2018年6月21日

6月21日 高槻市ガス供給停止で飲食店は

今朝も大阪府北部で起きた地震、被災地からのレポートをお伝えします。

この地震による影響で、高槻市、茨木市などの11万戸余りでガスの供給停止が続き、25日をめどに復旧する見通しだということです。大阪ガスでは、全国のガス会社からの応援人員を2900名増員しても「1軒ずつ安全確認をする必要があり、1週間かかる」ということ。

今朝は、およそ4万5000戸でガスが止まっている高槻市から、1940年創業の食堂「多津屋」3代目店長 はなだじゅん さんに今の状況伺いました。

◆ガスが使えないだけで、なに不自由なく
水道はここから車で10分ぐらい行ったところで水道管が破裂した事故があったみたいですけど、水は出ます。たまに茶色い水が出ることもありますが、水はでます。あとはガスが今止まっていますね。地震がおきて15分くらいしてからガスが止まりました。うちの周りの飲食店さんやガスを使うパーマ屋さんなどはお店を閉めています。ニュースを聞く限りでは、今週いっぱいは営業できないのかなと思っています。月曜以降に復旧するのかな?とはてなマークでおります今。自宅は店から5分〜10分のところにありますので店と同じ状況でガス出ません。生活に関してはガスが使えないだけなので、別に不自由なく過ごしています。風呂に関しては夕方にちゃっと水でも浴びて済まそうかなとかね、料理に関してはレンジでチンできるようなものを揃えているのでまだ不自由はしていませんね(笑)。ガスだけですね、なんとかしてほしいのは。店が営業できないこと自体が不便もなにもないんで、
この周りだけかもしれないですけど意外にみなさん元気というか、気丈な方ばかりなので、「あれ大丈夫か?これ大丈夫か?」と言ってもらうのも嬉しいんですけど、「なにか手伝おうか?」とひとこと言ってもらうだけでこちらもほっとします。こちらから助けてくれ、とは誰も言わないと思うので。あまり気にせんと、声をかけてもらえいたいです。「被災あって大変やろ?」とか気にしないで、「大丈夫か、どうしてる?」程度で大丈夫だと思います。


今止まっている都市ガス、1週間=25日をめどに復旧する見込みということで、お店が再開したときどんなメニューを食べていただきたいか、伺いました!

◆待ってました!とばかりに来てほしい
普段通りのものを食べていただきたいですね。カツを卵とじしたものなんですけど、ダブルカツとかダブルカレーとかいう商品を食べにきて、「あ〜これあって良かった!」って言われたいですね。近隣のお客さんがほぼで、毎日とは言わないけど2日〜3日に一回程度来てくれるお客さんばかりでうちもってますので、待ってました!とばかりに来てほしいですね。


今朝は、およそ4万5000戸でガスが止まっている高槻市から、1940年創業の食堂「多津屋」店長 はなだじゅんさんのお話でした。

ライフラインの復旧も対応が急がれますが、今回の地震に伴う「家の片付け」などをお手伝いするボランティア活動もはじまっています。
大阪府、各自治体で災害ボランティアセンターが設置されています。
設置されているのは、吹田市、高槻市、茨木市、枚方市、豊中市
支援されたい方、したい方、詳しくは各自治体のホームページなどでご確認ください。

2018年6月20日

6月20日 大阪府箕面市コミュニティFMからのレポート

今朝も大阪府北部で起きた地震の被災地から、最新情報をお伝えします。

気象庁は、地震で地盤が緩んでいるのに加えて、昨日からの雨で “土砂災害” に警戒を呼び掛けています。
きのう夕方、箕面市の一部、5世帯に、直ちに避難が必要な「避難指示」が出ました。このほか崖崩れのおそれがあるなどとして、枚方市の12世帯と、高槻市の12世帯に「避難勧告」が出ています。

箕面市のコミュニティFM、「タッキー816みのおエフエム」から、小川亮さんに伝えてもらいます。

Q:今日、未明からこの時間までの雨の様子、箕面市ではいかがですか?

当初深夜にかけて激しい雨の恐れがありましたが、朝6時までは激しい雨は降っていませんでした。ただ6時を境に徐々に雨が強くなっている印象です。

Q:みのおエフエムでは現在、緊急災害情報を発信中ということで、今朝も小川さんは箕面市の災害対策本部に張り付いていらっしゃいます。これまでに入ってきている箕面市の被災状況、いかがですか?

昨日まで一部の地域で断水が発生していたんですが、昨日夕方全エリアで水道が復旧しました。

その他、地震の影響で地盤が緩んでいるので土砂災害の危険が上がってきていますので、警戒が強くなってきています。

Q:そんな中、放送で住民の皆さんに呼び掛けていることは?

今、市内14カ所で避難所が開設されていまして、そのうち13カ所で231名が避難されています。まだ市内で避難が必要な地域がありますので、引き続き放送のほうで避難を呼び掛けてまいります。

Q:これだけ、この後雨が強くなる予報が出ていますので、いま避難勧告が出ていない地域でも避難した方がいいところありますよね?

箕面市は北側に山がありますので土砂災害と隣り合わせという土地柄でもあります。
実は私の家も避難区域の場所にありまして、家族は実家の方で避難させているところです。エリア外でも自分の判断で避難された方が良いかと思います。

(箕面市では昨日の時点で、ガケ崩れの土砂災害警戒区域に「避難準備・高齢者等避難開始」を発令。ご高齢のかた、小さい子ども連れのかたなど避難に時間がかかる方へ、明るいうちの避難誘導を呼びかけている。)

Q:今日、学校などは休校に?

20日は、市内の小中学校・幼稚園・保育園全て休校・休園となっています。高校も山際の高校は土砂災害の危険があるということで休校になっています。

Q:小川さんの目からみて、住民の皆さんの表情はいかがですか?

大きな揺れがあった割には今のところみなさん落ち着いて行動していただけているなという印象です。今度も大きな余震に備えて皆さん各自準備をしている状況かと思います。


箕面市のコミュニティFM「タッキー816みのおエフエム」では放送とインターネットを通じて緊急災害情報発信中。詳しはこちらをご覧ください。

LOVE&HOPE、この時間は大阪府北部の地震について、最新の情報をお伝えしました。

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 839 | 840 | 841 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN