2018年5月23日

5月23日 方言消滅の危機(5)

消滅の危機にあるという日本各地の『方言』 の問題、お伝えしています。

東北では、東日本大震災の影響で、岩手、三陸、福島などで方言の話者、つまり話し手が本当にいなくなってしまう可能性があると言われています。
そして、それよりも以前から、消滅の危機が指摘されているのが、沖縄や奄美の古くからの言葉、そして「方言」ではなく別の言語、北海道のアイヌ語です。

文化庁国語課 国語調査官の鈴木仁也さんに伺いました。

◆アイヌをテーマにした漫画が人気
アイヌ語は極めて深刻な状況にあるということになります。明治時代に同化政策と呼ばれる、事実上、アイヌ語を使うなという政策があった。家庭でもアイヌ語を使わないようにという形で、家庭内でのアイヌ語の継承が途絶えたというのが非常に大きなところです。現在アイヌ語の話者は、かろうじて80代後半の方で何人かいらっしゃるというのは聞いたことがあります。でもおそらくひとけたなんじゃないかと言っている学者の方もいらっしゃいます。だけど今アイヌ語は非常に注目されて、マンガ大賞を取った作品の影響が大きいですね。「ゴールデンカムイ」という漫画ですね。漫画の監修した大学の先生の講演会は札幌では抽選で倍率10倍以上、東京でやった時に座席数60のところに200人ぐらい来ていましたから非常に人気があります。言葉にも関心を持ってもらえますしアイヌの料理、儀式、文化的なものを幅広く関心を持ってもらえていることがきっかけで、アイヌの施設に足を運んだ若い方が多いと最近聞きました。


ケリー・アンはこの「ゴールデンカムイ」もアニメ版を以前から観ています。さすがアニヲタ!ちなみにこのアニメ、アイヌ語の発音も アイヌ語研究者が監修、徹底的にこだわった作品になっているそうです。

最後に、我々が方言をもっと身近に、親しむための方法、教えていただきました。

◆方言に触れる旅をしよう!
日本の方言、アイヌ語を守っていくことを考えたときに、沖縄や奄美であれば島唄というのがあります。あの中に出てくること言葉と言うのは、当然その地域の言葉です。島唄なんかは特によく耳にする。それを聞きに行くと言うことも多くの方がされているので観光に非常に深く結びついているツールがあるわけですね。2020年に白老に国立アイヌ民族博物館を含む民族共生象徴空間というのができます。その中では積極的にアイヌ語を使おうということで今まで以上にアイヌ語が聞けるのではないかと。さらに、バスの車内放送でもアイヌ語使おうという動きがこの4月から始まっているんです。ですから探してみるといろいろなところで、消滅の危機にある言葉を聞くことができます。多分東北であれば民謡だとかいろんな伝統行事の中の言葉、そして物にも生きているはずですし、そうした地方の、生の、その地域の言葉が、いかに生き生きとした力強いものかと感じて、良いぞと思ってくださると言うのが多分これから方言と言うものを残していく上においては1番大切なんではないかと思います。


明日も、方言をめぐる問題、考えます。

2018年5月22日

5月22日 方言消滅の危機(4)

沖縄や奄美の古くからの言葉、北海道のアイヌ語、さらに東京都・八丈島の八丈語、そして東日本大震災の影響で、岩手、三陸、福島で昔から使われていた「方言」がこのままでは消滅してしまう。つまり、その言葉を使う人がいなくなってしまう可能性がある、ということを、お伝えしてきました。

方言がなぜ必要か、大切なのか。実は方言には、本当に人の「心」に作用する なんらかの力があることが、注目されつつあります。

お話を伺ったのは文化庁国語課 国語調査官の鈴木仁也さんです。

◆方言で語ることで心が楽になる
実はそれを非常に強く感じたのは東日本大震災のとき。そこで非常に印象に残った、被災者の方が、自身の体験についてインタビュー、取材を受ける時に、共通語で答えてあげようとすることがある。被災体験は「語る」ことで相対化されてメンタルな面で少し楽になると言われているが、共通語で語っているとむしろストレスになったという。一方、方言、自分の普段の言葉で語った時にすごく楽になったというお話を聞いた。その時に情報伝達としての共通語の世界とは違い、「生きる」ということに深く関わっているのが方言であると強く感じた。喧嘩をする時に出てくる言葉って感情的で、共通語では喧嘩はしない。それはなぜかと考えると、メンタルな部分と密接に結びついているのは共通語ではないから。その言葉を失ったらどうなるのかと考えると、やっぱり失わせる訳にはいかない。震災の時に方言がとても大事だと改めて感じたという方が何人もいらっしゃった、というのがあります。福島から避難していて帰還した高齢者の方々に、方言の調査で話してもらっているうちにだんだん表情が良くなっていく。お話を聞く「傾聴」だけではなく、共通語ではなく方言で話すことによるメンタルのケアがかなりあるというのが顕著にある。福島に関しては、他の地域にまとまって避難しているケースであれば同じ方言を使う人達も多いが、ひと家族だけで移転している場合は、まず福島から来たということをできるだけ悟られたくないので方言は使わないという声は聞いている。特に茨城大学なんかでは、避難してきた方がその方言に触れられる機会を積極的に設けてやっている。


あしたも、この「日本の方言」をめぐる問題と対策についてお伝えしていきます。

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 830 | 831 | 832 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN