12月31日O.A.「飾りじゃないのよ涙は」中森明菜

今日ご紹介したのは、中森明菜さんの、「飾りじゃないのよ涙は」です。

中森明菜さんは、2010年10月から、体調不良を理由に無期限の活動休止を発表していました。
しかし!4年間の沈黙を破り、今夜ついに復活!と話題になっています。
12年前、その明菜さんがデビュー20周年の年に紅白歌合戦に出場した際に歌ったのが
「飾りじゃないのよ涙は」でした。
この曲は、井上陽水さんが手掛けたことでもおなじみ。
オリジナルは1984年、まさに中森明菜さんの全盛期にリリースされた代表曲のひとつですよね。
現在、新作を制作中という明菜さん、来月には5年4か月ぶりとなるシングル
「Rojo –Tierra-(ロホ ティエラ)」と、カバーアルバムのリリースが決定しています。
  •      

2014.12.31

12月30日O.A.「Chandelier」 Sia

今日は、オーストラリア出身の女性アーティスト、シーアのナンバー。
アルバム「サウザンド・フォームズ・オブ・フィアー」から「Chandelier」
この曲のミュージックビデオは今年、4億回以上再生され、世界的に話題となりました。

このシーアは、1976年オーストラリア・アデレード生まれ、現在38歳。
もともとはジャズバンドのボーカルを務めていましたが独立し、
1997年にソロアルバムをリリースします。
しかし、これが売れずに失敗。そこで拠点をオーストラリアからイギリスに移します。

その後、4枚のアルバムをリリースしますが、彼女の知名度を上げたのは、
2011年から2012年にかけて、日本でも人気のヒップホップシンガー「フロー・ライダー」の
「ワイルドワンズ」と、世界的人気DJ「デヴィッド・ゲッタ」の「タイタニウム」に
フィーチャリングシンガーとして参加。世界のチャートを賑わせ、
本国オーストラリアのチャートでも上位に入り、ついにトップシンガーの仲間入りを果たします。

この後、シーアはソングライターとしても大人気となり、
ニーヨ、リアーナ、ブリトニー・スピアーズ、ケイティー・ペリー、ビヨンセなどなど、
そうそうたるメンバーが彼女をソングライターとして起用しています。
  •      

2014.12.30

12月29日O.A.「tay With Me」Sam Smith 

今朝、ご紹介した曲は、サムスミス、「ステイ ウィズ ミー 〜そばにいてほしい」。

サムスミスは、今年の春にデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が大ヒット!
今年最も世界で注目されたニューアーティストと言っても過言ではありません。

今年はこのサムスミスをはじめ、ワンダイレクション、テイラースウィフト、エドシーランなど
イギリス出身アーティストが注目された年でもありましたね。
R&Bの人気の高いイギリスならでは、全員歌唱力があります。
来年2月8日に開催される、第57回グラミー賞では、
男性アーティストとしては34年ぶりに
新人賞を含む主要4部門すべてにノミネートされています!
イギリス出身の男性アーティストとしては、史上初だそうです。

ちなみに、34年前は、1980年、「セイリング」でグラミー賞を独占した
クリストファー・クロスが新人賞を含む主要4部門すべてにノミネートされています。

来年には日本でも彼のデビューアルバムが発売される事が決定しています。
  •      

2014.12.29

12月26日O.A.「Departures」globe  

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
この冬のテーマは、「あなたのホリデーシーズンを彩る名曲は?」

今朝は、ラジオネーム〔マロンまろ〕さんほか、たくさんのリクエストをから頂いてる曲。
globeの「Depertures」をお届けしました。

〔マロンまろ〕さん、先週ご主人の〔トシさん〕がお誕生日という事で、
globeの「Depertures」にリクエストを頂いています・・・思い出の曲なんでしょうね。

この「Depertures」は、1996年元日に発売されたglobeの4枚目のシングル曲で、
230万枚を売り上げた代表曲の一つ。
またこの曲が収録された1stアルバム「globe」は400万枚を超える記録的なひっとになっています。

当時のスキーブームは熱く・・・ツアーバスが列をなしてましたね。
この曲を聴くとあの頃のスキー場の思い出が蘇ってくるよう・・・
そんな方も多いのではないでしょうか?
  •      

2014.12.26

12月25日O.A.「 Fairytale Of New York」The Pogues with Kirsty MacColl

クリスマスの日の朝、、ご紹介したのは、ザ・ポーグス with カースティー・マッコールの
「FAIRYTALE OF NEW YORK」です。
この曲は、1987年のクリスマスシーズンにリリース。
以来、クリスマスの定番ソングになっています。

ザ・ポーグスは、1982年にロンドンで結成されたアイルランド出身のバンドで、
アイルランドの伝統音楽と、パンクロックを融合したサウンドは、世界的な支持を得ました。
これまでに幾度かの解散、再結成をしているポーグスですが、
今年はフジロック・フェスティバルに参加し、話題を集めました。

この曲、「FAIRYTALE OF NEW YORK」は、
夢を叶えるためにニューヨークに移住したカップルの物語。
「あなたに出会ったことで結局自分の夢を諦めたわ」と歌う女性に対して、
「君の夢は僕が大事に持っている。」と掛け合う2人が描かれています。

幸せを分かち合い、、誰かを思いやる、、、。
クリスマスのスピリットを思いださせてくれる曲です。
    
  •      

2014.12.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»