2017年4月26日

4月26日 福島県相馬市 松川浦 菊地基文さん(3)

今週1週間は、福島県の漁業、そして生活する人々の「いま」を特集します。福島を応援する企画として、毎日 福島県産の美味しいモノ・郷土品のプレゼントもご用意しました。

詳細はこのブログの一番下をご覧ください。

引き続き福島県相馬市「松川浦漁港」の若き漁師、菊地基文さんのインタビューです。厳しい基準で調査、試験操業を続けてきた松川浦では、
いまようやく、震災前の活気を取り戻しつつあります。菊地さんは、「漁師が加工品の開発に乗り出したり、漁師自らPR活動を始めたのも、震災があったから」と、本当に前向きに活動を続けています。最後は、菊地さんが考える松川浦、福島の漁業のこれからです。

◆震災前にはできなかったこと
(※聞き手:中西)ここの漁業は、ずっと優秀なんです。今まで儲かって来たんです。中学校卒業したての鼻たれ坊主が1000万円くらいもらえる世界だから。(それだけ豊かな漁場がこの相馬にあるということですか)それもそうなんですが、一番大きいのは気性の荒い漁師が多いという浜だからですかね。タンカーすら走っていないような海でも操業しているんです。(それでも船を出すというのは技術が当然高いということですよね)そうですね。魚獲る技術は上手いと思います。(特有の相馬の技術ってあるんですか)ここで作った技術がありますね。底引き船って底を引くので魚が中で死んじゃうんですね。ここは網に工夫をしていて活魚で持ってくるという。(生きたまま)ええ。船にも活魚槽といういけすがあってそこに入れて持ってくるんです。(するとクオリティが全然違う)活魚の方が全然値段が上がります。(値崩れしたり漁に出られないとか色々あったと思いますが、この6年を振り返ってどうですか)やりたいことをただやってきただけなので。こんなことは震災前だったらできなかっただろうということが実際に形になっているし。そういう意味では逆にプラスなんじゃないかなと思うくらいです。(どんこボールもそうですが、あがってきたものを自分たちで加工でさらに美味しくするという部分も続けていくんですか)続けようと思っています。若い漁業者で任意で団体を作ってやっているんですが、それ以外にも水産加工と個々の浜で上がる魚の発信、ただイベントに行って食べさせてというPRだけじゃなく、雑誌も作っているんです。「食べる通信」という。活字に残してPRするというのも一つだし。(震災前はやったなかったことですよね。それができるという意味でもプラスに捉えていると。今後はどうしていきたいですか)今後は・・・こういう感じでやりたいことをやっていきたいす(笑)自分の本業は漁業だし、食べる通信もそうですし商品開発も地域のこともそうなんですが、本操業を迎えた時に自走していけるようにしておきたいなと思っています。


*****
そして今日も福島の美味しいモノ・郷土品のプレゼントです!今日は、松川浦漁港の漁師・菊地さんの「清昭丸」から
「ミズダコのボイル(冷凍)」 足1本まるごと500グラム! こちらを3名様にプレゼントします!
メッセージフォームから、ぜひ放送の感想とともに、ご応募ください!

あしたは、福島の風評被害の払しょくにとりくむ、カナダ人の方の活動をクローズアップします。もちろん、福島の「いいもの」のプレゼントもあります!

2017年4月25日

4月25日 福島県相馬市 松川浦 菊地基文さん(2)

今週1週間は、福島県の漁業、そして生活する人々の「いま」を特集します。福島を応援する企画として、毎日 福島県産の美味しいモノ・郷土品のプレゼントもご用意しました。
詳しくはこのブログの一番下をご覧ください。

引き続き、福島県相馬市「松川浦漁港」の若き漁師、菊地基文さんのインタビューです。
国の基準よりも、さらに厳しい基準を設けて調査を続け、 いまでは、およそ100種類の魚を水揚げできるまでに再生した松川浦漁港。そもそも、このあたりの海で獲れる魚「常磐もの」は、全国的にも上手い魚のブランドとして有名なんですが、菊地さんは、「常磐もの」復活の道筋を見えてきたことを、こう感じていると言います。

◆漁業者としての喜び
(※聞き手:中西) (菊地さんが、水揚げした常磐ものについてどんな感想が)こないだいわきの寿司職人の親方から連絡が来て、こちらからヒラメとか色々送ったんですけど、「ヒラメ食って涙が出た」と言っていましたね。やっぱり違うと。それは嬉しいですよね。直接扱う人、一番舌が肥えている人から評価をもらうというのは漁業者としては最高ですよね。(僕は相馬の人間ではないんですけど、すっごい嬉しかったです。僕も相馬で上がったものを食べさせて頂いて、ものすごく美味しかったので)あんなもんじゃないですよ(笑)


さらに、相馬の海と漁業について詳しく伺いました。

◆いま、相馬の海は
トータルで豊かにはなっていると思いますね。福島の沖は。この魚は震災前はそんなに数はいなかったのに・・・というものが上がっています。アカムツ…東京だとノドグロって呼びますよね。根魚と呼ばれる魚ですかね。カサゴ類とか。(食べたい!!実際この6年間で漁業に興味を持つ人を育成するのは難しかったと思いますが現状は)こういう現状になっても毎年、底引き船や小型船に若者が毎年1人ずつくらい入ってきています。ここの基幹産業は漁業で、ずっと優秀なんです。今まで儲かって来たんです。中学校卒業したての鼻たれ坊主が1000万円くらいもらえる世界だから。(そうなんですか)10カ月で1000万円くらいもらえます(それだけ豊かな漁場がこの相馬にあるということですか)それもそうなんですが、一番大きいのは気性の荒い漁師が多いという浜だからですかね。荒らしているとほかの浜から船が出なければ独り勝ちになるんです。その日の浜値が上がるんです。それも企業努力なんですが、海が荒れれば荒れるほど出たがる(笑)(そんなリスクを冒したがる精神はどこからくるんですか)魚獲ってくれば(価格が)跳ね上がるのが分かっているから。タンカーすら走っていないような海でも操業しているんです。船頭連中が無線で「大きい船出てねえな」と。下で働いている人たちにするとかんべんしてくれという感じなんですけどね。(それでも船を出すというのは技術が当然高いということですよね)そうですね。魚獲る技術は上手いと思います。


*****
そして今日も福島の美味しいモノ・郷土品のプレゼントです!松川浦漁港の漁師・菊地さんの「清昭丸」から「小女子(こうなご)のちりめん」200グラム を3名様にプレゼント!
希望される方はメッセージフォームから、ぜひ放送の感想とともに、ご応募ください!

コウナゴは、相馬に春を告げる魚です。まさに旬のコウナゴのちりめん・・・ご飯に載せてどーぞ!

あしたも、菊地さんのインタビュー、松川浦漁港の美味いものプレゼントあります!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 695 | 696 | 697 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN