4月30日O.A. 「I'll Be Missing」 Puff Daddy & Faith Evans ft. 112

1997年にリリースされた曲、
Puff Daddy & Faith Evans ft. 112、「I'll Be Missing」お届けしました。

この曲は、ポリスの「エブリ ブレス ユー テイク」をサンプリングした曲。
1990年代後半、パフ ダディはマライア・キャリーの「ハニー」など
自身がプロデュースした曲を次々とヒットさせ、まさに記録的な大活躍。
    
先日、アメリカ経済雑誌「フォーブス」が2012年版「ヒップホップ界長者番付」を発表しましたが、
パフ ダディが見事首位に!推定資産450億円。
      
この曲がヒットした1997年、日本では「失楽園」「たまごっち」「マイブーム」「日本版ビックバン」
などが話題となりました。

特に「たまごっち」は1996年の年末に発売され、1997年に大ブーム!
限定モデルが発売になる時は、前日から販売店の前には行列ができました。
海外でも30カ国で発売されました。

実はこの「たまごっち」今も健在。
もともとの卵形を始め、四角いモデルやケータイタイプなどが生まれ、
また、ダウンロードも出来るという、ネット時代ならではの「たまご」に生まれ変わりました。
      
そして、「日本版ビックバン」、高齢化社会において、
経済が活力を保っていくために行われた、金融システム改革。
15年経った今もなお、高齢化社会については議論されています。
国民が安心して長く暮らしていける国の実現、私たち自身も考えて行きたいですね。

  •      

2012.04.30

4月27日O.A. 「berangkat−ブランカ−」 The Boom

今朝は、1994年リリース、The Boom「berangkat−ブランカ−」をお届けします。
「berangkat」はインドネシア語で「旅立ち」という意味だそうです。
ガムランのいい音がしてバリ島あたりに出かけてくなる1曲です。

楽天トラベルの予約状況によると、
このゴールデンウィーク、海外旅行に出かける人は、前年比+91.0%!
お出かけのピークは5月3日となっています。

どこが人気なのかというと、ここ数年のアジア人気を反映して
韓国・中国・グアム・サイパン・台湾方面が鉄板!
恋人同士の旅行ではサイパンも人気となっています。
近場の海外で楽しむという「安・近・短」の傾向が続いているようです。

ちなみに国内で東北地方への旅行者は前年比+171.6%!
旅に行くことで復興にも繋がりますからね。

国内・海外共にお出かけの方は気をつけて、
そして、いい思い出を作って来て下さい。
  •      

2012.04.27

4月26日O.A. 「DAN DAN 心魅かれてく」 FIELD OF VIEW


(iTunes)

今朝は、FIELD OF VIEWの「DAN DAN 心魅かれてく」をお届けしました。

今から16年前、1996年にリリースされたFIELD OF VIEWの4thシングル。
作詞はZARDの坂井泉水、作曲は織田哲郎。『ドラゴンボールGT』の主題歌でした。

当時、プロ野球選手だった工藤公康投手が、
巨人在籍時代にこの曲を登場曲として2006年まで使用していたそうです。

1996年というと、アメリカのメジャーリーグで
野茂英雄投手が日本人初のノーヒットノーランを達成した年です。

昨日もダルビッシュ投手が活躍し、
現在では、たくさんの日本人選手がメジャーリーグで活躍していますが、
パイオニアの野茂英雄投手は素晴らしいですよね。
  •      

2012.04.26

4月25日O.A. 「あ〜よかった」 花*花


(iTunes)

今朝は花*花「あ〜よかった」をお届けしました。

花*花は「こじまいづみ」さん「おのまきこ」さんによる女性デュオ。
2000年この曲でメジャーデビューしました。

同じ年にリリースした「さよなら 大好きな人」は
テレビドラマ「オヤジぃ。」主題歌 になり、こちらも大ヒット。
出演の田村正和・黒木瞳・水野美紀・広末涼子・岡田准一が
家族というホームドラマ。このドラマも懐かしいですよね。

「あ〜よかった」という言葉に癒されます。
  •      

2012.04.25

4月24日O.A. 「光」宇多田ヒカル

今朝は宇多田ヒカル「光」をお届けしました。
今からちょうど10年前、2002年のこの季節にヒットしていたこの曲。

2002年の4月の出来事を振り返ってみますと、
4月21日にフランス大統領選が行なわれました。
しかし、過半数を獲得する候補者がいなかったため
シラクとルペンの上位2名による決選投票が5月5日に行なわれ
シラクが再選をはたしました。

今年もおとといの投票によって
1位のオランド候補と2位の現職サルコジ大統領で
決選投票が行なわれることになりました。

ちなみに今の選挙制度になってから第一回目の投票で
現職の大統領が2位だったことは初めてのことです。
決選投票での逆転はあるのでしょうか?

果たして「光」はどちらに射すのでしょうか?
  •      

2012.04.24

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»