guesttop

西本智実さん

【2018年2月3月ご出演】

イルミナート芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者、
日本フィルミュージックパートナー。岸和田市立浪切ホール芸術ディレクター。大阪音楽大学客員教授。
松本歯科大学名誉博士。平戸名誉大使第1号。大阪国際文化大使第1号。 
名門ロシア国立響及び国立歌劇場で指揮者ポストを外国人で初めて歴任、
約30ヶ国の名門オーケストラ、名門歌劇場、国際音楽祭より指揮者として招聘。
2013年よりヴァチカン国際音楽祭に毎年招聘され、2014年ヴァチカンの音楽財団より
【名誉賞】が最年少で授与。国家戦略担当大臣より感謝状など受賞多数。
イルミナート芸術監督としてオペラ・バレエの舞台演出も手掛ける。
2007年ダボス会議のヤンググローバルリーダーに選出。
2015年エルマウ・2016年伊勢志摩G7サミットの日本国CM及び日本国政府公式英文広報誌に
国際的に活躍している日本人として起用。アメリカの3つの財団から奨学金給付を受け、
ハーバード大学大学院(ケネディスクール)“エグゼクティブ教育”修了。

西本智実さん

西本智実 音楽家への歩み 

2018/02/17
西本智実 音楽家への歩み さん

今週からは指揮者の西本智実さんのお話をお届けします。

イルミナート芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者、
日本フィルミュージックパートナー。岸和田市立浪切ホール芸術ディレクター。
大阪音楽大学客員教授と様々な立場で音楽に関わる西本智実さん。
そのご活躍の原点にあるのが、音楽に関わるご家族の環境です。
早い時期から自身の心や気分、思いを表現できるのはクラシック音楽であると
考え、クラシック音楽に接していたそうです。

特に影響を受けたのがボリショイバレエの公演。圧倒的な音楽とパフォーマスに
感激しますが、こういったパフォーマスを観劇して、西本さんがいつも心惹かれたのは
主役だけではなく、悪役や敵役が見せる悲しげな表情。単に勧善懲悪の世界感で
盛り上がるのではなく、彼らの行動の奥にある人としての悲しみや運命に
揺られる人間の哀しみなどに心を動かされたそうです。

音楽、演奏の奥深さを求められる指揮者としての西本智実さんの原点は
まさにそんな深い人の心を理解しようとする優しさにあるような気がします。


さて、今後の西本智実さんの今後の公演情報もご紹介しましょう。


●4月13日(金) 紀尾井ホール
  指揮者西本智実&脳科学者中野信子が解明する音楽シリーズVol.3
 ~音階の不思議~



●4月21日(土) 東京文化会館大ホール
  西本智実芸術監督・台本・指揮
  INNOVATION OPERA「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」



●4月30日(月・祝) まつもと市民芸術館
  西本智実指揮 新緑のチャイコフスキー



●ヴァチカン国際音楽祭2018
  11月10日(土) サン ピエトロ大聖堂 ローマ教皇代理ミサ
  11月11日(日) サン パオロ大聖堂 演奏会

Page Top
|| 1 | 2 | 3 | 4 ||