2017年4月28日

4月28日 福島大学経済経営学類 マクマイケル・ウィリアムさん(2)

今朝も昨日に引き続き、海外から学生を迎え、福島県内の被災地域を見学するスタディーツアーを行なっている福島大学経済経営学類 助教、マクマイケル・ウィリアムさんのお話しです。

カナダ・バンクーバー出身のマクマイケルさんは、震災前から福島に住み、2011年の東日本大震災と、それに伴う福島第一原発の爆発事故のあとも福島の復興のために力を尽くしたいと、帰国はせず、活動を続けています。子どもの頃に伝記を読んだ新渡戸稲造に憧れて、“いつかは自分も日本と世界を結ぶ懸け橋になりたい”、と考えていたマクマイケルさん。じつは震災が起きた時、奥さまは懐妊中で、バンクーバーの両親も帰ってくるように言っていたそうですが、“今こそ、力を尽くす時”、と決意して、2012年からスタディーツアーを続けています。
今年1月に10回目のツアーを行いましたが、その時に感じた、「風化」、そして「手ごたえ」について伺いました。

◆「福島の過去現在未来を、足跡をたどるように」
福島のことっていま日本人が思ってる以上に海外に伝わってないんですね。2012年に初めてプログラムをやった時と、今年1月に10回目のプログラムをやったんですけど、正直、プログラム初日、成田空港に迎えに行って福島に連れてくるんですけど、その時点での学生たちの福島の知識というのは、2012年の頃と変化は見られないです。分かり易い例で言いますと、福島駅に降りた瞬間に、「この町はぜんぶ再建されたの?」とか「瓦礫はどこにあるの?」とか、そういう質問が普通に出てきたんですね。いまだに福島の情報というのが震災直後で止まってしまっている。なのでこのスタディーツアーでは、2週間かけてしっかり包括的に福島の過去現在未来を、足跡をたどるように、沿岸部も行きますし、あともちろん線量を見ながらですけど帰還困難区域にも入ったり、逆に解除された地域にも、あの1月の時は解除されてませんでしたけど直前だった富岡や浪江も集中的に訪れまして、で彼らに伝えたかったのは、解除と言ってもゴールではなくてスタートしたばかりというのを感じてほしくて、まだまだライフラインも間に合ってないですし、戻ってくる人もちょっとずつちょっとずつ戻ってくるというところを彼らに分かってもらって、これから一緒に何が出来るか考えてほしいと思ってそういう地域も訪れました。あと福島第一原子力発電所、第二電力発電所も訪問させて頂いてます。とくに住民の方との交流も交えながら学んでいくんですけど、そうしていくと皆さん理解してもらえますし、逆にそこまで2週間くらいかけてしっかり丁寧に丁寧に6年経った今だからこそ丁寧に説明しないとなかなか理解してくれないくらい風化とかイメージの固定化が強いので、そうやると帰る頃は皆さん、福島に対するイメージがあまりなかったからかもしれませんけど、「こんなに面白いところなんだ」とか「こんなに復興に向けて頑張ってる人たちがいるんだ」とか「こんなにすごいイノベーションが生まれているんだ」とか、福島を大好きになって帰ってくれるので、いまだに2012年に帰った子たちと連絡とりあってますし、中にはプログラムのあと長期留学や仕事で福島に戻ってきた子もいまして、皆さん福島に情愛を感じて、“福島のこと正しく伝えるのが私の使命だ”と私みたいになって帰ってくれるので、そういった意味では頼もしいですし、手ごたえを感じますね。


ツアーには海外の学生のほか、福島大学をはじめ県内の大学生も参加。この学生同士の交流も大きな目的の一つなんだとか。今年も夏に11回目のツアーが行われます。

★ ★ ★ ★ ★ ★

今週は、福島から美味しい旬の味を毎日プレゼントしています!
今朝は『LOVE&HOPE』でも何度かご紹介しました、津波の被害から水耕栽培でよみがえった、相馬市「和田観光いちご園」の美味しいイチゴ を3名様にプレゼントします!

