7月31日O.A.「One Day, One Life」MISIA  

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。

この夏のリクエストテーマは、「あなたのスマホのエース曲は何ですか?」
今朝はラジオネーム〔小麦のパパ〕さんのリクエストにお応えしました。

MISIA、「One Day, One Life」。

メッセージです・・・

 「僕のスマホのエース曲はMISIAですが、中でも『One day One life』。
この曲はシングルでもないし、ドラマやCMソングでもありません。
ですが曲に込められたメッセージは、
聴くたびに、僕に頑張ろう!って背中をポンって押してくれます。
この曲が発表されてから行ったMISIAのライブでも唄ってくれていますし、
今の僕のスマホには、なくてはならない曲です。」


「One Day, One Life」は、2014年リリースのアルバム、「New Morning」に収録の一曲。
ノンタイアップで決して目立つ曲ではありませんが、長く愛されてゆく名曲ですね。

2015.07.31

7月30日O.A.「 キラキラ 」aiko

今日ご紹介したのは、aikoの「キラキラ」です。

この曲は、2005年8月にリリースされたシングルで、「花火」とならんで 
夏の定番曲となっています。
 
aikoさんは4月から全国ツアー「LOVE LIKE ROCK VOL.7」を行ってますが、
いよいよあと3公演を残すのみとなりました。
そんな中、先日、野外フリーライブ「LOVE LIKE ALOHA VOL.5」を発表。
8月30日に神奈川県の「サザンビーチちがさき」で開催されます。
この「LOVE LIKE ALOHA」は、2003年から不定期で実施されているフリーライブで、
およそ3年ぶりの開催となります。
             

2015.07.30

7月29日O.A.「音色」 KREVA

今日ご紹介したのは、クレバ、2004年のソロデビューシングル、「音色」です。

現在、ソロデビュー10周年を記念した47都道府県を回るツアーを行なっているクレバさん。
自身が主催するイベント「908 FESTIVAL(クレバ・フェスティバル)2015」が
大阪フェスティバルホールで8月26、27日に。
そして日本武道館で、9月7日、8日に開催されます。

「クレバの日」の「前夜祭」として行われる9月7日の公演は
クレバさんと、なんとKICK THE CAN CREWの2組の対バン形式で行なうことが発表されました。

まさにクレバフェス!アツイ1日になりそうですね。

実は「音色」、この曲も9月8日「クレバの日」にリリースされました。

2015.07.29

7月28日O.A.「 Flathead 」 The Fratellis

今日紹介したのは、ザ・フラテリスの、「フラットヘッド」です。
大ヒットを記録した1stアルバムから、
iPodのCMソングで話題となったナンバーです。

ザ・フラテリスは、スコットランド・グラスゴー出身の3ピースバンド。
アメリカのバンド「ラモーンズ」や、日本の「オカモトズ」のように、
メンバーみんな「フラテリ」という苗字を名乗っており、イタリア語で「兄弟」の意味だそうです。
2005年に結成し、その翌年のデビュー・アルバム「コステロ・ミュージック」は
イギリスのアルバム・チャートで3週連続2位を記録。その後もじわじわとロングヒットし
世界で200万枚のヒットとなりました。

そのアルバムに収録された曲「フラットヘッド」はiPodのCMソングに採用されたこともあって
日本でも耳にする事が多かったためか、アルバムは20万枚を売り上げる大ヒットを記録しています。
2009年に活動休止を発表しますが、2013年に活動再開。
来月には4枚目のアルバムを日本先行リリースすることが決まっていて、
さらに11月30日には東京、12月1日には大阪での単独来日公演も決定しています!

2015.07.28

7月27日O.A.「I Gotta Feeling 」 The Black Eyed Peas

今朝、ご紹介した曲は、ブラック・アイド・ピーズ、2009年の大ヒット曲!
「アイ・ガッタ・フィーリング」。
            
今年、結成20周年を迎えます。
ただし、世間一般に知られるようになったのは、
ファーギーが加入した2003年から。
    
ヒップホップ界では唯一無二の存在の彼らは、
今回新曲「Yesterday」のミュージック・ビデオをApple Musicから発表しました!
ただし、この区切りの年に原点回帰を図ったのか、ファーギーは不在。
彼らが影響を受けてきたヒップホップの名曲の数々を
サンプリングして繋げたトラックになっていて
まさに、ヒップホップの歴史を辿るような楽曲です。
ブラックアイドピーズのルーツを辿る楽しさが満載です。

2015.07.27

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»