9月30日O.A.「Enter Sandman」Metallica

今朝の1曲は、「メタリカ」、1991年のヒット曲、「エンター・サンドマン」。

メタリカは、1981年結成のアメリカのヘヴィ・メタルバンド。
2009年には、ロックの殿堂入りも果たし、現在も多くの人に影響を与えています。

そのひとりに挙げられるのが、
今季限りで引退する、ニューヨークヤンキ−スのマリアノ・リベラ投手。
入場曲は、この「エンター・サンドマン」!
 
先週、日本時間23日、ヤンキースタジアムで、
リベラ投手の引退セレモニーが行われたのですが、
およそ4万9000人のファンが集まり、メタリカも、生演奏でセレモニーに花を添えました。
さらに、サプライズには松井秀喜さんが登場!
球場は、熱狂に包まれました。

ヤンキース、一筋19年。
歴代最多、652セーブ数を誇る、名実ともに世界一のクローザ−。
彼の背番号「42」は永久欠番になりました。
彼が長くヤンキースで活躍できたのは、
実力はもちろん、紳士で人格者であった「あらわれ」でもあります。

日本時間27日、本拠地の最終戦で登板。
球場を去りましたが、彼の投げる姿はこの曲とともに
私たちの記憶に刻まれています。
        

2013.09.30

9月27日O.A.「楽園」The Yellow Monkey             

今朝は、神奈川県在住の30代女性、ラジオネーム〔ほし子〕さんから頂いたリクエストにお応えしました。
The Yellow Monkey、「楽園」。解散後、音楽誌のイエモン作品投票で2位にランキングされた、彼らの代表曲の一つです。

〔ほし子〕さんはこんなメッセージを添えて下さいました・・・

「私が今一番旅をしたい場所は、〔天国に一番近い島〕ニューカレドニアです。
世界遺産に登録されている珊瑚礁を見たり、
〔シーフードの宝庫〕と言われている食事も味わってみたいです。
特に、有名な〔特大伊勢海老〕を食べてみたいです。
そんな旅のお供に持っていきたい曲はTHE YELLOW MONKEYの楽園。
この曲を聴きながら〔楽園・ニューカレドニア〕を満喫したいです」

〜オーストラリアの東、南太平洋に浮かぶ、仏領ニューカレドニアは、
白い砂とターコイズブルーの海、世界遺産にも指定されている雄大なサンゴ礁など、
宝石のような自然が広がるリゾートアイランドとして有名です・・・      
実は景色だけではなく食も充実。伊勢海老も有名なんですね!
実現の時には、是非現地の詳しい情報教えてくださいね。


2013.09.27

9月26日O.A.「A Whole New World」Peabo Bryson & Regina Belle

一雨ごとに秋の空気に入れ替わる今日この頃。
ウエディング・シーズンも本格的になります。
今朝ご紹介したのは、そのウエディング・シーズンにもピッタリな1曲。
1992年に公開された映画『アラジン』でおなじみ、「ホール・ニュー・ワールド」です。

この『アラジン』は、ディズニーのアニメーション映画で、    
「アラビアン・ナイト」の物語をもとに、不思議なランプを手にした若者が、
愛する人を守るため冒険に挑む姿を描くファンタジー。
この曲は、主人公アラジンと、ジャスミンが新たな世界を探す場面で歌われ、
印象的なシーンとして、観た人の心に刻まれています。
1992年にアカデミー賞で歌曲賞を受賞。さらに1994年には、グラミー賞で最優秀楽曲賞も
受賞しました。

    「新しい世界、それは私たちの世界、あなたと私の胸が踊る世界・・・」
    まさに結婚式のBGMにもぴったりです。

美しいメロディーに、実力派の2人が歌うデュエットソング。
結婚式にはまだまだ人気を集めているということです。

2013.09.26

9月25日O.A.「Show Me」森川由加里

今日ご紹介したのは、森川由加里さんカバー曲の「ショウ・ミー」です!

今週の日曜に放送された「半沢直樹」の視聴率
40%を超えて話題となりました。
この「半沢直樹」以外で、80年代以降視聴率が40%を超えたドラマは、
関東・関西合わせて6作品しかありません。
「ショウ・ミー」はその中の1つ、87年放送の【男女7人秋物語】の主題歌でした。
このドラマは、明石家さんまさん、大竹しのぶさんが共演して話題となった
86年の【男女7人夏物語】の続編で、もちろんお二人も出演しています。
その【男女7人秋物語】は、関西地区で41.6%を記録しています。

「ショウ・ミー」は有線大賞・新人賞など数々の音楽賞も受賞していて、
ドラマの視聴率に負けるとも劣らない、大ヒットソングとなりました!
ちなみに、【男女7人夏物語】の方は、石井明美さんの「CHA-CHA-CHA」が主題歌でした。

2013.09.25

9月24日O.A.「What You Won't Do for Love」 BOBBY CALDWELL

今朝お送りしたのは、ボビー・コールドウェルの「風のシルエット」です。
ボビー・コールドウェルは、1970年代から1980年代に活躍したAORサウンドを代表するシンガーの一人。
ニューヨーク・マンハッタン生まれで、1978年のデビュー曲にして、彼の代表曲となったのが
「What You Won't Do for Love 風のシルエット」で、いまも多くのアーティストにカバーされています。

ソウルテイストを取り入れたマイアミ風のサウンドを確立、その後西海岸を拠点に活躍しますが、
様々な楽器をこなし、玄人好みの音で特に日本で人気を博しました。

アメリカではそんな器用さがアダとなり、今ひとつその音楽的な価値が認められていませんでしたが
ここ数年はカバー曲がはやったりするなどその音楽性が認められています。

とは言え、やはり今もの日本での知名度や人気の方が抜群に高く、今年も10月には、ビルボードライブ東京などで来日公演が予定されているほか、この9月には、過去の8作品が、紙ジャケット、高音質盤で発売となります。



2013.09.24

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»