メッセージフォームから、ぜひ番組の感想とともにご応募ください!

2017年4月27日

4月27日 福島大学経済経営学類 マクマイケル・ウィリアムさん

今日と明日の2日間は、海外から学生を迎え、福島県内の被災地域を見学するスタディーツアーを行なっている福島大学経済経営学類 助教、マクマイケル・ウィリアムさんのお話しです。カナダ・バンクーバー出身のマクマイケルさんは震災前から福島に住み、2011年の東日本大震災とそれに伴う福島第一原発の爆発事故のあとも福島の復興のために力を尽くしたいと、帰国はせず活動を続けています。

マクマイケルさんがライフワークとしているスタディーツアー、まずはその立ち上げの経緯について伺いました。

◆福島ファンが考えるスタディーツアー
震災が福島であって、けっこう海外で福島の情報が正しく伝わってなかったんです。私はじつは自他ともに認める『カナダ人いちの福島ファン』と呼ばれていて、本当にそれが悔しかったんです。ただそこでいくらネットとかで発信してもなかなか伝わらないなと思ったので、じゃどうしよう?と考えた結論が、私みたいに福島のことをよく分かって、大好きでいてくれて発信力のある人材を育てようと決めまして、それで2012年6月が1回目だったんですけど、毎年2回くらいのペースで「福島アンバサダーズプログラム」と呼ばれるスタディーツアーを行なっています。


震災後しばらくは、「福島市は人ひとり住んでいないゴーストタウン」など事実と違う情報が海外メディアで伝えられて、それが信じられていたようです。それがどうしても許せなかった、「カナダ人一の福島ファン」マクマイケルさん。どういう経緯で福島に住むようになって、そして愛情を深めていったんでしょうか?最初は、福島が日本のどこにあるのかすら知らなかったんだそうです。

◆「今しかない」福島に恩返しを
もともとのきっかけは外務省の「ジェットプログラム」。都道府県の小中高に英語の先生を派遣するというものと、地域の国際化を進める国際交流員を派遣するというもので、ぼくは国際交流員として参加することになりました。ただどこに派遣されるかはわからなくて、たまたま派遣されたのが福島県でした。最初は福島がどこにあるかも分からなくて、1年くらい働いて、いやだったらカナダに帰ればいいかという気持ちで行ったんですけど、本当に福島は素晴らしいところで、自然、美味しい食文化、外国人が日本に求めるすべてのものが、優しい人も含めて詰まっていたので大好きになってしまって、仕事の人気は2010年に終わったんですけど、福島大学に空きが出てそのまま現在に至る感じです。で、あの日は会議の準備をしていまして、急に揺れはじめまして、カナダってぜんぜん地震ないんですね。なので経験したことのない揺れだったんですけど、ちょっと揺れが収まった時に荷物を取りに大学の建物の中に入ってテレビを点けたら津波の映像。相馬や南相馬、自分の大好きな心から愛してる場所が呑まれるショッキングな映像を見てしまって、で、その時に思ったのが、「今しかない」。いま自分の力を使って福島に恩返しをしなきゃいけないと思ったんです。これからの自分のキャリアかけて福島の力になりたいと。それまで本当に福島に良くして頂いていたので、恩返ししたいと心から強く思いました。鮮明に覚えてますね。


マクマイケルさんによると、ツアーでは、新しく生まれている産業施設などと共に避難指示解除準備区域や、福島第一原発も案内して、避難生活を送る住民との交流も行なっているということ。今年も夏に11回目のツアーが行われます。

『LOVE&HOPE』、明日もマクマイケルさんのお話し、お届けします。

★ ★ ★ ★ ★ ★

今週は、福島から美味しい旬の味を毎日プレゼントしています!
今朝は『LOVE&HOPE』でも何度かご紹介しました、津波の被害から水耕栽培でよみがえった、相馬市「和田観光いちご園」の美味しいイチゴ を3名様にプレゼントします!

メッセージフォームから、ぜひ番組の感想とともにご応募ください!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 696 | 697 | 698 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN