2016年12月8日

12月8日 群馬大学・片田敏孝教授(6)


今朝も、防災のスペシャリスト、群馬大学大学院教授、片田敏孝さんのインタビューです。
岩手県釜石市や三重県尾鷲市で長年防災教育に携わり、現在は全国各地で防災の取り組みを指導。「命を守る」「人が死なない防災」を旗印に活動を続けています。

東日本大震災の大津波を機に、全国各地の沿岸部では津波防災のあり方が問われています。高知県黒潮町も、その一つです。

◆日本一の巨大津波の町で考えた、日本一の防災の町にする
東日本大震災のあと1年後に出された「南海トラフ」の巨大津波想定。これで一番大きな津波想定が出たところは、高知県の黒潮町という町だった。34.4メートル。この数字が政府から公表される数日前、黒潮町の町長さんがわたしのところに連絡をよこされた。「先生、いま国から内示が出て、黒潮町には34.4メートルの日本一の津波が地震からわずか数分で出るとういことになった。これをわたしは町民にどう説明したらいいだろうか。わたしは町民を守る自信がない」町長さんはそう話された。ちょっと不謹慎に聞こえるかもしれないが、わたしは町長さんに「町長、一番でよかったじゃないですか。一番とラベルを張られたからには、町長自らがそんなにおびえていてどうするんですか。日本一の津波、大いに結構だ、そんなの知っている。そんな津波に絶対負けるかと町長が先頭を切ってこの巨大津波に立ち向かって、この日本一の津波の町で考えた日本一の防災をやる、それを味方に町民を固めるんだ、ある意味すごいチャンスですよ」と申し上げた。その後町長さんとお酒を飲んだが、町長さんがわたしに地元の自慢話をされた。「先生は群馬の人だからカツオの本当の味を知らないはずだ。高知のカツオは本当においしいんだ。」「ここの浜は、ラッキョウの花が咲くシーズンは全面紫色になって、桜よりもきれいなんだ」と地元の自慢話をされて、わたしはそのときに「この町長さんは地域のことを本当に大切に思っておられる」と思った。そして「一番でよかった」といったのは間違いじゃなかったと。町長さんに「その自慢のカツオやラッキョウを使って、「日本一の巨大津波の町で考えた、日本一の防災食」の缶詰工場でもつくったらどうかと提案した。そうしたら、この町長さん、若くてノリがいいもんだから、町営の缶詰工場、(株)黒潮町缶詰製作所という会社を立ち上げられた。そしていまそこに20人くらいの雇用がある。地元のいいものを使っているからおいしいので、非常食としてだけでなく、日常使いできるようなおいしいものを作られて。町長は自慢の産品を使って全国に売り出して、日本一の津波の町がこんなにも元気であるということを応援していただきたいと思う。黒潮町のように日本一の津波想定を突き付けられたからこそ、日本一元気な、日本一津波に対して向い会えるような、防災で売ってる町ができた。

これからも東日本大震災以降日本は多少自然が荒ぶっている。火山の噴火や地震もあるし、台風もあって、気象が多少荒れている。災害大国日本だから、これからも災害はあると思う。それでも、それにちゃんと向かい合えるような防災大国日本、なによりもどんな難局をも乗り切れるような日本国民なんだと、国民を強靭化していかなきゃならないと僕は思う。


お話に出てきた高知県黒潮町町営の黒潮町缶詰製作所。商品ラインナップを見てみると・・
「黒潮オイルのごろっとカツオ」「柚子香るブリトロ大根」「トマトで煮込んだカツオとキノコ」などなど、非常食といえど今すぐ食べたい!オシャレで美味しそうな缶詰ばかり。オンラインショップで購入も可能です!

巨大津波想定におびえるのではなく、全力で立ち向かう黒潮町の事例。家族で、会社で、そして地域全体でどう備えるのか。それぞれの取り組みが問われています。

★関東にお住いの方は放送から1週間、「ラジコ」の「タイムフリー」で放送が聞き返せます。こちらからどうぞ!

