6月29日O.A. 「浪漫飛行」米米クラブ   

今朝お届けしたのは、ラジオネーム107(ワン・オー・セブン)さんから頂いたリクエストです。 1990年にリリースされました 米米クラブ、「浪漫飛行」。

「この曲は、飛行機か旅行のCMで流れていた記憶がありますが、
私にとっては単に物理的な旅というよりは、人生の旅の歌に聴こえた曲でした。
当時は未成年でしたが、大人になってもこういう気持ちを忘れないでいたいなあ、
と漠然と思っていました。この曲を聞くと、やっぱりキツくても頑張ろう!と前向きな気持ちになれます」と、107(ワン・オー・セブン)さんは書き添えてくれました。

空に浮かぶ白い雲のような軽快なメロディーは、当時、ある航空会社の夏のキャンペーンソングにもなって、ミリオンセラーを記録する大ヒットになりました。
この歌は、一昨年にHALCARIがカバーしたりと、今でも歌い継がれていますよね。

この「浪漫飛行」が流行った1990年といえば、日本ではバブルが崩壊して、
景気は最悪。でも、多くの航空会社が、当時「世界最大」を売りに開発された、
この「ボーイング777」の導入を決めた年でもありました。
この「夢のジャンボ機」で海外を旅する事に憧れて、107(ワン・オー・セブン)さんのように、“人生の旅も頑張ろう”と思った方、多かったんじゃないでしょうか。

それから12年後の今年は、洗練されたスタイルの新型旅客機、燃費も優れた
ボーイング787が、新しい空の主役として注目を集めています。
まさに、時代の移り変わりを感じますが、「旅」が私たちにとっていつも素敵な
あこがれであることは変わりませんね。

来週からはもう7月、あなたの夏の旅行の予定はもう決まりましたか?

2012.06.29

6月28日O.A. 「Point of No Return」 CHEMISTRY  

今朝お送りしたのはCHEMISTRYの2枚目のシングル「Point of No Return」。
2001年の、6月のヒット曲です。

さて、この曲がヒットした2001年、イギリスの作家J・K・ローリングさんによる
世界中で大ヒットした、「ハリー・ポッター」の第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」
が映画化されています。

世界中で多くの人に愛読され、人気シリーズとなった「ハリー・ポッター」。
当初児童向けの作品でしたが、その人気は大人も巻き込み、
映画化されても、大人気となりました。

当初から、原作は7作品で完結という構想だったため、映画も7作品続くと言われ、
2001年に公開されて、2011年7月に完結しています。

その映画の人気の理由はなんと言っても登場する子供たち。
ただ、ハリー・ポッターを演じた、ダニエル・ラドクリフ君は、1作目では、11歳でしたが、
作品を全て撮り終えた時には、21歳!もう、立派な大人になっていました。
作品の中で「ハリー・ポッター」が成長したように、
出演者達の成長が見られたというのも、この作品の魅力でもありました。
勇気を持って前に進むことの大切さを教えてくれたこの作品。
登場人物や俳優達と同じように、この「ハリー・ポッター」の小説や映画と一緒に、
年を経て、子どもから大人へと成長したリスナーの方も多いのではないでしょうか?


ただ、俳優は一度当たり役を演じるとそのイメージが抜けずに苦労すると言われています。
大人になった「ハリー・ポッター」の出演者たち。
次回は、どんな作品に出演して、どんな演技を見せてくれるのか?
是非、楽しみに待ちたいところです。

2012.06.28

6月27日O.A. 「Morning Glory」 Oasis

今朝はこの1曲、オアシス「モーニング・グローリー」でした。
オアシスは1991年結成、1994年デビュー。
イギリスを代表するロックバンド、世界で7000万枚をこえるセールスを誇る、
まさに近年の NO1、ロックバンドです。

