2018年4月26日

4月26日 LOVE「今日ここライブ」相馬で開催(2)


今朝も昨日に引き続き、今週土曜日、4月28日に福島県相馬市で音楽イベントを行うシンガーソングライター LOVEさんのインタビューをお送りします。

LOVEさん。震災後の2012年から毎年、東京と大阪で音楽イベントを行ってチケット代の一部と募金を “文房具” に変えて、福島県相馬市の小学校へ入学式や始業式のときに贈ってきました。初年度から7年目を迎える今年、このライブは東京・大阪をはなれてはじめて現地、相馬市で行われます!

さらにこのイベントに先駆けて、LOVEちゃん現地の高校生と一緒に「SOMA BLUE」という新曲のレコーディングを行っているとのこと。「相馬ブルー」、いったいどんな想いが込められているのでしょうか、伺いました。

◆永遠の希望になる青
今回実は「SOMA BLUE」という新曲を現地の高校生ブラスバンドに音楽室でレコーディングしてもらったんですけど、例えばそういうご提案を「やってみよう!」という気質がすごい強い地域だなと思いました。(その新曲はなぜ、相馬ブルーなんですか?)今年相馬の海が7年を経てやっと海開きするんですよ。全国的にリスナーの皆さんは、きっと福島の海は課題があるってイメージあると思うんですけど、実は、特に北の方の相馬の数値は何年も前から安定していて、自分たちを育ててくれた海が一度は悲しい海になり、それでもやっぱり愛しい海で、全国の皆さんに向けて「海びらきしましたよ」って大きな声で言うことがはばかれることも含めて、気持ちが作られるのに7年かかっているんですよね。けど「やっと開く」というそこに至る相馬の皆さんの気持ちを想うと、改めて(震災直後は)大きな声では言えなかった「おめでとう」を、今年は盛大に贈ってあげたくて。それでこの「SOMA BLUE」って曲を書いたんです。
「インミンブルー」っていうアメリカのオレゴン州の新素材研究所ってところで発見された青の顔料なんですけど、コバルトブルー以来世界で200年ぶりに発見された青で、特性が100%紫外線をはじく(お〜じゃ色あせないってこと?)そう、色あせないから永遠の希望になる青だって言われていて、私このニュース見てこれだ!って思って、福島の子供たちにこの青で絵を描いてほしいと思って。この絵具で街を彩っていくことで日本全国に長い希望を発信するということを相馬の皆さんとやりたくて。ただあまりにも顔料が高くて私生まれてはじめて4月28日にクラウドファンディングを立ち上げてみようと思うんです。ちょっと抵抗もあったので、だったらこの青、このインミンブルーを「相馬ブルー」って呼んでいるんですけど、この相馬ブルーを手にしたお礼品として大堀相馬焼きの上絵薬としてこの青を使って陶器を作ったり、新しい青のガラスのアクセサリーを作ったので、ぜひライブ当日「今日ここライブ.com」でも発表しますからご覧いただけたら嬉しいです。3年かけて相馬を青くしながら日本全国に永遠の希望を届けてみたい。
(28日に行われるライブ、具体的に意気込みを最後にお願いします!)
私は音楽ライブをプロデュースしていてcobaさん、中村中さん、渡辺俊美さん、音速ラインなどミュージシャンが集まってきてくれている。地元の皆さんがワークショップとフードを出してくれて、利き酒ワークショップ、ハーモニカJazz奏者の方が子供たちにハーモニカ教えてくれたり、打楽器作れたり輪が広がっています。一日楽しんでください、最後音楽ライブでみんなでひとつになれたらと。(全国から足を運んでもらいたいですね)お待ちしています!(4月28日に相馬市で音楽ライブを行いますLOVEちゃんをお迎えしました。)ありがとうございました。全国の皆さん良い一日を!


LOVEちゃん主催の音楽イベントはあさって、4月28日(土) スポーツアリーナそうまで開催。朝の10時から夕方6時まで、ライブだけじゃなくワークショップ/マーケット/フードなど1日中楽しめる、町をあげてのイベントになっています!
詳しくは公式サイトをご覧ください。


2018年4月25日

4月25日 LOVE「今日ここライブ」相馬で開催(1)

今朝はTOKYO FMとFM OH!で、ラジオパーソナリティとしても活躍中、シンガーソングライターのLOVEさんのインタビューをお送りします。

LOVEさん。震災後の2012年から毎年、東京と大阪で音楽イベントを行い、チケット代の一部と募金を “文房具” に変えて、福島県相馬市の小学校へ入学式や始業式のときにお贈りしてきました。これまで6年間で受け取った小学生はのべ6800人。初年度に一年生だった小学生が、今年は中学生に進学しています。

そんなLOVEさん主催の音楽イベントが、今年はじめて相馬市で行われます!6年かけて、満を持しての現地開催。現在の想いを伺いました。

◆次は相馬で3年間続けることを目標に
もともとは震災後、相馬市から募金活動で来ていた女の子に「お姉さん相馬市に来てよ」って言われて「うん」と言ったのがきっかけで相馬に行くようになり。震災直後に迎えた入学式でいろんな方々が、大きい声で「おめでとう」って言えなかったんだよね、という声がずっと胸に残っていて、私は小さなおめでとうを贈る役割をやろうと決めたのがきっかけ。地元の大阪と東京の2都市開催で6年間、入学式始業式に合わせて文房具をギフトにしてその音楽イベントから寄付で贈るというのを続けてきた。6年続けることが小学校と同じで目標だったんですけど、6年の間に相馬の方々とご縁がまた深まって、次は相馬で中学と同じ3年間開催することを目標にやってみようかなと思って。(イベント自体が育っていってると)何より子供たちが育っていってるので、その過程を追いかけている親戚のおばちゃんの気分じゃないですけど。(でもこれまで6年間文房具をいただいていた子供たちがラブちゃんのライブを相馬で4月28日スポーツアリーナそうまで聞ける)実は子供チケットというのをもう学校で幼稚園から中学校までその地域には配っていたり、大人の皆さんも市役所とか会場に大人チケットを置いていたり、遠方からも来てほしいから一般チケットも用意したんですけど。7年経って思うのは、町づくりだとか外と協力しながら前向きに、アクティブに、っていう空気感ってやっとだと思っていて、今このタイミングで旅行だったり行かれるというのが改めてすごくパワーになるタイミングに来ていると思う(その通りだと思う。だから今回のラブちゃんのライブを観にいくという口実で存分に相馬を楽しんでほしい。相馬に行ったら美味しいものいっぱいあって、漁師の菊地基文さんともお知り合いということで、エネルギーの塊みたいな人ですよね)あれ、町づくり漁師ですね(両方やってますからね)あたしこういうイベントやってて、相馬でやろうって思ったんだけどアドバイスありませんか、って最初聞きにいったら「一発の花火じゃつまんないね」って言われて、継続的に町おこしになることをやろうってご提案を向こうからどんどんアイデアが出て「このチケットってこの一帯で使えるクーポンにならないの」とか、実際に町に本当にお役に立てる方法は何か全部菊地さんたちからいただいているようなもの。


LOVEさん主催の音楽イベントは3日後!4月28日(土)スポーツアリーナそうまで開催。
『LOVEの「今日ここライブ」が相馬に行くという事』
朝の10時から夕方6時まで、ライブだけじゃなくワークショップ/マーケット/フードなど1日中楽しめる、町をあげてのイベントになっています!チケットのお知らせなど詳しくは公式サイトでチェックを。

明日もLOVEさんのインタビューお送りします。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 820 | 821 | 822 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN