森永乳業 presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

平原綾香

キッザニア チケットプレゼント

森永乳業 INFORMATION 詳細はこちら

ON AIR REPORT 毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿ります。

10/22真琴つばささん出演 『アダムス・ファミリー』は本当に面白い!

2017/10/22 update
平原綾香さん 真琴つばささん
毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿らせていただきます。今週のゲストは真琴つばささんです。元宝塚月組トップスターで、現在は、女優、歌手、そして、バラエティ番組への出演など、多方面で活躍中です。今日は、10月28日から上演されるブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』について、いろいろお伺いしました。

元々は、アメリカの雑誌『ニューヨーカー』に発表した一コマ漫画で人気を博し、テレビドラマやアニメにもなりました。90年代には、映画化され、世界的に大ヒットし、2010年にはミュージカルとして、ブロードウェイに登場して以来、現在も世界各地で公演される作品です。日本では、2014年に初演され、今回およそ3年半ぶりに再演されます。
真琴さんは初演に続き、お化け一家、アダムス・ファミリーのママ、モーティシアを演じます。(壮一帆さんとダブルキャスト)

初演と再演では、稽古の仕方って変わってくるんですか?
「こうやってラジオに出させていただくのも、すごくありがたいなと思います。初演のものってまだ手探りなんですよ。舞台稽古ぐらいから全体像が見えてきます。再演で一度やっているので、ミュージカルの面白さを語りたい気持ちでいっぱいなんですよ。簡単に言えば、お化け一家と人間一家の家族の愛の物語なんです。演出家の白井晃さんの手法がすごくて、壁は踊るわ、家は動くわで、それをやっているのはご先祖たちで、ずっと見守っているということなんですけど。最高に楽しいミュージカルで、たぶんブロードウェイを越えると思う。その楽しさをたくさんの方に観て欲しい。楽しさの共感をしたいわけ。」

公開リハーサルの映像を観たんですが、『アダムス・ファミリー』のイメージが変わりました。奇妙で怖くて、でも面白いというだけじゃない。子供も一緒に観に行ける、ファミリーミュージカルであるけど、大人も楽しめちゃう。
「前回は、同期生の息子、小学校 高学年の子に初ミュージカルに勧めました。ミュージカルって少し敷居が高かったりするけど、初めてミュージカル観る方に、これ最高!はっきり言って、ほとんどコメディーですけどね。読売演劇大賞の優秀男優賞を取られた、橋本さとしさんはこの演技で取られたんですけど、ピカイチです。家族愛と言いましたが、わたし、独り身なんですね(笑)独り身が観ても面白いんですよ。家族っていいなとあたたかくなれるの。寂しくならないの。でもその先に目指しているのは光じゃなくて、闇を目指しているんですけどね。」

子役の二人が拷問器具で「お姉ちゃん、もう1回、お願い!キャー!」とやるシーン、面白いですね。
「人と言っていることと逆なんですよね。悲しみが喜びであったりとか。それって、じゃあ、“普通って何?”ってことにも繋がるんです。」

あと面白かったのは、アダムス・ファミリーの長女が「わたし、恋をしちゃったの」と言って、彼と踊るシーンがあるんです。恋に関しては、お化けも人間も一緒なんですね。
「そうなの!愛し方は、お化けも人間も一緒だと思う。初めての感情に揺れ動く、娘心をお母さんは許せないわけ。“わたしの娘なんだから、わたしに似て、もうちょっと男と遊んで欲しい。わたしに似て、すばらしい娘なんだもん”という恋愛を反対する母親と娘の間に入って揺れ動く父親の心、これがまた面白いんです。
あのね、余白がないんです。この場面、観なくていいというところがない。今回、ダブルキャストで、『俯瞰』で観る時間も多いんですけど、改めて“このミュージカル、面白い!”って思いました。」

ぜひ、このミュージカルを観て、独特の雰囲気を味わってくださいね。
ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』について、詳しくは
特設サイト
をご覧ください。
真琴つばささんのオフィシャルブログはこちら

来週のゲストはシェネルさんです。お楽しみに!

皆さんからのメッセージをご紹介♪
ラジオネーム はちはちさん
「お休みの日綾香さんはどんなことをして過ごしたいですか?私は紅葉が色づく頃になったら赤や黄色の鮮やかな落ち葉を集めに行きたいです♪」

平原さん
「かわいい〜。集めてどうするの?ディスプレイするってこと?すぐ変色しない?夢のない話だけど…。わたしも小さい時、すごく小さい落ち葉を拾って家に置いておいたら、すごくカピカピになってショックだったことがあった。色づく紅葉は現場に置いておこうっていうことにしているの。どうやってもここでしか会えない自分のためだけの落ち葉を見つけることってあるじゃない?次に来た時、ここに石を置いたのわたし!みたいな。こういうこと、ない?わたしは、子供の時はよくあったんだけどな〜。
(お休みの日は、)そうだな〜。ラフマニノフを聴きたいな。ラフマニノフはクラシックの作曲家です。たくさんカバーもさせてもらっています。ラフマニノフは秋にもとっても合うと思うから、ぜひ聴きながら落ち葉を集めに行ってください。」

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしてます!平原さんへの質問や相談、超個人的な近況報告も大歓迎です。何でも大歓迎です。アルバム『LOVE2』にちなんで、あなたのLOVEなモノを教えてください。聴くだけで笑顔になれる「スマイルソング」や、明日への活力となる「エナジーソング」のリクエストも大募集中です!曲にまつわるエピソードをそえて、リクエストしてくださいね。
  • mixiでシェアする
| Next»