2018年3月12日

3月12日 「あなたはそこに〜小野寺翔君」

多くの命と、故郷の風景を奪った東日本大震災。
あの日から、昨日で7年が過ぎました。

震災直後から現地へ足を運び、被災地の「生」の声を伝え続けてきたこの番組も、間もなく放送開始から7年を迎えます。

現地で聞いた、たくさんの声。
震災後、辛い想いをされた中でも、前を向いて歩いている姿…
本当にたくさんの「笑顔」に出会いました。
でもその笑顔の裏に、“あの日亡くなった、あの人の分まで”
という想いを、たくさんの方から感じさせていただきました。

そこで『LOVE&HOPE』では、
“忘れない、1人1人の7年を。あの日亡くなった、あなたのことを”
をテーマに、番組オリジナルのキャンペーンスポットを制作しました。

これまで番組が取材を重ねてきた方にあらためてマイクを向け、今なお胸の中に生きて、背中を押してくれる人のことを話して頂きました。そこへ、谷川俊太郎さんの詩、「あなたはそこに」が寄り添います。

今日はその中から、南三陸町戸倉出身、小野寺翔くんの回をお届けします。
戸倉中学2年の時に被災した小野寺翔くん、“忘れられない人は誰ですか?”


谷川俊太郎 作 「あなたはそこに」

本当に出会った者に別れはこない
あなたはまだそこにいる

小野寺くん 
「あなたの名前は、猪俣さとし先生。
南三陸町の戸倉中学校の理科の先生でした。
とにかく暑苦しいぐらい、誰よりも戸倉が大好きっていうような先生で・・。

当時の中学生の僕としては、なんかかっこいい職業につきたくて、自衛官かパイロットになりたいって話を、まあこっそり先生にはしてて、それをなんかこう、真剣にきいてくれて・・」


7年前のあの日、南三陸町戸倉で恩師を亡くした、小野寺翔君。
中学生だった彼は今、ふるさとの木、南三陸杉を守り伝えようと
林業を学んでいます。
小野寺君。猪俣先生が、今、君を見たら、なんて言うかな?
    
小野寺くん  
「今そうですね、上から見てるとしたら
『戸倉はやっぱいいべ』みたいな。 
あとは 『あれ?パイロットじゃないの?そんな田舎臭い仕事にしちゃったの?』っていう、ビックリもあるかもしれないですねー。」


本当に出会った者に別れはこない
あなたはまだそこにいる
目をみはり私をみつめ くり返し私に語りかける
あなたとの思い出が私を生かす
                 
復興支援番組「LOVE&HOPE」。
今日も被災地の声をお届けしています。

忘れない。ひとりひとりの7年を。
あのとき亡くなった、あなたのことを。

詩/谷川俊太郎 朗読/益岡徹
ナレーション/大後寿々花 音楽/古澤巌
*********************************

このキャンペーンスポット、この他に、見つからないご主人に宛てた手紙が恋文大賞を受賞した、気仙沼「すがとよ酒店」の菅原文子さんのバージョンがあります。これからもシリーズを増やしていく予定。

『LOVE & HOPE』、明日は、福島県富岡町から、元気な子供たちの声をお届けします。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN