今週からは、北海道の自然体験ツアーの模様を、お届けしていきます。
今回 番組では北海道の東側を中心に、数か所のツアーに参加したんですが、今回はその中から、「釧路川源流の川下りツアー」の模様です。
この周辺区域、8月8日に名前が「阿寒摩周国立公園」に変更され、国立公園の範囲も広がったことがニュースにもなりましたよね。そんな国立公園の広大な森に囲まれているのが、「屈斜路湖」。この、国内最大のカルデラ湖を源流とするのが釧路川です。
カヌーツアー会社、River and Fieldの代表 土屋重敏さんの案内でカナディアンカヌーでゆったり釧路川を下るツアーを体験してきました。

今日のコースは、カヌーに乗って湖をしばらく進んで橋をくぐって釧路川に入っていきます。湿地帯をゆっくり下って、倒木があるので避けたりくぐったりします。途中で休憩して、1時間ちょっとで下って行きます。ウグイの大群が遡上しているので、橋の下を覗くと魚が見えます。


屈斜路湖はカルデラ湖です。火山が陥没した跡です。向こうには摩周湖がありますが、屈斜路カルデラの山の一部です。大体21キロあります。これは日本でも1番大きく、世界的にもない地形です。そこに山の水が溜まって屈斜路湖ができたんです。ここから流出しているのは釧路川だけなんです。周りの山からは34の川が入っていますが、出口は1カ所。ここが釧路川の始まりです。

源流と言うと、渓谷で流れてるのを想像するが、ここは標高120メートル位なので、そんなに高くなありません。だからゆっくりと蛇行を繰り返して流れていきます。
橋の近くまで行くと、水中にウグイが産卵しているのがたくさん見えます。川の下が真っ黒になるくらいいます。人工物は橋ぐらいしかありません。護岸もされていないし、自然のままです。ここに生えているのは谷地ハンノキです。湿地帯に生える木で、所々にイタヤカエデとかが生えていたりします。白い花が木の幹に巻きついていますが、それがツルアジサイ。ツルで生えます。
あそこの浅瀬も魚がいっぱいいますが、みんなウグイですね。ウグイ以外にはニジマスやヤマメ、オショロコマなどがいます。紅鮭も上がってくるんですよ。


釧路川は、カルデラが崩れた方向から、水が流れ出て、何度も蛇行しながら釧路湿原を流れ、太平洋に注いでいます。その始まりが屈斜路湖なんですね。
そして、カヌーは、森の緑に浸されたような静かな水の流れをゆっくりと下っていきます。

あの声はアオジという鳥です。スズメ位の大きさですね。。新緑の色に羽が似ていて緑がかっています。お腹は黄色に黒い縞模様。こういう小さい鳥は見つけるの難しいですね。
ここは覆い被さるように気木が生えてトンネルになっています。この奥で湧水が湧いています。鏡の間と呼ばれていて、すごくきれいな場所です。手を水に漬けてみてください。水温が急に変わります。

正面が丸山という山なんですが、そこの水が湧き出しています。水温は1年中9〜10度。夏の暑い日でもここだけは涼しいんです。真夏は水温も20度以上になります。川が暑くなるとニジマスやヤマメは水が冷たいこっちに来ます。真夏の暑い時期になると水族館のようにニジマスやヤマメが集まってくるんです。


今回のお話いかがだったでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください。

【今週の番組内でのオンエア曲】
・The Theme From Big Wave / 山下達郎
・Inspired / Miley Cyrus

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIU保険会社

PAGE TOP