2016年5月27日

5月27日 熊本レポート 阿蘇白川駅カフェ「75th st.」

今朝も被災地・熊本からのレポートです。
熊本地震の影響で全線運休しているローカル線「南阿蘇鉄道」は南阿蘇村と高森町を結ぶ、18キロ弱のローカル線です。今回の地震で、土砂崩れによる線路の寸断、トンネルの亀裂や線路のゆがみなどが各所で発生、復旧のめどは立っていません。

90年近い歴史を持ち、住民の足としてはもちろん、阿蘇のカルデラを望む美しい車窓の風景、トロッコ列車の運行など観光列車としても人気が高かった「南阿蘇鉄道」。その中の10ある駅のうちの一つ、南阿蘇村の「阿蘇白川駅」は水色の木造建て、とんがり屋根の可愛らしい駅舎です。そんな駅舎に入っているのが「75th st.(セブンティ・フィフス・ストリート)」というカフェです。店主のキザキ真理子さんが、駅員さんに代って駅舎の管理も行ってきました。キザキさんは、震度6の本震のわずか5日後、“地元の方にホッとした時間を過ごしてもらいたい”と店を再開。美味しいコーヒーと、南阿蘇の食材を使ったお料理を提供しています。

緑豊かな季節を迎えて、ふだんであればこの「阿蘇白川駅」にはどんなにぎわいがあったのでしょうか。

◆田んぼに駅舎が写る風景
そうですね、だいたい観光客なんですけど、鉄道ファンでちょうど今頃の季節なんですけど、駅舎と田んぼ、青空の時に、田んぼに駅舎が写るんですよ。それを写真撮りに来られます。

阿蘇の伏流水だと思うんですが、白川水源、砂地からぶくぶくって小さい泡が出て、昔から変わらず水が湧き出ているんですけど、水源も南阿蘇には十何カ所あるんですけど、そういう水が南阿蘇の田んぼを潤しています。もうほぼ田植えも終わっています。以前と変わらない風景があります。日々と変わらない風景はすごく安心します。ここの景色を見てると何ともなかった感じですけど、ちょっと先に行くと、家が壊れてたり。そういうのを見ると心か痛んだりしますね。


鉄道は止まり、観光で訪れる人も途絶えたままの南阿蘇村。「阿蘇白川駅」を守り、カフェを開いているキザキさんにいまの思いを伺いました。


◆電車が通ってないけど毎日空けて待っています
店はたいしたことなくて助かっていますけど、南阿蘇鉄道も第3セクターでそんなに収入があるわけじゃないんでどうなるか心配ですね。復興するのに50億円はかかると聞いています。
(全線不通の中でも店を再開したのは?)お客さんは来てくれないかもしれないけど、開けるだけは明けようと思って始めました。疲れたり大変なことが皆さんいっぱいあると思うんで、疲れたときに来て頂きたいと思って。でランチも半額でコーヒーも安く飲んで頂いています。「ここに来るとホッとするね」と言って下さる方が居ますので、すごくうれしいです。たどり着いてここの窓の外を見られると、「ここは変わってないね」とおっしゃったり、ホッとされるんでしょうかね。電車通ってないけど毎日開けて、管理もしてますので、これから長い時間がかかると思いますけど、ちょっとコーヒーを飲んで頂いて、少しでも気持ち安らげる場所を提供できたらと思っています。
私がいちばん好きな風景は秋。稲が実って黄金色にかわる風景が好きです。それを一緒に見て頂けたらなと思います。


阿蘇白川駅へは、熊本市から県道28号を使って車で行くことが出来ます。近くには「白川水源」などの名所もあり、ペンションなども営業中。にぎわいが戻る日を願って、今日もお店を開けているキザキさんに会いにぜひ、「75th st.」訪ねてほしいです。

また南阿蘇鉄道では、オフィシャルホームページで「復旧義援金」を募っています。

『LOVE & HOPE』、被災地・熊本からのレポート。
来週月曜日は、源泉から温泉の湧出が止まった内牧温泉を訪ねます。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN