2017年12月13日

12月13日 東北・九州復興グルメ〜日本橋ふくしま館 MIDETTE〜

今週は『東北、九州 復興グルメ!』と題して各地アンテナショップで人気の商品をプレゼントしていきます!レポートは高橋万里恵さんです。

今日は、福島のアンテナショップ『日本橋ふくしま館 MIDETTE』からご紹介します。
場所は東京、日本橋。食品はもちろん、こけしや赤べこなどの伝統工芸品まで所狭しとズラッと並んでいて、奥には福島のお蕎麦や日本酒の利き酒ができるイートインコーナーもあります。

そんな魅力あふれる『日本橋ふくしま館 MIDETTE』の館長、根本卓也さんがおススメする復興グルメ、伺ってきました。

高:私ミデッテ初めてお邪魔しましたが、今日は平日の午前中なのにすでにたくさんのお客様がいらっしゃって福島の美味しいものが詰まってるなーという感じがしましたが、MIDETTEどういったお店ですか?
店:福島県産品を2500種類ほど取り揃えてまして、本県が力を入れているのは日本酒でございます。日本酒は全国新酒鑑評会で5年連続、金賞受賞数が日本一、22銘柄になっています。
高:今日はそんな中で根元店長おススメのものをリスナーの方にプレゼントしていただくのですが、何を?
店:1つ目は「磐城 寿」という日本酒になります。これは浪江町でもともとやっていた酒蔵さんなんですが、津波被害を受けて再開できないかなと思ってたんですけど、県の試験研究機関に酵母が残ってまして、それを元に見事復活を果たされて、今は山形の方でお造りになっているという日本酒です。(番組でも何度もご紹介しているんですが、美味しいですよね)そうですね、ぬる燗とか熱燗でも美味しく召し上がれる日本酒だと思います。
高:そしてもう1つは?
店:こちら「クリームチームの味噌漬け」で、南相馬市の香の蔵の商品になります。(こちらも番組で紹介していて私も大ファンで、私はねっとりした感じで、それをあったかいご飯の上にのせて食べるのが大好きなんですけど、おススメの食べ方などありますか?)私はそのまま召し上がりいただきたいな。と考えています。フルーティーな白ワインやロゼ、冷酒などにも合うような感じになっています。

高:そしてもう1つは?
店:おのざきさんの「厚揚げソフトかまぼこ」です。こちらは製造しているとこがいわき市にありますが、震災で8mを超える津波で工場が被災してしまったんですけど、地元の方の「また、厚揚げソフトかまぼこが食べたい」というような声を受けて工場が復活して、お土産のギフト大賞にも選ばれて好評をいただいている商品です。(創業が大正ということで、ものすごく歴史ある?)創業が大正で、当館内でも売り上げベスト5には必ず入る商品です。(お味は?)蒲鉾なんですけど玉ねぎが入ってまして、その甘味が口に広がって美味しい。(私も実はさっきいただいて、本当に甘味があって、試食なんですけどついついずっと食べたくなるような感じでした)そのまま召し上がりいただいても美味しいですし、中にはカレーに入れる方もいらっしゃいます。
高:今日はリスナーの方にプレゼントいただきますが、福島の美味しいものがぎゅっと詰まったお店ですし、たくさんの方に足を運んでいただきたいですね。
店:これから年末に向けていろいろな催事なども企画していきますので、ぜひご来館いただければと思います。


★ ★ ★ ★ ★

LOVE&HOPE、『東北、九州 復興グルメ!』
今朝は、福島県のアンテナショップ『日本橋ふくしま館 MIDETTE』館長 根本さんおススメの商品
●鈴木酒造 「磐城 壽」
●香の蔵 「クリームチームの味噌漬け」
●おのざき 「厚揚げソフトかまぼこ」

こちらをセットにして、3名の方にプレゼントします!
欲しい〜という方は、LOVE&HOPEのブログから「福島の復興グルメ希望」と書いてご応募ください。応募は本日24時まで受付。当選者はブログ内で発表します。

また、MIDETTE、日本酒好きにはたまらないラインナップが揃っていますのでお酒のお供と共に、お買い物お楽しみください!
日本橋ふくしま館 MIDETTEサイト

あすは、熊本県のアンテナショップからお届けします!

2017年12月12日

12月12日 東北・九州復興グルメ〜宮城ふるさとプラザ〜

火曜の『東北・秋の復興グルメ』に沢山のご応募
ありがとうございました。
宮城ふるさとプラザのオススメ復興グルメ当選者は
・まさちんさん
・いっくんさん
・ヤマメさん
以上の3名様です。おめでとうございます!
*********************
今週は『東北、九州 復興グルメ!』と題して各地アンテナショップで人気の商品をプレゼントしていきます!レポートは高橋万里恵さんです。

今朝ご紹介するのは、宮城のアンテナショップ『宮城ふるさとプラザ』からご紹介します。
場所は東京、池袋の駅前!2階には牛タン専門店「伊達の牛タン」が入っていて、芯タンも食べられちゃう!そんな宮城ふるさとプラザ、店長 大蔵国孝さんがおススメする復興グルメ、聞いてきました。

高:私はじめてこの宮城ふるさとプラザにお邪魔しましたが、まず1階に入ったときに普段取材している方々の商品がたくさんあって、蒲鉾やお酒や海苔など、ここへ来たら一カ所で済むんだという感動がありました!
店:そうですね、蒲鉾だけでも何十種類と揃ってますしお酒も県内の24酒蔵揃えておりますので、東京で宮城を楽しんでいただくには当店のアンテナショップが商品多いかなと思っています。
高:今日はそんな宮城の美味しいものをリスナーの方にプレゼントしていただけるということで、大蔵さんおススメ商品は?
店:やはり宮城の冬の海の幸といえば、代表的な牡蠣ですね。牡蠣のアヒージョという缶詰になっている商品です。「魚市場キッチン」という南三陸町の志津川で婦人部の方々が「おふくろの会」ということでこういったお袋の味を全国に届けていこうということで、1個ずつ空いている缶に具を手で詰めて蓋をして作っています。もう開けた時に一番上まで牡蠣がギッシリ詰まっているので牡蠣が好きな方にはとても楽しんでいただける商品です。(大蔵さんも召し上がりました?)はい。もしかしたら生以上に美味しいんじゃないかと思うんですよね、ムール貝とかタコだったり地場で獲れる素材を他の缶詰にしていますので食べ比べたりするのも楽しいんじゃないかと思います。

高:続いては?
店:宮城の珍味といえば、今になってご存知の方も多くなってきましたが「ホヤ」ですよね。震災後に養殖を再開させて、獲れるまでに3年ぐらいかかったんですけどその時にホヤを食べてみようと始めて食べられた方がファンになった方が多い。(おススメの食べ方は?)やはりそのまま、ワインもいいけど宮城の日本酒と合わせていただくといいかもですね。(不思議ですよね、ホヤを食べてから日本酒飲むと甘くなりますよね)よくご存じで。味が変わるんですよね。ホヤ事態が味の種類が5つぐらいあるんですよね。苦味とか旨みの他に、普通にないもう1種類のものをホヤは持っているということで、あの独特な風味になっていると思います。
高:そしてもう1つ?
店:今海の幸が2つ続きましたので、こちらカワイイパッケージになってますけど「宮城のイチゴ飴」です。宮城は仙南地域と言いまして仙台から南側のエリア、とくに浜側のエリアで以前からイチゴのハウス栽培がされていたんですけど、津波で倒壊して、ハウスを再建して、またそれに伴って新しい技術も取り入れて作られた商品です。(イチゴが入ってます?プツプツしたのが見えます)フリーズドライ、乾燥させたイチゴを飴の中に練り込んでいます。周りの部分はカリッとした飴の感触で、中身はサクッとした酸味のあるような飴になっていますね。(これはぜひ皆さんに味わっていただきたいなと思いますね。)


★ ★ ★ ★ ★

『東北、九州 復興グルメ!』今朝は、宮城県のアンテナショップ『宮城ふるさとプラザ』から大蔵店長おススメの商品
●南三陸町の志津川「おふくろの会」が作った、牡蠣、タコ、ムール貝のアヒージョの缶詰
●「ホヤ」の加工品(酒蒸しやスティックホヤなど)
●「宮城のイチゴ飴」
こちらをセットにして、3名の方にプレゼントします!
※プレゼントの応募は受付終了しました。

また、「宮城ふるさとプラザ」でが、宮城の新たな美味しいものに出会えます!足を運んでください!
詳しくはコチラから。

あすは、福島県のアンテナショップからお届けします!

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 774 | 775 | 776 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN