1月31日O.A.「To U」Bank Band  

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
今月のテーマは、「ウィンターハーモニー!THE BEST DUO & DUET SONGS」!
今朝は、20歳の女子大学生〔ソーマ〕さんから頂いたリクエストにお応えしました。
Bank Band with Salyu、「To U」。

〔ソーマ〕さんからはこんなメッセージ・・・

「私の好きなDUET SONGは、Bank Bandの「To U」という曲です。
同じサークルの男の子が、“どうしても一緒に歌いたい”というので、がんばって練習して、
カラオケでデュエットした曲です。
そこからどんどん仲良くなって、今は私の隣でお昼寝してるかわいい旦那様です^^*」

「To U(トゥ・ユー)」は、プロデューサーの小林武史、Mr. Childrenの桜井和寿を中心に結成された、
Bank Bandの1stシングル。2006年のリリース。
バンドのメンバーは流動的で固定されていなませんが、
はじめ、Salyuがソロで歌っていたものに、桜井さんが歌詞を書き加え、自らもボーカルに参加し、
〔Bank Band with Salyu〕というデュエット形式になったといういきさつが。

「To U」の〔U〕には、You=「あなた」と、Universe=「すべての世界」という意味が込められています。

2014.01.31

1月30日O.A.「Carnival」The Cardigans

今日の曲は、90年代の半ばにムーブメントとなった
スウェーデッシュ・ポップの火付け役的存在、THE CARDIGANSです。
日本でプラチナ・アルバムを記録した95年のアルバム『ライフ』から、
シングルヒットしたこの曲「Carnival」。

THE CARDIGANSは、このニーナを含む5人組で、94年にデビュー。
その翌年にリリースされたアルバム『ライフ』はここ日本で大ヒットし、
プラチナ・アルバムを獲得しました。
その後もアメリカで成功を納め、世界的バンドとなりますが、98年に活動を休止。
2003年には、活動を再開してアルバムをリリースし、本国スウェーデンで大ヒット。
2012年には、サマーソニックに出演するなど、一時的な活動はしていますが、
現在は、それぞれ個々の活動を中心に行っています。

昨日、1月29日に、このTHE CARDIGANSのヴォーカリスト、ニーナが初のソロアルバム
『アニマル・ハート』をリリース。そのハスキーでコケティッシュなヴォーカルで
健在ぶりをアピールしました。


  

2014.01.30

1月29日O.A.「Born In The U.S.A.」Bruce Springsteen 

今日ご紹介したのは、ブルース・スプリングスティーンの、「ボーン・イン・ザ・USA」です。

今から30年前の、1984年にリリースされたアルバム「ボーン・イン・ザ・USA」は
全米1位を獲得し、84週連続TOP10入りという大記録を成し遂げました。
84週・・・1年以上です! 1年と7ヶ月!
しかし、そのアルバムのタイトル曲である、この曲の歌詞は
“ベトナム帰還兵”の苦悩をテーマにしたもの、
アメリカの深い影の部分を歌ったものでした。

昨年は発売から30年の節目として、アルバム「ボーン・イン・ザ・USA」を
全曲再現したライブも行なわれました。
今日リリースされる、スプリングスティーン18枚目のアルバム、
「ハイ・ホープス」の初回盤には、そのライブDVDも付いて、
映像でも名盤を堪能出来るようになっています。

2014.01.29

1月28日O.A.「Get Lucky 」 Daft Punk Feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers

今日紹介したのは、昨日のグラミー授賞式で大いに話題となりました、ダフト・パンクです!
アルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ」から、
ダフト・パンクfeat.ファレル・ウィリアムズ&ナイル・ロジャース、「ゲット・ラッキー」!

日本時間で昨日行われた、グラミー賞の授賞式。
およそ8年ぶりのアルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ」をリリースしたダフト・パンクに
注目が集まっていました。結果、主要4部門の中の「最優秀レコード賞」「最優秀アルバム賞」
を含め、全部で5部門を受賞しました。

グラミー賞といえば、パフォーマンスも注目が集まりますが、
ダフト・パンクは、アルバムでも共演しているファレル・ウィリアムズとナイル・ロジャース、
そして、スティービー・ワンダーとコラボ!アルバムからの代表曲「ゲット・ラッキー」を披露しました。
その曲中に、ナイル・ロジャースが所属していたバンド・シックの「おしゃれフリーク」の一節や、
スティービー・ワンダーの「アナザー・スター」を織り交ぜて、みていた多くの人を魅了していました。
ちなみにグラミー賞の主要部門、最優秀新人賞にはマックルモア&ライアン・ルイスという
ヒップホップ・デュオが、最優秀楽曲賞にはロードというまだ17歳の女性シンガーが選ばれました。

ちなみに、ダフト・パンクはいつもヘルメットを被ってるんですよね。だから喋らないんです。
昨日も受賞スピーチするかしないか、という点にも注目が集まってましたが、
結局話すことはありませんでした…。来日公演は2006年のサマーソニックが
最後だったようですから、今度来たら、もう大変なことになりそうですね!

2014.01.28

1月27日O.A.「 I Can See Clearly Now」Jimmy Cliff

今日、お送りしたのは、1972年のヒット曲!
ジミークリフ、「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ」。
                      
この曲は、93年に公開された映画「クールランニング」でも挿入歌として使われていましたね。
1988年冬季オリンピックカナダ・カルガリー大会に出場したジャマイカの
4人乗りのボブスレーチームを描いた映画でした。
        
そのジャマイカチームは、今回のソチオリンピックに2人乗りで出場します!
しかし、出場までの道のりは険しいものでした。
88年のカルガリー大会以来、5大会連続出場をはたしていたのですが、
映画のブームも去り、それと同時に、国からの強化資金も激減。
2002年ソルトレークシティー大会以来、出場から遠ざかってしまいました。

しかし、今回、12年ぶりの出場が決定!
キッカケは、ソルトレークシティー大会にも出場した
操縦役で46歳のウィンストン・ワッツ選手。
ソルトレークシティー大会後引退をし、アメリカに移住。
油田で働いていたのですが、近くにボブスレーのコースを発見し練習を再開。
ソチオリンピック出場にこぎつけます。
46歳はボブスレーで過去2番目の高年齢でのオリンピック出場ということです。

また、ワッツ選手はソチ出場のため、およそ1700万円もの私財を出したものの、
渡航費や用具費の資金が不足していました。
そこで、インターネットの寄付金集めサイトを立ち上げることに。
開始から48時間で世界各地からの寄付は、およそ840万円が集まります。
さらに、ソチオリンピック組織委員会も遠征費を負担するということで、
はれて、出場することができるようになりました!

その勇姿是非、オリンピックで見てみたいですね。


      

2014.01.27

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»