• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
3月の始めにスタートした2017年の女子プロゴルフツアーも今週、宮崎で4試合目が行われています。
先週は今シーズン初めての日本人優勝者が誕生しました。菊地絵里花プロです。
菊地絵里花プロと言えばそのストイックな雰囲気と集中力の塊のようなプレイが魅力的です。
今週も好調を維持、シーズン何勝するか!?
少し気が早いですが、久しぶりの日本人賞金女王への期待もたかまります!

そして、このレギュラーツアーに続いていよいよ来週からは女子プロのステップアップツアーも開幕します。
ステップアップツアーは3月28日に福岡県で開幕、10月の終わりまで計21試合が行われます。こちらの戦いも見逃せません!

今週は、いよいよ来週から開幕するそのステップアップツアーで期待される新人プロの一人!
石山千晶プロをお迎えしました!


石山千晶プロは大阪府出身。両親の影響で5歳よりゴルフを始め、ジュニアゴルフで活躍。
なんと!小学校6年生で292ヤードを飛ばす天才少女として話題になり、以来、数多くのアマチュアの試合で優勝。2016年は単年登録でツアーに参戦、
7月にはプロテストに3度目の正直で見事合格されています。
そして、そのプロテストの直前ANAプリンセスカップでは初優勝も飾っています。
   
さて、その石山千晶プロには様々なゴルフエピソードがあります!

その1、幼稚園の卒園式では堂々と「プロゴルファーになる」と宣言!
自分では覚えていなかったそうですが、ご家族に卒園式のビデオを見せてもらって驚いたそうです。

その2、小学生の時には女子アマのドライビングコンテストでも1位!292ヤード!
恵まれた体を生かして小学校時代から飛距離はまさに大人以上だったそうです!
  
その3、プロテストに合格するために高校卒業後にキャディーを経験、
ゴルフコースの近くに一人暮らししてゴルフに精進!見事!幼い頃の「プロ宣言」を実現させています!

吉本新喜劇大好き!明るくて、おしゃれで、お姫様のような石山プロですが、こんな風にゴルフに対して人一倍真摯に向き合って来た歴史と積み重ね、情熱をうちに秘めています。

さて、石山プロはオフィシャルサポートのホームページで「応援基金」を募集中です!
これは石山プロがツアーに参戦するための資金を応援寄付でサポートするもの。
基金に申し込むといろんな特典がありますが、こんな特典があります!

ごく近い将来、「あの石山千晶を育てたのはオレ(私)や!」と「公式に」自慢できます。

とてもユニークですが、まさにプロと一体になって自分もツアーに参戦しているようなオフィシャルサポート「応援基金」、
ご興味のあるかたは石山千晶プロのオフィシャルサイトをチェックしてくださいね。170センチの長身!4月で22歳を迎えるまさに大型新人!
ステップアップツアーでの2勝目、レギュラーツア–デビューを期待しましょう!
*
*
今日、この後ラウンドのアマチュアのための青山加織プロのワンポイントアドバイスは
パッティングの距離感の出し方です。

ラウンドまえの練習グリーンでまず自分のアドレスのスタンスや歩幅の振り幅でどれだけボールが転がるかをチェック。
それを基準にすることでロングパットでも必ず安心して次のパットが出来る距離にボールを運ぶことができます。
 
実は3パットの原因は左右のズレよりも、距離感の問題が多く影響します。
自分の基準になる距離感を掴むことで、どんなロングパットでも2パットで上がることが出来るようになります。早速やってみましょう!
*
*
さて、3月の始めにスタートした2017年の女子プロゴルフツアーも
今週、開幕から3試合目が行われています。先週までの2試合はともにプレイオフで決着という、
まさに熱い戦いが繰り広げられています。そして、その試合で優勝争いしたのは川岸史果プロ、
そして藤崎 莉歩プロと、、、シード選手ではないQTの上位の選手、女子プロゴルファーの層の厚さを感じさせてくれました!

さて、層が厚いと言えば、九州出身の女子プロゴルファーも層がとても厚いんです。
今週は、、その九州、熊本出身の女子プロのお一人、青山加織プロにお話をうかがいました。
青山プロは先月ブログ、ツイッターでご結婚を発表されています。
ブログでは結婚早々合宿やシーズンへの準備もあって、新生活とはほど遠いとのことでしたが、今は少し落ち着いて新生活を楽しんでいるそうです。
じつは、青山プロの婚姻届けの保証人は師匠にあたる岡本綾子さんと表純子プロなんです。
大先輩の岡本綾子さんと、いい夫婦の代表!表純子プロの保証人、身も引き締まる思い!
とおしゃっていました。
   
