5月31日O.A.「ジュビリー」くるり                    

今朝お送りしたのは、くるり、「ジュビリー」。
2007年、くるりが、日本人ロックバンドとしては初めて、ウィーンでレコーディングした曲で、
プロデューサーは、フランス人のステファヌ・アルフ・ブリア。

どこか浮遊感のあるアレンジとメロディーは、そんなレコーディングの影響もあるのかもしれません。
タイトルの「ジュビリー」は、「歓喜」を意味しているそうです。

この歌にリクエストを下さった、ラジオネーム〔Kukka〕さんからは、こんなメッセージも・・・

「私の思い出のドライブソングは、くるりの「Jubilee」です。
片想いしていた大学の先輩が卒業。その先輩を、車で大阪から東京へ送り届ける機会があり、
私が運転し、先輩が曲を選んでかけていました。
もうすぐ高速を降りるというあたりで、この曲をかけ、
『歓びとは誰かが去るかなしみを 胸に抱きながらあふれた 一粒の雫なんだろう』の部分を一緒に歌い、
「その通りやと思うねん・・・」と悲しそうに呟いていました。
結局告白できないままお別れしましたが、私は先輩が去る悲しみと、一緒にドライブできた歓びとで、
とても複雑で切ない気持ちでいっぱいでした。」

こういう切ない気持の方が、色あせずに残るものなんですよね。
音楽は流れた瞬間に霧のようにはかなく消えてゆきますが、
その音楽が心に刻んだ記憶は一生残ってゆきます。

6月はまた新たなテーマでリクエスト募集します。お楽しみに!

2013.05.31

5月30日O.A.「My Sweet Lord」George Harrison

東京も梅雨が始まりました。何となくロンドンのような日本の梅雨時の空ですが、
今朝の1曲は、ジョージ・ハリスンです。

ジョージ・ハリスンが1970年、日本では71年にリリースした1曲を。
この曲はイギリス、アメリカはもちろん、日本でも当時20万枚を超えるセールスを記録し、
日本のチャートでも4位になりました。

このほど、ジョージ・ハリスンの記念庭園が、ロンドン近郊のワットフォードにある
バクティーベダンタ・マナー寺院に作られ、一般公開されたそうです。
ここは、もともとジョージが入信した宗教団体・クリシュナ意識国際協会に寄付した場所で、
2001年にジョージ・ハリスンが他界した後、追悼する意味で庭園の造園が進められてきたということです。

イギリスには、アビーロード・スタジオや旧アップルビル、ペニー・レーン通りなどなど
ビートルズゆかりの地がたくさんありますが、またひとつ、新名所が誕生しましたね。


2013.05.30

5月29日O.A.「Don’t Look Back In Anger」 Oasis

今朝はオアシスの大ヒットアルバム「モーニング・グローリー」から、
ボーカルをめぐる兄弟げんかの末、ノエルがリードボーカルをとることになった、
この曲「Don’t Look Back In Anger」。

今日、5月29日は、イギリスのロックバンド・オアシスのノエル・ギャラガーの誕生日です!
1967年、マンチェスター生まれ。13歳の頃からギターを始め、
91年、弟のリアムらとオアシスを結成します。
95年、セカンドアルバム「モーニング・グローリー」が、世界的大ヒットを記録し、
一気にロック界のスターダムへ駈け上がりました。

日本でも、来日するとチケットの争奪戦が始まるという人気でしたが、
2009年8月、ノエルが公式サイトで、オアシス脱退を発表、事実上オアシスが解散します。
その後、残された4人のメンバーで新たに「ビーディー・アイ」を結成、
現在ノエルは、ソロ・プロジェクト「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライングバーズ」として活動。

完全に解散してしまったオアシスですが、ファンの間ではいまだに再結成をのぞむ声がありますね。
ちなみに彼はイギリス人らしく、サッカーも大好き。
もちろんマンチェスター生まれということで、マンチェスター・シティの熱狂的サポーターだそうです。
マンチェスターのもう一つのチーム、マンチェスターUは・・・嫌いだそうです。
この辺りもロックの反骨精神が垣間見えます。

2013.05.29

5月28日O.A.「The Loco-Motion」 Kylie Minogue

今朝お送りしたのは、カイリー・ミノーグ。
デビューシングル、 「ロコモーション」

カイリー・ミノーグは1968年5月28日生まれ。今日が45歳のバースデーです。
オーストラリアのメルボルンに生まれたカイリー・ミノーグは、70年代後半から子役として活躍、
テレビ・ドラマなどで人気だったんですが、
1987年にリトル・エヴァのカバー曲「ロコモーション」で歌手デビューしました。

その「ロコモーション」は、オーストラリアで7週連続のNo.1を記録。
翌年リリースされたワールドワイドバージョンは、全英で2位、全米で3位を記録し、
世界でブレイクしました。

ユーロビートの衰退とともに一時低迷した時期もありましたが、2000年代に入って復活。
シンガーとして、そして女優としてもその美しさに磨きがかかり、
大活躍しています。

2013.05.28

5月27日O.A.「Three Little Birds」 Bob Marley & The Wailers 

今朝、お送りしたのは、1977年の曲、
ボブ・マーリー & ザ・ウェイラーズ、「スリー リトル バーズ」です。
今月5月11日はボブマーリーの命日でもありましたが、
最高傑作との呼び声の高いアルバム「エクソダス」に収録されています。

彼の音楽・思想は、数多くの人々に多大な影響を与えていて、
レゲエミュージックの枠を飛び越えた存在であります。
      
また、この曲も収められたボブ・マーリーの代表作「レジェンド」、
そのオフィシャルリミックスアルバムが6月25日にもリリースされます!
このリミックスを手掛けているのは、息子のジギーマーリーを筆頭に、
様々なアーティスト、プロデューサー陣。
      
この曲のメッセージがまた新たな形で送りだされます。

  「Sigin’“ Don’t worry about a thing, Cause every little thing gonna be all right”」
  歌おう!“大丈夫!心配しないで。だってどんな小さなことも全てうまくいくから!”

2013.05.27

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»