8月29日O.A.「少年時代」井上陽水       

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。

この夏のテーマは、〔あなたのクールミュージック〕
ラストの今朝は、ラジオネーム〔オールドペコ〕さんからのリクエストにお応えします。
井上陽水、「少年時代」

メッセージは、、
「リクエストは井上陽水、『少年時代』をお願いします。
この、曲を聞くと、遠い昔の風景がよみがえります。暑い夏、田舎の縁側、川、なぜかスイカ、、、
断片的に、夏の記憶が戻っていくようです。」

今では井上陽水さんの代表曲の一つにも挙げられるこの歌は、1990年の発売。
当初は荻野目洋子さんに提供するB面曲として作られましたが、
出来が良かったことと、同じタイトルの映画の主題歌のオファーが来たことから、陽水さん自らがカバー。
ロングヒットになりました。
陽水さんが子供のころ住んでいた、福岡県の糸田町(いとだまち)では、
防災無線放送でこの曲が使われています・・・

往く夏を惜しむ雰囲気がある歌ですよね。

2014.08.29

8月28日O.A.「Long Hot Summer」The Style Council

今日ご紹介するのは、夏の終わりにピッタリな名曲から。
スタイル・カウンシルの「LONG HOT SUMMER」です。
この曲は、1983年にリリースされたサード・シングルで、ここ日本でもカフェ・バー・ブームとともに
人気を博しました。
   
スタイル・カウンシルは、パンクバンドTHE JAMとして一世風靡したポール・ウェラーと
一時期、デキシー・ミッドナイト・ランナーズに在籍していた実力派キーボーディスト
ミック・タルボットが組んだユニット。
ジャズやソウルの要素を取り入れたサウンドは、ファンを驚かせましたが、
そのスタイリッシュでシニカルな音楽は、80年代のカフェ・ミュージック的洋楽の
代名詞的存在となりました。
    
またスタイル・カウンシルはファッション的にも注目を集め、
ステンカラーコート、ホワイト・デニム、ローファー、ブレザー、ボーダーシャツ
などといったアイテムをお洒落に着こなし、影響を受けた方もたくさんいらっしゃったのでは
ないでしょうか。

現在ポール・ウェラーはソロ活動を行っていますが、そのかっこよさは健在です!
        

2014.08.28

8月27日O.A.「secret base 〜君がくれたもの〜」 ZONE

今日ご紹介するのは、ZONEの「シークレット・ベース〜君がくれたもの〜」です。
半袖では寒いぐらいの朝。
そんな、夏の終わりの名曲のひとつです。

2001年にバンドでもない、アイドルでもない新ジャンルの「バンドル」として
デビューしたのが札幌出身のガールズバンド・ZONE。
同じ年にリリースした3枚目のシングル「シークレット・ベース〜君がくれたもの〜」は
当時の小・中学生の間でブームになった、井上真央さん主演ドラマ
「キッズ・ウォー・3」の主題歌として、ロング・ヒットを記録しました。
当時は、ZONEのメンバーも、井上真央さんもまだ中学生!

2005年に解散し、2011年に東日本大震災の復興支援として、
期間限定で再結成しました。
この時、偶然にも歌詞の通り、リリースから「10年後の8月」での再結成だったんですね。

2014.08.27

8月26日O.A.「Ghostbusters 」 Ray Parker Jr.

今日は、今から30年前のヒット、レイ・パーカー・ジュニアの「ゴーストバスターズ」です。

映画「ゴーストバスターズ」の主題歌で、全米シングルチャート1位を記録する大ヒットとなりました。
映画の方は、1984年に公開。映画の方もヒットし、89年には「2」が公開されます。
また「3」は何度も公開予定日が延期となり、やっと来年撮影開始が予定されているそうです。

レイ・パーカー・ジュニアの「ゴーストバスターズ」ですが、実は、この半年前にリリースされた
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の曲でおなじみのグループ)
の曲に似ていたことから裁判沙汰となり、結果、負けてしまいます。
これは映画のプロデューサーがヒューイ・ルイスに曲を使いたいと言ったものの断られ、
レイ・パーカー・ジュニアに似た曲を作らせたため、なんです。
映画も曲も大ヒットしているだけに、ちょっとお粗末な騒動となってしまいました……。
ちなみに!映画の方は30周年を記念して、DVDや記念グッズが入った記念BOXが
来月リリースとなるそうですので、ファンのかたは要チェックです!

曲を聴きながら、、みなさんも、あの掛け声、(ココロの中で)
一緒にやってみてくださいね!

2014.08.26

8月25日O.A.「The Boys Of Summer」Don Henley

今朝、ご紹介した曲は、イーグルスのメンバー、ドン・ヘンリーの
ソロ作品。「ボーイズ・オブ・サマー」です!

この曲がヒットした1984年は、
マイケルジャクソンの「スリラー」が37週1位に輝くなど
ダンスミュージックがヒットチャートを賑わしていました。
その中でもこの曲は、チャートベスト10入りを果たしています。
夏の終わりの切ない気持ちは世界共通なのかもしれません。

さて、日本では夏の甲子園が大詰めですが、
高校球児もまさに「夏の少年」。
彼らのはつらつとした活躍に元気をもらっている人も多いのではないでしょうか。
       
ただし、この曲は同じ「夏の少年」でも、
ひと夏の恋を引きづっている大人の男の姿を描いた曲。
夏の終わりにピッタリな曲です。
この夏、何か出会いがあった人も、何も無かった人も
ちょっとキュンとしてしまいますよね
あなたにはこの夏ドラマが起きましたか?

2014.08.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»