さて、来る7月27日、新潟県の苗場スキー場で3日間行われる、
日本では国内最大規模の野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」。
今年のラインナップは、レディオヘッド、ストーン・ローゼズ、エルヴィス・コステロ、アウル・シティー、サカナクション、チャットモンチー、井上陽水、、などなど。
(これは本当にごく一部です。)
そんな中注目されているのが、2日目に出演する「ノエル・ギャラガーズ・ハイフライング・バーズ」と
1日目に出演する「ビーディー・アイ」。
実はこの二組は、2009年この「オアシス」の解散後、兄のノエルと、弟のリアムがそれぞれ結成したバンドです。

オアシスとしては、このフジロックには2001年と2009年に出場していますが、
元オアシスのこの兄弟が日を分けて、今回も登場するんです!
そこで、音楽ファンの間ではこの2組の出演をめぐって、こんな噂が飛び交っています。
“今年のフジロックで、オアシスが再結成するんじゃないか!?”

リアムが、「フジロックでオアシスの曲を解禁する」と言ったのも、その噂に拍車をかけたようです。
でも、そもそもよくケンカをしていたようなので、そう簡単にはいかないのか!?
まさに噂が噂を呼んでいます。

そして、フジロックの開催の日、7月27日、ロンドンオリンピックも開幕の日を迎えます。
今日は6月27日、 ちょうどどちらもあと1ヶ月に迫りました。
暑い夏を熱くフジロックで過ごすか!?
ロンドンオリンピックの応援に熱くなるか?
オリンピックの感動も是非、「クロノス」で!

2012.06.27

6月26日O.A. 「GLAMOURUS SKY」 NANA Starring MIKA NAKASHIMA

今朝の曲は、NANA Starring MIKA NAKASHIMA「GLAMOURUS SKY」
いまから7年前、中島美嘉さんが主演した映画「NANA」の主題歌としてヒットしました。
作詞はNANAの原作者、矢沢あいさん、作曲はL'Arc〜en〜CielのHYDEさんということでも話題になりました。中島美嘉さんにとっては、初めてオリコン1位を獲得したメモリアルな曲でもあります。
      
ちなみにこの曲がヒットした2005年は、
この「NANA」のほかにも、「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」などの少女漫画が人気でした。アニメ化、実写でのテレビドラマ化、映画化など、この年に前後して、いろんな形でヒットしました。

一方で、倖田來未さんの人気から、エロかわいい、エロかっこいい、という言葉が流行。
○○かわいい、○○かっこいい、という言葉が流行った年でもありますが、
7年というと、まだそんなに前という気がしません、、が、
流行語というだけあって、いま使ってる人は、、、いないですね。

さて、こちらは流行語ではありませんが、今朝、クロノスで紹介したいくつかの
最新(?)若者コミュニケーション言葉「おこ?」ご存知でしたか?
おこ、与謝野る、田植え、ピン写、ソロ充、、、

7年後はどんな言葉が生まれているのでしょうか?

2012.06.26

6月25日O.A. 「Black Or White」 Michael Jackson

今日、6月25日は、マイケル・ジャクソン、3回目の命日です。
                      
今朝お送りした曲は、マイケル ジャクソンの1991年リリースのナンバー
「Black and White」。世界15カ国以上でこの曲はチャートのNO1を記録。
人種差別に対してのマイケルの「反抗するメッセージ」が歌われています。

マイケルほど様々な社会問題に注目、
音楽を通じて”反抗””戦う姿勢”を示し続けたアーティストはいません。

「今夜はビートイット」では若者の暴力や犯罪問題を。
「We Are The World」ではアフリカの飢餓問題を。
「Man In The Mirror 」でも貧困問題。
特にマイケルがその人生を賭けて訴えたのが「地球環境問題」でした。  
   
しかし、先週、土曜日、閉幕した、国連持続可能な開発会議「リオ+20(プラス トゥエンティ)」。
1992年の地球サミットから20年目の節目となる会議でしたが、
成果文書では具体的な数値目標の議論は先送りにされたかたちになり、
実効性に乏しい、期待外れの結果になりました。

マイケルの曲、メッセージを今一度受け止め、
私達の未来は、私達、ひとりひとりの手にかかっていることを
忘れずに行動していきましょう!
「何かを良くしたいなら自分が変わることが大事!」
これはマイケルジャクソンの曲に重なるメッセージです。

2012.06.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»