2017年8月17日

8月17日 ワンダーファーム(2)

昨日に続き、福島県いわき市にあるトマトのテーマパーク「ワンダーファーム」についてお届けします。

いわき市四倉にある「ワンダーファーム」は、約5ヘクタールの広大な敷地にトマト栽培用の最先端のハウスや、ジュースなどを作る加工工場、そして収穫したての野菜が食べられるレストランにBBQ場、マルシェ、緑の芝生広場やドッグランなどが点在する、まさに “トマトのワンダーランド”です。生産だけでなく、加工や販売も手掛ける6次化を推し進めて震災後の風評被害に対峙してきた「ワンダーファーム」。代表の元木寛さんは、立ち上げに至るまでをこう振り返ります。

◆「地域のプラットホームになる」
その当時は観光客もだいぶいわき市では減ってました。その地域の農家も作ったものも売れないで廃棄してる状況が数年続いてましたので、このままでは福島の農業自体がだめになってしまうなと考えた時に、地域の中で一体となって、このレストランであれば色んな農家の食材も使えますし、直売もそうですし、加工場もそうなんですけど、いろんな農家の人がここで関わることができる地域の農業のプラットホームみたいな場所になるだろうと思ってこのワンダーファーム作ったんですよね。いま現在、200人ぐらいのいわき市内外の農家の人に作ったものを出荷してもらったり、レストランで食材として供給してもらったり、今やっとできるようになってきたところです。そこに至るまでひじょうに大変でしたね。この場所を確保するのに62人の農家の人全員が了解してもらえないとこの事業そのものができないという状況にあったんですよ。もともとここは作られていない耕作放棄された田んぼだったんです。なかにはやっぱり反対される方もいたりして、ただやっぱり代々続いてきた田んぼだからこのまま荒らすわけにもいかないし、子供達につないでいきたい、というところで皆さん納得して下さったんですね。いま同じ問題を抱えた農家の人たちが大勢全国から視察に来るんですよ。そういった方たちも自分たちの地域がどんどん過疎化して限界集落化して農業もできないで環境を維持できなくなってなくなっていく中で、どうしていこうかという中の参考の1つとしてうちを見に来るんですね。先にやってるものとしての責任もあるのでここは絶対失敗出来ないなというのがやっぱりありますね。(中には東北被災地の農家もいる?)もちろん。私自身トマト栽培農家ですので、震災後にうちのハウスの様なトマトハウスが津波跡地にいっぱいできたんですよ。でも皆さんやっぱりなかなか栽培が上手く出来なくて苦労してらっしゃるので私自身ですね、そこに行って栽培指導したり、廃棄するようなトマトをうちで加工品化してその農家さんの売上に貢献したり今やってますね力を入れて。


現在「ワンダーファーム」では、トマトづくりのほかにトマトジュースやトマトピューレなどの加工商品も手掛けています。

★ ★ ★ ★ ★

ワンダーファームのイチオシの商品、完熟トマトをギュウウっと絞ったトマトジュース『ワンダーレッド』10本入りを、今日からの3日間、毎日1名様にプレゼントします!ご希望の方は、メッセージフォームから「ワンダーレッド希望」と書いて送ってください。放送を聴いての感想もお書き添えください。

『LOVE & HOPE』、明日も「ワンダーファーム」元木寛さんのお話し、お届けします。

ワンダーファーム、詳しくはコチラ

2017年8月16日

8月16日 ワンダーファーム(1)

「ワンダーファーム」のトマトジュース『ワンダーレッド』10本入り
水曜日の当選者は・・・

*ソレイユ さん です。

おめでとうございます♪
金曜日まで、トマトジュースプレゼント実施します。

また、来週1週間は!大人気「東北復興グルメ」プレゼントを実施します。
どんな商品が登場するかは、追ってお届けします。
お楽しみに!

★ ★ ★ ★ ★
今朝は、福島県いわき市にある“トマトのテーマパーク”「ワンダーファーム」の話題です。

いわき市の北東部、四倉にある「ワンダーファーム」は、約5ヘクタールの広大な敷地に、トマト栽培用の最先端のハウスや、ジュースなどを作る加工工場、
そして収穫したての野菜が食べられるレストランにマルシェ、緑の芝生広場やドッグランなどが点在する、まさにトマトのワンダーランドです。
代表の元木寛さんに、まずはハウスの中を案内して頂きました。

◆トマトハウス
こちらがトマトの一年中栽培をしてるハウスですね。一般の客様に入っていただいてトマト狩り体験というものをやっています。作っているのは11種類ぐらい作ってるんですけれども実際摘み取りして帰れるのは9種類。こちらにフラガールという品種がありまして、ここいわき市はですねスパリゾートハワイアンズさんもあって映画「フラガール」の舞台にもなった場所ですので、まだ全国的にあまり作られていないのですが、我々が率先していま普及していると。まだ完熟ではないんですけど・・・十分甘い 美味しい!


元木さんは福島第一原発がある大熊町のご出身。東京で就職しましたが義理のお父さんが手がけていたトマト農園を法人化するのをきっかけに、平成14年、いわき市に移り住み農業をはじめました。その農業法人ではこの「フラガール」をはじめ、さまざまな品種のトマトを育てて出荷。直売所には行列が出来るほどの人気を集めていたそうです。
震災後、平成25年に開いた「ワンダーファーム」。取材に訪れた日は、ファミリーや海外からの見学ツアーのグループなどたくさんの来園者でにぎわっていました。

◆「農業と観光を融合した施設を作りたい」
いまは夏休み期間ということもあってお出で頂いてますけれども、ここ最近のこのあたりの観光交流人口はどんどん下がっていってるんですよね。それはなぜかというと、どうしても「福島」というと「原発」というイメージがどうしてあってですね、純粋に観光でお出でになるお客様というのは震災以降だいぶ減ったんですよね。そこを私は何とかしたいなというのもあって、農業と観光をうまく融合できるような形ができないかなというのを考えてこの施設を作ったというのもあります。


まだ震災前の、行列ができるような賑わいには至っていないという現状。それでもここまでの道のりには、手ごたえも感じているといいます。

◆「検査をして安全を発信し続けている」
トマトランドいわきで私も農業、トマト作りをやってきた時に東日本大震災が来て、一時期は作ったものが検査とかをして安全であるという証明をつけても全く売れない年がやはり2年ぐらい続きましたし、年間、本当に数10トンというトマトを廃棄しましたし、会社としても存続が危ぶまれる状態にまでなった。農業じたいを辞めようかという選択肢もあったんですけれども、まずこの福島で作ったものがどういう状況か、自分達も安全なのか危険なのかわからないですし、一般の方々もそうだと思いますので、放射性物質検査というものを、たぶん全国でいちばんうちが初めてまだ誰もやってない頃にやりはじめたんですね。検査をした結果問題ないということが分かったんですね。で問題ないんであれば、しっかり科学的根拠を示せば、買ってもらえるだろうということで、自らPRをしてですね、直売で売りさばいていた状態なんですよ。それが少しずつそういった検査を未だにやってますしそうした発信をし続けてきたことで、ちょっとずついま首都圏に向けての出荷も上向いてきたところなんですね。


現在「ワンダーファーム」では、トマトづくりのほかにトマトジュースやトマトピューレなどの加工商品も手掛けています。

★ ★ ★ ★ ★

ワンダーファームのイチオシの商品、完熟トマトをギュウウっと絞ったトマトジュース『ワンダーレッド』10本入りを、今日からの3日間、毎日1名様にプレゼントします!ご希望の方は、メッセージフォームから「ワンダーレッド希望」と書いて送ってください。放送を聴いての感想もお書き添えください。

『LOVE & HOPE』、明日も「ワンダーファーム」元木寛さんのお話し、お届けします。

ワンダーファーム、詳しくはコチラ
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 735 | 736 | 737 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN