2012年5月15日

5月15日「宮城県南三陸・佐藤秀昭さんが撮り続ける風景(2)」

写真詩集「私とあなたここに生まれて」は、宮城県南三陸町の写真家・佐藤秀昭さんの写真に、詩人・和合亮一さんの詩が重ねられた作品です。
南三陸町・志津川で生まれ育った佐藤さんが、8年ほど前から撮り溜めた、ご自身が暮らす街の風景が掲載されています。

佐藤さんは昨年3月11日、目の前で津波にのみ込まれていく「ふるさと」を記録していました。

◆レンズと肉眼で目の当たりにした光景
 たまたまカメラバッグを片手に、志津川小の高台に早めに逃げた。とっさに津波を撮った。ファインダーを覗いてる時はテレビを見ている雰囲気。
 一旦カメラを下ろすと、おっかない。「今の状況はあってはならないことだ」と思い直し、記録すべきだと、もう1回カメラを持った。街が全滅してなくなるまで撮り続けた。
 家が役場の前まで流されて、一瞬のうちに吹っ飛んでいったという感じ。八幡川沿いをすごい勢いで流れてきた。川沿いの家をなぎ倒して津波と瓦礫が壁になって押し寄せてきたという感じだった。



佐藤さんは震災当日、津波が街を破壊していく様を「町がなくなるまで」撮り続けたと言います。
その後、追い打ちをかけるように南三陸は雪に見舞われましたが、詩集には、壊滅した町が雪に覆われていく写真もあります。
さらにページをめくると、がれきの中で満開を迎えた、一本の桜の木の写真があります。

◆津波をかぶったはずの桜の木
 これは、高台だったんだけど、高台にも津波がきて。その時、桜の花ぐらいしか咲いてなかった。この桜が、私が確認した最初の桜。すごい生命力と思って撮った。
 まだまだ目に見える状況では復旧が進んでいないけど、自分は入谷地区、国道398号沿いに「佐藤輪業商会」という店を建設中。5月末に完成予定。それと同時に趣味の写真を撮りながら、街の様子をPRできればいいと思っている。



佐藤さんは震災以降もカメラを持って、街を撮り続けています。
その写真は、佐藤さんのブログでご覧になることが出来ます。
【佐藤秀昭さんのブログ「南三陸 海 山 川!」】



佐藤さんの写真と和合亮一さんの詩による写真詩集「私とあなたここに生まれて」は明石書店から発売中です。


こちらの写真集を3名の方にプレゼントします。
ご応募は、メッセージフォームからどうぞ。

【プレゼントのご応募はこちらから】
メッセージ欄に「私とあなたここに生まれて 希望」とご記入ください。
またお名前、ご住所、お電話番号等、お忘れなくご入力ください。
当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

2012年5月14日

5月14日「宮城県南三陸・佐藤秀昭さんが撮り続ける風景(1)」

一冊の詩集に収められた“宮城県南三陸の風景”と、それを撮影した、一人の男性のインタビューをお送りします。

この写真詩集のタイトルは、「私とあなたここに生まれて」。
福島市在住の詩人・和合亮一さんの詩と、南三陸の震災前後の写真を組み合わせた作品です。
これらの写真はプロのカメラマンではなく、南三陸在住の佐藤秀昭さんが撮影したものです。

南三陸町・志津川で生まれ育った佐藤さんは、8年ほど前から、ご自身が暮らす街の風景を撮りはじめたといいます。

◆街を撮影するようになったきっかけ
 南三陸・志津川の防災庁舎のすぐ隣、川沿いで家業の自転車業を父から譲り受け、30年やっていた。
 写真は8年前ブログを立ち上げてから撮るようになった。2階の部屋の窓を開けるといい雰囲気だったので、川沿いの風景を写真に撮り続けられたらとの想いから。
 それが段々、町内を写すようになった。


佐藤さんの写真は、津波でその大半が失われてしまいました。
しかし、知り合いに預けていた1000枚が奇跡的に被害を免れたそうです。

◆表紙は、震災前の南三陸の街並み
 高台にある志津川中から撮った1枚。階段の一番上から。
 八幡川の河口付近。橋が5本掛かっている。この川は海に面しているので、満潮・干潮のときに水位が変化する。満潮のときは海のカレイとか、干潮のときはアユやハゼとかがいる。
 ハゼ釣りをしている人も結構いた。そういう街に戻るといいんだけど。
 志津川で被災した場所は家を立ててはダメ。町は高台へ移転することになる。
 この写真のような街並みってのはもうないのかな。この写真を撮ってたのは貴重だった。たぶん、もうこういう街には戻れない。





佐藤さんの写真と和合亮一さんの詩による写真詩集「私とあなたここに生まれて」は明石書店から発売中です。


こちらの写真集を3名の方にプレゼントします。
ご応募は、メッセージフォームからどうぞ。

【プレゼントのご応募はこちらから】
メッセージ欄に「私とあなたここに生まれて 希望」とご記入ください。
またお名前、ご住所、お電話番号等、お忘れなくご入力ください。
当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 722 | 723 | 724 |...| 818 | 819 | 820 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN