せっかくだから、キャンプして、夜は森のなかで寝ようと思ったんです。車で行っていたんですが、テントを貼ろうとしたら雨が降ってきたので、しょうがないから車の中で寝ていたのですが、暇ですよね。だからカーラジオのスイッチを入れて聞いていたら、始まったのが怪談なんです。それも山で遭難する話なんです。わたしは霊感がないので怖くはないのですが、ふーんと聞いていて、そのうちに電波が乱れてきたのでチューナーをいじったら、電波が入る局があったんです。そうしたらまた同じ怪談話がはじまるんです。でもこれはキー局の番組を系列局が流しているんだと思って切ったんです。でもやっぱり暇なのでまたスイッチを入れたら、また同じ怪談が始まったんです(笑)さすがに同じ怪談を3回聞いたらやっぱり気分悪かったですよ。その晩は眠れませんでしたね。

〜そういう森のなかで見たり感じたりするものってなにかあると思いますか?
精霊がいるかどうかというのはその人たちの感じ方で、絶対にないとは言えません。私自身も感じたわけですから。でも森に何の興味もない人は森に行ってもなにも感じないと思うんですね。やっぱり森に興味があって、未知の部分を感じていたりとか、憧れているとか、そういうものを持っている方が、感じたりするんでしょうね。実際にいるのか、頭の中だけで感じているのかわかりませんが、そういう思いがいちばん必要なんじゃないかと思うんですね。

〜番組では奄美のケンムンという精霊の話を取り上げたこともあるのですが、田中さんはケンムンはいると思いますか?
私自身がケンムンを感じたということは無いのですが、そういう話は聞きますよね。沖縄ではキジムナーという名前になって存在するという話もあります。沖縄でも同じような経験があって、私は全然霊的なものは感じないのに、ある森に行ったらビンビン何か響くんですよ。空気が圧迫されているような感じで、そいうい森があるんですね。その森は地元では聖なる木があるとされている森だったんですね。

〜やっぱり科学では説明できないものっていうのはきっとありますよね。
樹齢1000年、2000年の木を見てなにかを感じたり、あるいは岩なんかでも感じるという方がいますよね。そういう大きな自然物はなにか感じるという人もいるわけですよね。だからそいう自然に対する崇拝とか憧れとか、そいういう気持ちが心のなかにあるんだろうと思うんです。特に日本人は自然を敬う気持ちを持っていて、それが無意識に出てくるものなんじゃないかと思うんですけどね。

〜田中さんが日本や世界の森を取材していく中で、木とか岩とか、印象深かったものってありますか?
私はボルネオによく通っていたことがあるのですが、熱帯雨林を行くと、森の中にはものすごい数の生物がいて、動物もいれば昆虫もいれば、菌類のような目に見えないものもいっぱいいて、それに自分は囲まれているんだと思うと、なにか感じるものはありますよね。

田中さんのお話いかがだったでしょうか。今回のインタビューにも出てきました田中さんのご本、新泉社から発売中の『森は怪しいワンダーランド』を3名の方にプレゼントしたいと思います。
ご希望の方は、番組のウェブサイト”MESSAGE”のところから「プレゼント希望」と書いて、2/24(金)までにご応募ください。ご住所、お名前も忘れずに!

「森は怪しいワンダーランド」新泉社 田中淳夫著

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Paris / The Chainsmokers
・りんごの木 / 大橋トリオ
«Prev || 1 | 2 || Next»

PAGE TOP