8月22日O.A.〜Master Piece〜「What Do You What the Girl to Do」Boz Scaggs

「What Do You What The Girl To Do」は、
ニューオリンズ出身で、シンガー、ピアニスト、そして数々の
大物アーティストに楽曲提供をしている、アラン・トゥーサンのカバー。
リズム&ブルースが大好きなボズ・スキャッグスらしい1曲です!

お届けした楽曲は、ボス・スキャッグス「What Do You What the Girl to Do」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1976年にリリースされたAORの名盤、
ボズ・スキャッグスのアルバム『シルク・ディグリース』を特集します!

このアルバムはセールス的にも評判的にも大成功をおさめ、
収録楽曲がアメリカで最も権威のある音楽賞のひとつ
グラミー賞を受賞。アルバムもいまだ歴史的名盤として
評価され続けていますが、本人自身は葛藤もあったようです。
    
ボズ・スキャッグスは、もともとリズム&ブルースを基調とした
音楽を好んでプレイしていた中、ソフトで甘い大人なサウンドに
路線変更したこのアルバムが大成功。

ボズ自身は「あの成功が自分にはしっくりこなかった。
成功が嬉しい時期もあったが、そのあとは喜ぶふりをしていた」
と語っていて、自分のやりたい音楽と求められる音楽の不一致が
のちの彼を一時的に苦しめることとなったようです。

そんな葛藤が生み出したサウンドは、新しく発明的で、
のちのムーブメントをけん引していくことになります。
まさにボズの才能が詰まったアルバムと言えますね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月22日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.22

8月21日O.A.〜Master Piece〜「We’re All Alone」Boz Scaggs

スタイリッシュなアルバムジャケットのイメージにもぴったりな
楽曲「We’re All Alone」。
シングルカットされたのはもちろん、フランキー・ヴァリや
リタ・クーリッジなど大御所のミュージシャンがカバーしたことで
一躍有名になりました。

お届けした楽曲は、ボス・スキャッグス「We’re All Alone」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1976年にリリースされたAORの名盤、
ボズ・スキャッグスのアルバム『シルク・ディグリース』を特集します!

AOR(アダルト・オリエント・ロック)の名盤として
いまだ人気のあるこのアルバムは、写真家のモシャ・ブラカが
撮影したスタイリッシュなジャケットも有名。
海をバックにしたベンチに座るボズに、歩み寄る女性の手だけが
写っているなんともセクシーでアダルトな1枚です。
その頃の時代の高揚感のような独特の雰囲気を感じます。

「We’re All Alone」の歌詞には、
「岸辺で涙を流すのはもうやめて。
夢が僕らを海へといざなってくれるから」とあります。
    
ボズ自身は「この曲のタイトルを個人的な話と普遍的なテーマを
両立させるものとしたが、両者の意味が同時に成立するような
歌詞にするのに苦労した」と語っていて、聴く人の解釈で
いろんな意味が詰まっているのも名曲と呼ばれる証となっています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月21日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.21

8月20日O.A.〜Master Piece〜「Georgia」Boz Scaggs

「Georgia」は、ホーンセクションも印象的な軽快かつ
ファンキーな1曲で、ボズの大人っぽいボーカルを引き立てる名曲です。

お届けした楽曲は、ボス・スキャッグス「Georgia」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1976年にリリースされたAORの名盤、
ボズ・スキャッグスのアルバム『シルク・ディグリース』を特集します!

このアルバムは、ボズ・スキャッグスの出世作となった1枚で、
この後、ブームを起こしたジャンル「AOR」は
ここから始まったとまでいわれています。
最終的に500万枚以上ものセールスを記録しました。
    
ちなみにこのアルバムは、ボズ・スキャッグスにとって
7枚目となる作品で、当時彼は32歳。
バンド経験やイギリスでの活動など、様々な経験を積んでの成功でした。
    
この時点でまだ「AOR」というジャンルはなく、
その後にこのアルバムにも参加したTOTOや、
ボビー・コールドウェルなどなど良質な音楽の登場で一気に
ムーブメントを起こすことになります。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月20日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.20

8月19日O.A.〜Master Piece〜「Lowdown」Boz Scaggs

「ロウダウン」は、アルバム『シルク・ディグリース』からのシングルカットで、
洗練されたアダルト・コンテンポラリーなサウンドで大ヒット。
いわゆるAORブームを牽引することになります。

お届けした楽曲は、ボス・スキャッグス「Lowdown」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1976年にリリースされたAORの名盤、
ボズ・スキャッグスのアルバム『シルク・ディグリース』を特集します!

このアルバムは、ボズ・スキャッグスの出世作となった1枚で、
アメリカのビルボードチャートで2位を記録しました。
またイギリスでも初めてチャートインを果たしています。
    
ボズ・スキャッグスは、1965年にデビューしつつも、
昔から親交のあったスティーブ・ミラー・バンドにギタリスト、
そして一部の曲ではボーカリストとして参加。
これにより注目を浴びた彼は、大手レコード会社と契約しつつ
ソロ作品を発表。そして、このアルバム『シルク・ディグリース』で
大ブレイクを果たしました。
    
このアルバムには、後にTOTOを結成することになる
デビッド・ペイチやジェフ・ポーカロらも参加。
とにかく凄腕のミュージシャンたちによって制作され、
ファンキーかつ、クロスオーバー的なサウンドを作り上げました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月19日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.19

8月16日O.A.〜大切な人に伝えたい名曲リクエスト〜「One more time, One more Chance」山崎まさよし

この曲は、1997年にリリースされたシングル。
山崎まさよしさんが上京した時に、デビューがなかなか決まらず、
もんもんとした気持ちを綴った1曲。
この曲に勇気をもらう男性は多かったのではないでしょうか。

お届けした楽曲は、東京都 30歳 男性 ラジオネーム「TA1970」さんからのリクエスト
山崎まさよし「One more time, One more Chance」

今週は、夏休みスペシャル企画!
『大切な人に伝えたい名曲リクエスト』をオンエアーします!
    
東京都のラジオネーム「TA1970」さんからは、
「先日一足早く夏休みが終わりました。
今年は実家に帰省していたのですが帰省前に高校時代に
好きになった人が実家のある町に引っ越していると知り
会えないかな〜と思いながら帰省しました。
同じ部活の同級生で入学と同時に一目惚れして6年片思いし続けて
OB.OG会の時に告白してふられてしまいました。

しかし、その後も忘れられず30歳になった今でもその人のことを
考えてしまいます。その間他の女性から嬉しいお話を頂くことも
ありましたがその人の事が頭から離れずお断りし続け高校時代から
今まで彼女も作れずにいます。
今回の帰省で小さな町なのでもし会えたらと思っていましたが
会えずに東京に帰って来てしまいました。
SNSで繋がってるし、連絡先も知っているのですが
一度ふられているので連絡する勇気が出ません。

この曲を聞くたびにもう一度会う機会を、もう一度気持ちを伝える
チャンスをと思い彼女のことを考えてしまいます。
せめて遠目でもいいので元気な姿をみたかったなぁ〜、
でもまだ好きなんて言ったらドン引きされるかな(笑)。」といただきました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月16日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.16

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 384 | 385 | 386 || Next»