8月31日「Virginia Moon」Foo Fighters feat. Norah Jones 

今朝お送りするのは、2005年のナンバー、
フーファイターズ・フィーチャリング・ノラ・ジョーンズ、「バージニアムーン」

元ニルヴァーナのデイブが率いるフーファイターズ。
2005年にリリースしたアルバム、「イン・ユア・オナー」は、
フーファイターズのスタイルでもあるハードな曲を収録したディスクと、
こうしたアコースティックな曲を収めたディスクの2枚組で構成され、
このノラ・ジョーンズとの優しいタッチの異色のコラボレーションは、
当時、グラミー賞にもノミネートされるなど、注目を集めました。


ノラは当初、こんな風にコメントしていたそうです。

「私は長年フーファイターズのデイヴのファンだったの。
彼に連絡をもらって、“ようやく私もロックできるのね!”と思ったら、
送られてきたのはこの美しいボサノヴァのバラードで、
デイヴが私に声をかけてくれた理由を悟ったわ。
コード進行が複雑で、しっくりくるハーモニーを探すのに少し時間がかかったけど、
彼と一緒に見つけ出すことができたわ」
・・・・・・確かに心地いいハーモニーですよね。


実は今夜は満月です。
予報は関東は大気の状態が不安定ということですが、
ところによっては、きれいな満月が見られるでしょう。

満月は体の中の不要なものを解き放つ力が有る・・・と言われています。
明日がお休みのかた、今夜はゆっくり夕涼みをしながら、お月見・・・
いかがでしょうか?まだちょっと蒸し暑いですが、
空に浮かぶ満月を眺めて、心と体をリフレッシュしてください。
  •      

2012.08.31

8月30日O.A.「プラネタリウム」大塚愛

今朝の曲は大塚愛さんのヒット曲で「プラネタリウム」。、今から、7年前の2005年にリリース。
大ヒットドラマ「花より男子(だんご)」で、挿入歌として使われていました。

「花より男子(だんご)」は、雑誌『マーガレット』で1992年から2004年まで連載され、
当時、コミックの売上発行部数5800万部以上を誇り、
“日本一売れた少女漫画”として、話題となりました。

また、この「花男」人気は、日本だけでなく、台湾や韓国などアジアを中心に広まり
「マンガ」が、日本が世界に誇れる文化の1つであるということを、
世界に再認識させた出来事だったのではなでしょうか?


ちなみに、、女優の井上真央さんや、嵐の松潤、俳優の小栗旬さん、松田翔太さんなど、
今や大人気のキャスト陣の出演も豪華でしたね。

今、日本のマンガが、世界中でリメイクや、アニメ化、実写化されている中、
手塚治さんの「ブラック・ジャック」がアメリカで、来年、実写でドラマ化されると発表されました。

今やハリウッドにとっても貴重な原作ソースとなった日本の漫画文化。
誰が演じて、どんな「ブラック・ジャック」を見せてくれるのでしょうか?

あなたは誰に演じて欲しいですか?(ジョニーディップ???)
「ER」等に続く医療ドラマ!今から楽しみですね!



  •      

2012.08.30

8月29日O.A.「 夏の終わり」森山直太朗

今朝の曲『夏の終わり』は、森山直太朗さんの3rdシングル。
9年前・・・あの「さくら」が大ヒットした同じ年の夏に、この曲は誕生しました。
遠い恋人を想う気持ちを歌ったものです。
どことなく・・・。お母さんの森山良子さんがうたう、「さとうきび畑」
に通じるものを感じます

まだまだ日中は厳しい暑さですが、それでも『夏の終わり』を感じる瞬間、
少しずつ増えてきましたよね。

夕暮れの空の雲、、
陽が落ちるのも早くなり、夜は鈴虫が鳴いていたり、、
私たちの身の回りの自然だけではなく、
スポーツ好きの人にとっては、ヨーロッパサッカーリーグの開幕、
プロテニス US オープンの開幕等。

あなたはどんな時に夏の終わりを感じますか?
  •      

2012.08.29

8月28日O.A.「少年時代」井上陽水

ノエビア SONG OF LIFE!
今朝は1991年のヒット、井上陽水「少年時代」お送りしました。

井上陽水さんは、この夏、FUJI ROCK FESTIVAL、ap BANKフェスに出演、
苗場、そして、みちのくの夏の空にこの「少年時代」が響き渡りました。

さて、この曲は1990年の9月にリリースされたんですが、
翌年の91年にCMに使われたことで、最高4位を記録するヒットになりました。
その後もロングヒットとなり97年にミリオンセラーに認定されています。

冒頭の歌詞は、「夏が過ぎ 風あざみ」とありますが、
実はこの「風あざみ」という言葉は陽水さんの造語です。
ちなみに、「夏祭り 宵かがみ」の「宵かがみ」も陽水さんの造語。
「風あざみ」「宵かがみ」、、、、
実際には意味のない言葉なのに、陽水さんのメロディーにのると、そのニュアンスや、
情景が浮かぶから不思議ですね。

まさに時代を越えた、いつまでたっても色あせない名曲です。
夏の終わりに聴きたい名曲です。
  •      

2012.08.28

8月27日O.A.「I'm Every Woman」Whitney Houston 

このコーナーでは、お出かけ前の朝のひと時を彩る一曲をご紹介していきます。
今朝お送りした曲は、「ホイットニー ヒューストン」、1993年にリリースされた
「アイム エヴリ ウーマン」。


この曲は、「チャカ・カーン」の代表曲をリバイバル。
映画「ボディーガード」のサウンドトラックに収録されました。
もともと、チャカ・カーンのバックコーラスを努めていたホイットニーヒューストン、
オリジナル曲より、成功を収めました。

現在、アメリカでは、ホイットニーヒューストン最後の出演作となった映画「スパークル」が
公開され、人気を呼んでいます。
この映画は、モータウンの女性コーラス・グループ「シュープリームス」から
物語のヒントを得た1976年の映画「スパークル」のリメイク版。
主演は、アメリカの人気オーディション番組「アメリカンアイドル」で、
わずか17歳で優勝した「ジョーダン スパークス」。
日本での公開は未定ですが、9月5日にサウンドトラック国内盤がリリースされます。

ホイットニーの最後のレコーディング曲「セレブレート」が収録されていて、
主演のジョーダン・スパークスとのデュエット曲となっています。
「チャカ・カーン」から「ホイットニー・ヒューストン」、
そして、「ジョーダン・スパークス」と歌姫の“魂”は確実に受け継がれています。
     
      
  •      

2012.08.27

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»