4月30日「Parklife 」 Blur

今日ご紹介したのは、ブラー「パークライフ」です。

90年代のブリット・ポップを代表するロック・バンドのひとつが、ブラーです。
このブラーのフロントマン、デーモン・アルバーンが今日、ソロデビュー・アルバム
「エヴリデイ・ロボッツ」をリリースしました。

1991年にブラーとしてデビューして以降、
別プロジェクトである覆面バンド・ゴリラズや、映画のサウンドトラックの制作、
オリジナルのオペラを手掛けるなど幅広く活動をしていましたが、
ソロ・アーティスト“デーモン・アルバーン”名義の作品は
デビューから23年にして、今回が初めてです。

今日ご紹介した「パークライフ」は94年にリリースされ、
全英チャートで1位を獲得したサード・アルバムのタイトル曲なんですが
先週ロンドンのパブで、バンドの演奏に飛び入りしたデーモンが
店のお客さんと、この曲を歌う姿が目撃されたそうです。

  •      

2014.04.30

4月29日O.A.「パラダイス銀河」 光GENJI

今日は「昭和の日」です。
その最後の昭和年号の1年だった「昭和63年」に、
年間シングルチャート1位となった曲をお送りししました。
光GENJIで、「パラダイス」です。

光GENJIは1987年に結成された、ジャニーズ事務所所属の7人組アイドルグループ。
ローラースケートをはいて歌って踊る姿が印象的でしたよね。
87年にデビューしてすぐに爆発的な人気を獲得しますが、
90年代に入るとだんだんアイドルブームが落ち着き、更にメンバーのソロ活動も増え
メンバー間に方向性の違いが出てきてしまいます。そして95年9月のライブを最後に解散します。

そんな光GENJI、当時様々な記録を打ち立てています。
88年に発売したビデオ「太陽がいっぱい 光GENJI」がおよそ30万本を売上げ、
当時のビデオソフトとしては最高の売上げを記録します。
また88年の年間シングルチャートでは1位〜3位を独占、
これは78年のピンク・レディーの快挙でした。
更に、デビュー曲から8作連続でシングルチャート1位を獲得、
これは当時の新記録です。

その昭和のアイドル「光GENJI」の記録は、その後、
後輩にあたる平成のアイドル「キンキキッズ」に抜かされることとなります。

  •      

2014.04.29

4月28日O.A.「More Than A Feeling」Boston

今日、お送りするのはボストン、1976年リリースの大ヒットの曲、
「モア ザン ア フィーリング 宇宙の彼方へ」。
       
ボストンは、マサチューセッツ工科大学で博士号を取ったという、
トム・ショルツ率いるバンドです。       
ロックミュージシャンとしては珍しい経歴を持ってます。
ボストンのサウンドは彼の存在なくしては語れません。

この「モア ザン ア フィーリング 宇宙の彼方へ」を収録されている、
デビューアルバム「ボストン 幻想飛行」は、
全米チャートでNo.1になり、その後全米チャートに2年間ランクインし続け、
全米だけで1600万枚を売り上げました。
しかも、自分の自宅スタジオで、たった一人で曲を作りあげたと言うんですから、驚きです。

そんな、ボストンが、35年ぶりに来日公演を行います!
東京は、10月2日、9日もく曜日、場所は日本武道館。
大阪は、10月6日月曜日、大阪市中央体育館。
名古屋は、10月4日土曜日、愛知県体育館となっています。

不滅のボストンサウンドを生で体験出来るチャンス!
お聞きのがしなく!
  •      

2014.04.28

4月25日O.A.「出会いは成長の種」ケツメイシ  

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。

今月のテーマは、「あなたにとっての『新生活応援ソング』は何ですか?」!
4月ラストの今朝は、ラジオネーム〔のん〕さんからのリクエストにお応えします。

ケツメイシ、2011年リリースのアルバム、「ケツノポリス7」に収録の一曲。
「出会いは成長の種」。

〔のん〕さんからはこんなメッセージ・・・

「社会人になり7年。入社した頃は毎日がとても新鮮で、覚えることもあってたいへんでした。
会う人々の年齢層も様々。慣れずに大変だと思うこともたくさんありましたが、
この曲には〔色んな人から学ぶことがたくさんある〕ということを教えてもらいました。
出逢いを大切に(*^^*)という思いをこめて、リクエストします。」

まさに人との出会いが自分を成長させてくれます。
改めて、ひとつひとつの出会いを大切にしたいですね。
  •      

2014.04.25

4月24日O.A.「Yellow」Coldplay

今日ご紹介したのは、COLDPLAYの「YELLOW」です。

この曲は、2000年にリリースされたシングル曲で彼らの人気を決定づけた名曲のひとつです。
2001年にはイギリスの音楽賞「NMEアワード」で「最優秀楽曲賞」を受賞。
アメリカのグラミー賞にも2部門にノミネートされました。
また、この曲が収録されたデビューアルバム『パラシュート』は、全世界で950万枚もの
セールスを記録しました。
その後も、ますます人気を獲得し、2000年代における最も成功したバンドのひとつにまで成長。
ボーカル、クリス・マーティンの歌声は、世界中の音楽ファンを魅了し続けています。

そんなCOLDPLAYですが、来月ニューアルバムをリリース、
そして、全世界で貴重な6公演のライブを行うと発表しました。
しかも、従来のスタジアムツアーではなく、小規模な会場を回るということです。
明日のドイツ公演を皮切りに、ニューヨーク、ロス、パリ、そして東京!
最終公演は地元ロンドンです。

東京公演は6月12日、東京ドームシティーホール。
より身近に彼らを感じられるチャンスです。
  •      

2014.04.24

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»