2016年12月7日

12月7日 群馬大学・片田敏孝教授(5)

今朝も、防災のスペシャリスト、群馬大学大学院教授で広域首都圏防災研究センター長 片田敏孝さんのインタビューです。

岩手県釜石市や三重県尾鷲市(おわせし)で長年防災教育に携わり、現在は全国各地で防災の取り組みを指導する片田先生。南海トラフの大地震で、巨大な津波が想定されている紀伊半島や四国では東日本大震災を機に、津波防災の教訓が活かされはじめていると言います。

◆星「☆☆☆」3つ!住民の手によってつくれらた無数の「駆け上がり階段」
東日本大震災があって、三重県尾鷲市や紀伊半島や四国の方たちはあれを見たことから、この5年8か月の間、大津波の被害を受けるのは、次は自分たちかもしれないという危機感を持って過ごしてこられた。初めは、あの東日本大震災の大津波を見てしまったものだから、あれに備えなければ防災にあらず、というような思いの中で怯えきって防災の対応をしてこられた。しかしここへきて、「本当にそうなんだろうか」と。「そんな大きい津波がきたらもうあかんわ」とおじいちゃんおばあちゃんなんかは避難放棄者になってしまわれたり、震災前過疎といって、沿岸部の方はその地域を離れ始めたりするという状況があったんです。といっても、1000年に一回と言われるほどの巨大地震。1000年に一回ということは、普段起こる津波は文字通り十中八九いままでの津波。1000年に一回ということは、10回のうち1回は巨大津波ということだが、十中八九いままでの避難で大丈夫なはずなのに、あの巨大津波想定を突き付けられ、もうあかんといって逃げなくなってしまったら、それは本末転倒。やはりいままで通りの避難でいいんだと、だけどこれまでの避難に加えて、あの東日本みたいなこともあるから、できる限りもっと逃げようという、逃げるということに対する積み増しができていればいいと僕は思う。
そんな中で紀伊半島、和歌山県の沿岸部に国道42号線があるが、そこにいま無数の“駆け上がり階段”が住民の手によって作られているんです。ことの発端は、わたしは和歌山県の知事さんに防災のアドバイスをするような役割をいただいていて、「先生これまでの避難所は新想定では役に立たないんだけど、どうしたいいだろうか?」と相談を受けた。僕は知事さんに「いままで準備した避難所も使ってください。新想定が出たがゆえにできた高いところの避難所も使ってください。そして、いままでの避難所には★と、★を1つ付けてください。新想定でも大丈夫なところには★★★。その中間のところには★★とつけてください。全部の避難所に★をつけてください。」と。知事さんは「そんなことになんの意味があるんですか」と聞かれたので私は、「県民の皆さんにはこう説明してください。★にしかいけないひとは★に行ってください。それより余裕がある人は★★に行くべきだ、それよりさらに余裕がある人は★★★に行くべきだ」と。つまり自分で取りうる限りの安全を積極的にどんどんとるような県民の姿勢をあおることにポイントがあるんだと僕は申し上げた。知事さんはそうか、ということでそれを取り入れてくださって、和歌山県の避難所には★の評価がつくようになったんです。そうしたら、ある住民の皆さんは「僕たちの地域には★ひとつの避難所しかない」と役場に相談にこられて、どこまで駆け上がり階段をつけたら★★にしてくれるの?」という。役場の方は「このぐらいのものをつければ★★になりますね」とお答えしたりすると、地域住民の皆さんがみんなで子どもたちにも手伝わせて駆け上がり階段をつくって、行政はセメント袋だけ提供するが、用地の交渉から作ることから維持管理まで、自分たちでつくった避難路ですから補修も住民の皆さんがやられるわけですが、それがもう700本800本とできているんです。そういった無数の避難路ができて、より高い安全を目指すようになっておられる。おそらくこれは東日本大震災の教訓が和歌山県で生きている事例だと思うんですね。


★関東にお住いの方は放送から1週間、「ラジコ」の「タイムフリー」で放送が聞き返せます。こちらからどうぞ!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 653 | 654 | 655 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見はこちらから

2016 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN