2016年9月28日

9月28日 石巻の楽器店サルコヤの「奇跡のピアノ」3

宮城県石巻市の楽器店「サルコヤ」のご主人が、一台、また一台と再生させている、津波を乗り越えたピアノをめぐるレポートです。



「サルコヤ」 代表・井上晃雄さんが再生した6台のピアノ。その一つは、シンディ・ローパーが購入、地元有志との連盟のプレートが付けられて地元の市立病院に寄付され、その他のピアノも被災した東北の小学校はじめ、各地に届けられています。一方、第1号の再生ピアノは、いまもサルコヤのお店の一角に展示されていて、試し弾きをすることも可能です。

そして、サルコヤは、2階で子どもたちのためのピアノ教室も続けています。今回、このピアノ教室で講師を努めているツダ・ケイシさんに、第1号再生ピアノを演奏していただきました。

※ベートーヴェン ピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」を演奏していただきました。

◆津波に負けてられるか!
私が一番ピアノを直す気持ちになったのは、これだけ全部津波でやられていいかげんに頭にきたから。よーし津波になんか負けてられるかと。津波に負けないで直したというのが価値があるんじゃないかと。私は元々そういうのが好きですから(笑)だから復興とピアノの再生と、二兎を追って二兎を捕まえようと。この建物(サルコヤ)は満足な設計もなく私が勝手に立てたんです。ですからうちの母ちゃんと、「30年以内に大きな地震が来る。そうしたら潰れるからいさぎよく商売をやめて老後を楽しもう」と話していたんですが、残っているんです。残っていたらやらざるを得ないでしょ商売(笑) 仕方ないからやりましょうと。音楽教室もやっていたし。こんな大災害を受けたのに、震災の1週間後、10日後には子どもたちが「ピアノ教室はいつから始めるんですか」と言ってきた。子どものそういう声がなければ(やらなかった)。それが大きいですね。結論としては私は直すのが好きなんですね(笑)考えてみればあと4〜5年で(お店が)100年を迎えると。それまではやりたい。


親子三代にわたりこの場所でご商売を続け、お店ももうすぐ創業100年。ご自身も今年87歳となった井上さんですが、まだまだこれからも、復興の象徴・ピアノの再生を続けていくことになりそうです。

★サルコヤのウェブサイトはこちら

2016年9月27日

9月27日 石巻の楽器店サルコヤの「奇跡のピアノ」2

今朝も宮城県石巻市の楽器店「サルコヤ」ご主人が、一台、また一台と再生させている奇跡のピアノをめぐるレポートです。


石巻の中心街にある楽器店「サルコヤ」 代表・井上晃雄さんは、津波で使えなくなったピアノを、コツコツと修理し続け、これまで6台のピアノを再生。再び音色を取り戻したピアノの音色は、たくさんの人々の心を動かしていきました。その中には、このバンドの名前もあったんです。

◆RADWIMPSも動いた!
ラッドウィンプスというグループサウンズご存知ですか。(※スタッフ2人同時に「バンドですね」とツッコみました笑)。彼らから「被災したピアノはあと1台ないですか」と聞かれ、いやうちには何台もあると言ったら、「1台直してくれ」と言われた。そして直してあげたら仙台で大装置のステージを作ってピアノを中心としたコサーとをやった。ラッドウィンプスのファンが2万人集まった。いや〜すごいなと思いましたね。コンサートのために作ったピアノだから「どこかに寄付してくれ」と言われて、ちょうど湊小学校にピアノがないからということで盛っていってプレゼントしました。これまで修理したピアノは1号がうちの店にあって、2号が愛知県弥富、3号は淡路島、4号が湊小学校。そして5号はボランティアで45号線にある被災したピアノを全部修理して学校の校歌を歌うという趣旨の活動だという。でもうちも被災しているしボランティアでやるわけにはいかないよ、と言ったんだけど、「たのむ」と言われて、釜石の手前にとうぎというところへ行ったら学校は影も形もなく全壊で、体育館だけ残っていてピアノがひっくり返っていた。「これを直してもらえませんか」といわれて、そういうのを見ると私は直したくなる性分だから、直しましょうということになった。それが5号。でもよく私もお金の保証もないのにね。お母ちゃんに怒られました。ああいうのを見るとムラムラと直したくなるんですね。馬鹿な性分ですね(笑)


ということで、一番最初に修理したピアノは、いまもサルコヤに展示されています。
そしてRADWIMPSだけでなく、ジャズピアニスト・上原ひろみさんなど、たくさんの音楽家を動かしてきたサルコヤの再生ピアノ。その音色を響かせたいと、ついには、こんな大物の方までお店にやってきました。

◆世界の歌姫も!
これは募金募集で、音楽評論家・湯川れい子さんとクミコさんで記者会見をやったんです。それを湯川れい子さんが覚えていて、シンディ・ローパーが東北見舞いに来る時にお店に連れてきたんです。お店に入るなり「このピアノをくれ」って言うんです。でもこれは売れないといったら、別のピアノはないかと言うので、ちょうど直したばかりのアップライトピアノがあったので、それを提案したら「それでいい」と。シンディ・ローパーさんとの関係はそれから始まったんです。そのピアノは石巻市立病院に収めました。湯川さんがアメリカに電話して祝辞をもらいたいとオファーしたが、どうしても来日できなかったんですが、その後に来年来日するということがわかり、こっちに来るんじゃないかと密かに期待しています(笑) (お会いになるまでシンディ・ローパーさんという存在は?)知らないですよ。純クラシックっですから。有名な歌手にしては小作りだし、店入ってチョロチョロしていて・・・(笑)


シンディ・ローパーは、2011年3月11日、ちょうどコンサートで来日しており、震災を目の当たりにした彼女は帰国せず日本に残り、コンサートと支援活動をしたことは有名です。親日家でもあり、被災地にずっと寄り添ってくれているシンディ・ローパーらしいエピソードですよね。井上さんはシンディ・ローパーを知らなかったそうですけど、心は通い合ったわけです! 近いうちに、サルコヤの再生ピアノで彼女が歌う姿が観られたら…素晴らしいですね!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 631 | 632 | 633 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見はこちらから

2016 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • アステラス製薬
  • TOKYO FM
  • JFN