さて、青山加織プロは熊本県熊本市出身。両親のすすめで4歳よりゴルフを始め、
坂田塾に入塾。小学6年生でプロのトーナメントに当時史上最年少で出場。
2001年には全国中学アマチュアゴルフ選手権で優勝。
九州女子アマチュアゴルフ選手権は2002年、04年、05年に優勝。そして、
2006年にプロに転向されています。
これまでステップアップツアーで4回の優勝を誇り、2010年から2012年まで、そして2014年はシード選手
として活躍、今年はQTランキング54位でツアーに参戦されます。
今年もステップアップツアーを中心に年間を通して試合に出場されるということで、シード再獲得に向けて頑張って欲しいですね。
     
そして、青山加織プロ、ご出身は熊本市です。昨年は熊本地震があり、地元が大きな被害、
試合も中止になりましたが、自ら軽トラを運転して被害を受けた地元をまわるなど、
多くの人をサポート、活動されました。ゴルフで得たものは「人との繋がり」、そのゴルフで得たものに感謝の気持ちを改めて強くしたということです。
熊本地震から1年、それと結婚。ツアー参戦11年目は新たな気持ちで試合に臨む青山加織プロ
2017年の活躍を応援したいですね。
*
*
さて、3月に入り、女子プロゴルフツアーも沖縄で開幕!今年最初の優勝プロも誕生しましたね!
でも、実は今年誰よりも早く「優勝トロフィー」を掲げた日本の女子プロがいます。
その大会は2月の16日、17日とグアム島で行われた「グアム知事杯」です。

グアム政府観光局主催のこの大会は、2017年で第15回を迎え歴史ある大会です。
研修生からベテランプロまで多くの女子ゴルファーが参加し、しのぎを削り、この大会で優勝した選手が、その後頭角を表すことも多く、これまで茂木宏美プロ、
上田桃子プロ、そして、今年、初シードを獲得した辻梨恵プロなどが歴代の優勝者として名前を連ねています。

今朝のゲストは、今年、この大会で優勝した小宮 満莉花プロです。
小宮プロはプレイオフを制しての念願の初優勝、広がるグアムの空の下、仲間達に胴上げされ
最高の記念になったそうです。

さて、小宮 満莉花プロは1990年生まれ、沖縄県の出身。ゴルフ歴は15歳から、
沖縄尚学高等学校を卒業、プロを目指し研修生となり、なんと7回目のチャレンジで
プロテストに合格されています。実は、所属先の「ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場」の
研修生は25歳までで、小宮プロはその最後の年に合格!もし、だめだったら、、お菓子職人の道も考えていたそうです!
そして、2015年にプロ入会、2016年はステップアップツアーでベスト10入り2回という実績を残されています。

小宮プロが本格的にゴルフを始めたきっかけというのが、地元沖縄で開催された
女子プロトーナメント「ダイキンオーキッド」で宮里藍さんの活躍を見て感動したこと。
いつかお世話になったお祖父ちゃんに、地元沖縄で優勝する姿を見せることが夢だそうです。
今回のグアム知事杯の優勝でこの後、2試合のレギュラーツアーの出場も決まっています!
今度は国内ツアーでの2勝目を期待しています!
*
*
ついに2017年の女子プロゴルフツアーが開幕しました!
これから11月までレギュラーツアーは全部で38試合行われます。

そして先日、この日本女子プロゴルフツアーの開幕に先立ってシーズン開幕イベントも
行われました!それが、FLIGHT TO VICTORY 日本女子プロゴルフツアー
2017年シーズン開幕イベントイン羽田空港です。


イベントに出演されたのは小林浩美会長、樋口久子相談役、東尾理子プロ、そして若手代表で
照山亜寿美プロ、佐久間綾女プロ。小林会長の開幕宣言、そして、トークショウなどが
行われました。今朝はそのイベントに若手女子プロ代表として出演された、
佐久間綾女プロをお迎えしました!



佐久間綾女プロは、1995年生まれ、茨城県の出身。ゴルフ歴は10歳から。
プロ入会は2016年、昨年プロテストに合格されています。
その2016年はステップアップツアーを中心に出場、13位タイが最高位、
今年はQTランキング109位でステップアップツアーを中心に試合に臨まれます。

開幕イベントでも話題になっていましたが、佐久間プロはスナッグゴルフから
ゴルフに移行して活躍、茨城県のジュニアオープンでは優勝されています。
世界的な大会も行われるこのスナッグゴルフ。ランチャーとローラーという
大きなクラブを使ったゴルフに似た競技です。
佐久間プロによるとこのスナッグゴルフ、ショットのクラブ(ランチャ−)が
一つしかないのでそれで距離を打ち分ける必要があり、とても距離感を
出すのが難しいということ、逆に言えば一つのクラブで距離を打ち分ける感性が
養われるということ。この辺りも佐久間プロのゴルフのテクニックにスナッグゴルフの
体験が生かされているのではないでしょうか?

物怖じしない度胸とスナッグゴルフで養った距離感を武器に佐久間綾女プロの
今シーズンの活躍を期待しましょう!
*

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top