2017年4月27日

4月27日 福島大学経済経営学類 マクマイケル・ウィリアムさん

今週1週間は、福島県の漁業、そして生活する人々の「いま」を特集します。
福島を応援する企画として、毎日 福島県産の美味しいモノ・郷土品のプレゼントもご用意しました。

木曜日は、相馬市「和田観光いちご園」の美味しいイチゴ を3名様にプレゼント!

当選者は
★蜂蜜団子 さん
★光ちゃん さん
★ ウラコ さん
以上3名さまです。

おめでとうございます!
お楽しみに☆




今日と明日の2日間は、海外から学生を迎え、福島県内の被災地域を見学するスタディーツアーを行なっている福島大学経済経営学類 助教、マクマイケル・ウィリアムさんのお話しです。カナダ・バンクーバー出身のマクマイケルさんは震災前から福島に住み、2011年の東日本大震災とそれに伴う福島第一原発の爆発事故のあとも福島の復興のために力を尽くしたいと、帰国はせず活動を続けています。

マクマイケルさんがライフワークとしているスタディーツアー、まずはその立ち上げの経緯について伺いました。

◆福島ファンが考えるスタディーツアー
震災が福島であって、けっこう海外で福島の情報が正しく伝わってなかったんです。私はじつは自他ともに認める『カナダ人いちの福島ファン』と呼ばれていて、本当にそれが悔しかったんです。ただそこでいくらネットとかで発信してもなかなか伝わらないなと思ったので、じゃどうしよう?と考えた結論が、私みたいに福島のことをよく分かって、大好きでいてくれて発信力のある人材を育てようと決めまして、それで2012年6月が1回目だったんですけど、毎年2回くらいのペースで「福島アンバサダーズプログラム」と呼ばれるスタディーツアーを行なっています。


震災後しばらくは、「福島市は人ひとり住んでいないゴーストタウン」など事実と違う情報が海外メディアで伝えられて、それが信じられていたようです。それがどうしても許せなかった、「カナダ人一の福島ファン」マクマイケルさん。どういう経緯で福島に住むようになって、そして愛情を深めていったんでしょうか?最初は、福島が日本のどこにあるのかすら知らなかったんだそうです。

◆「今しかない」福島に恩返しを
もともとのきっかけは外務省の「ジェットプログラム」。都道府県の小中高に英語の先生を派遣するというものと、地域の国際化を進める国際交流員を派遣するというもので、ぼくは国際交流員として参加することになりました。ただどこに派遣されるかはわからなくて、たまたま派遣されたのが福島県でした。最初は福島がどこにあるかも分からなくて、1年くらい働いて、いやだったらカナダに帰ればいいかという気持ちで行ったんですけど、本当に福島は素晴らしいところで、自然、美味しい食文化、外国人が日本に求めるすべてのものが、優しい人も含めて詰まっていたので大好きになってしまって、仕事の人気は2010年に終わったんですけど、福島大学に空きが出てそのまま現在に至る感じです。で、あの日は会議の準備をしていまして、急に揺れはじめまして、カナダってぜんぜん地震ないんですね。なので経験したことのない揺れだったんですけど、ちょっと揺れが収まった時に荷物を取りに大学の建物の中に入ってテレビを点けたら津波の映像。相馬や南相馬、自分の大好きな心から愛してる場所が呑まれるショッキングな映像を見てしまって、で、その時に思ったのが、「今しかない」。いま自分の力を使って福島に恩返しをしなきゃいけないと思ったんです。これからの自分のキャリアかけて福島の力になりたいと。それまで本当に福島に良くして頂いていたので、恩返ししたいと心から強く思いました。鮮明に覚えてますね。


マクマイケルさんによると、ツアーでは、新しく生まれている産業施設などと共に避難指示解除準備区域や、福島第一原発も案内して、避難生活を送る住民との交流も行なっているということ。今年も夏に11回目のツアーが行われます。

『LOVE&HOPE』、明日もマクマイケルさんのお話し、お届けします。

★ ★ ★ ★ ★ ★

今週は、福島から美味しい旬の味を毎日プレゼントしています!
今朝は『LOVE&HOPE』でも何度かご紹介しました、津波の被害から水耕栽培でよみがえった、相馬市「和田観光いちご園」の美味しいイチゴ を3名様にプレゼントします!

メッセージフォームから、ぜひ番組の感想とともにご応募ください!

2017年4月26日

4月26日 福島県相馬市 松川浦 菊地基文さん(3)

今週1週間は、福島県の漁業、そして生活する人々の「いま」を特集します。
福島を応援する企画として、毎日 福島県産の美味しいモノ・郷土品のプレゼントもご用意しました。


水曜日のプレゼント、松川浦漁港の漁師・菊地さんの「清昭丸」から
『ミズダコのボイル(冷凍) 足1本まるごと500グラム』
を3名様にプレゼント!

当選者は
★クニクニ さん
★ラビちゃん さん
★たかちゃん さん
以上3名さまです。

おめでとうございます!
産地直送でお届けします。お楽しみに☆

※スタッフからご連絡させていただく可能性があります。

********

引き続き福島県相馬市「松川浦漁港」の若き漁師、菊地基文さんのインタビューです。厳しい基準で調査、試験操業を続けてきた松川浦では、
いまようやく、震災前の活気を取り戻しつつあります。菊地さんは、「漁師が加工品の開発に乗り出したり、漁師自らPR活動を始めたのも、震災があったから」と、本当に前向きに活動を続けています。最後は、菊地さんが考える松川浦、福島の漁業のこれからです。

◆震災前にはできなかったこと
(※聞き手:中西)ここの漁業は、ずっと優秀なんです。今まで儲かって来たんです。中学校卒業したての鼻たれ坊主が1000万円くらいもらえる世界だから。(それだけ豊かな漁場がこの相馬にあるということですか)それもそうなんですが、一番大きいのは気性の荒い漁師が多いという浜だからですかね。タンカーすら走っていないような海でも操業しているんです。(それでも船を出すというのは技術が当然高いということですよね)そうですね。魚獲る技術は上手いと思います。(特有の相馬の技術ってあるんですか)ここで作った技術がありますね。底引き船って底を引くので魚が中で死んじゃうんですね。ここは網に工夫をしていて活魚で持ってくるという。(生きたまま)ええ。船にも活魚槽といういけすがあってそこに入れて持ってくるんです。(するとクオリティが全然違う)活魚の方が全然値段が上がります。(値崩れしたり漁に出られないとか色々あったと思いますが、この6年を振り返ってどうですか)やりたいことをただやってきただけなので。こんなことは震災前だったらできなかっただろうということが実際に形になっているし。そういう意味では逆にプラスなんじゃないかなと思うくらいです。(どんこボールもそうですが、あがってきたものを自分たちで加工でさらに美味しくするという部分も続けていくんですか)続けようと思っています。若い漁業者で任意で団体を作ってやっているんですが、それ以外にも水産加工と個々の浜で上がる魚の発信、ただイベントに行って食べさせてというPRだけじゃなく、雑誌も作っているんです。「食べる通信」という。活字に残してPRするというのも一つだし。(震災前はやったなかったことですよね。それができるという意味でもプラスに捉えていると。今後はどうしていきたいですか)今後は・・・こういう感じでやりたいことをやっていきたいす(笑)自分の本業は漁業だし、食べる通信もそうですし商品開発も地域のこともそうなんですが、本操業を迎えた時に自走していけるようにしておきたいなと思っています。


*****
そして今日も福島の美味しいモノ・郷土品のプレゼントです!今日は、松川浦漁港の漁師・菊地さんの「清昭丸」から
「ミズダコのボイル(冷凍)」 足1本まるごと500グラム! こちらを3名様にプレゼントします!
メッセージフォームから、ぜひ放送の感想とともに、ご応募ください!

あしたは、福島の風評被害の払しょくにとりくむ、カナダ人の方の活動をクローズアップします。もちろん、福島の「いいもの」のプレゼントもあります!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 697 | 698 | 699 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN