2017年6月29日

6月29日 開沼博(4) −ふるさとへの帰還−

今週は福島学のスペシャリスト、立命館大学准教授、開沼博さんのインタビューをお届けしています。

福島県ではこの春、浪江町など4つの町村で帰還困難区域を除き、町民村民への避難指示が解除になりました。今回避難指示解除の対象となったのは、3万2000人。避難区域は、2013年に再編された時の3分の1に縮小しました。

◆多くが日常に戻る中で、孤立化してしまう人がいる現状
福島では徐々に避難指示が解除されていまに至っています。よくニュースで聴くのが、福島で一度人が避難した地域で、「帰ってきていいよということになったんだけど、結局まだ1割も帰ってきていないんです」、という言い方が全国ニュースなどでされるんです。直近で言うと、この春に避難指示解除になった富岡町とか浪江町などですけど、しかし1割も人が帰っていないという言い方がされる一方で、実は最初のころに避難指示が解除されて人が帰るようになった広野町では8割の人が町に戻ってきている。それだけでなく福島第一原発では毎日6000人の人が働いていたり、地域にはいろいろな産業も生まれはじめている。そういうところで働く人が、元居た住民と同じかそれ以上の戻ってきているような自治体もあるんです。なのでそういったところも含めていくと、ジブリのナウシカみたいな一度汚染されたところには人が住めなくて永遠にだめなんだ、という理解の仕方をしようとすれば、わたしたちは単純に楽なのかもしれないけど、現実はもうちょっと複雑。被害がないというつもりはもちろんないが、再生していく方向に向かって行く状況も生まれています。
時間の経過とともに多くの場所は当初非日常だった場所が日常になり、特殊な場所が一般的な普通の他の場所と変わらないよねという場所になっていくんです。重要なのが、その中で孤立してしまう人というのがいて、時間の経過の中で非日常が残るということはそれだけ傷が深かったんだなということだし、むしろ孤立する結果、孤立感にさいなまれてより傷が深くなっていくという部分もあると思う。それは多くの場所が立ち入り出来るようになったんだけど、しかし放射線の量が高い場所が未だに人が入れない状態にされている。そういう場所も全体から見ればごくごく一部であるけれど、だからこそ孤立化、固定化されてしまった被害というのを丁寧に見ていく必要があると思います。


広野町といえば、Jリーガーも通っていたサッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」のある町。震災後は原発事故の対応の拠点となっていた場所ですがその広野町には今、8割の人が戻ってきているということです。その一方で「まだ1割しか戻ってきていない」町があるのも事実。6年が経ち、細部まで解像度を高めてアップデートされた情報を伝えていく必要があると改めて感じさせられました。

★今週はこのコーナーで、あなたからの感想、ご意見、メッセージも募集しています。メッセージを送ってくださった方の中から抽選で5名様に、3000円分の図書カードをお送りします。メッセージフォームからお寄せください。(当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。)

2017年6月28日

6月28日 開沼博(3) −福島を知る−

今週は福島学のスペシャリスト、立命館大学准教授、開沼博さんのインタビューをお届けしています。開沼さんは、福島県いわき市出身。2006年から福島第一周辺の地域研究を手掛け、震災後は福島の復興の現状を調査、発信を続けています。

今週は開沼さんに、福島の復興の現状をわかりやすく解説いただいています。今日は「福島を知る」がテーマです。

◆「物差し」をもつこと
やはり福島の情報は県外ではアップされていないなあと感じることがあります。その一つが放射線量の問題。当初震災後計画を立てて除染をやっていこうとした、これを計画除染と言うが、この作業は昨年度終わっています。追加的なものはこれから随時やっていくことになりますが、多くの場所で除染は終わり震災直後に比べて放射線量も大幅に下がっているというのが現状です。
そうはいっても、いくら科学的なことを言われても信頼できないことは信頼できない、という気持ちを持っている方もいらっしゃると思います。そこにどういうふうに対応していくかは、答えは単純ではないが、一つは「リテラシーを持ちましょう」ということ。リテラシーというと難しくなってしまうので、「物差しを持とう」という言い方をしてもいいかもしれない。例えば福島県では「100超え」という言葉があります。なにかというと一キロ当たり100ベクレルを超える値になったということを示す業界用語。100超えとは100ベクレルを超えるような作物が出たら問題があるということ。ただし100超えをするような作物はここのところほとんどなくなったというのが一定の人の中では常識になっています。このように、「なんとかベクレル」と言われてもわからないではなく、その時に判断をする「物差し」を一つでも多く持っていることが情報の嵐の中でおぼれてしまわないための一つの方法だと思います。
もう一つはそれを整理する、キュレーター的な役割、編集者的役割、情報を整理してわかりやすくおいておく役割が必要だと思います。テレビで池上彰さんや林修さんがウケているのは、まさに彼らが情報の渦の中で、いまこの部分を見ればこのニュースがわかるよ、この社会現象の背景にはこういうことがあるんだよということを端的に説明してくれるから。福島の話だって、多くの人が「なるほどね」と知る喜びを感じられる状態に持っていくことが求められていると思います。


福島について考えるためのヒント、リテラシー=「物差しを持つこと」。そして「キュレーター的存在=情報を整理してわかりやすくする役割が必要」。

今週はこのコーナーで、あなたからの感想、ご意見、メッセージも募集しています。メッセージを送ってくださった方の中から抽選で5名様に、3000円分の図書カードをお送りします。メッセージはメッセージフォームからお寄せください。(当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。)
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 718 | 719 | 720 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN