3月31日O.A.「my graduation」 SPEED     

今日ご紹介したのは、SPEEDの「my graduation」。

1996年にデビューして、大活躍した沖縄県出身の4人組。
史上最年少で、レコード大賞、紅白出場、4大ドーム・ツアー開催と、次々に記録を塗り替え、
2000年の3月31日に、惜しまれつつ解散しました。
その後も何度か、期間限定で再結成していますが、
ファンにとっては、解散記念日である、この3月31日は、忘れられない日なのかも・・・。

SPEEDは、もともとスクールの選りすぐり4人で結成されたユニットで、
当初から、一定期間の活動を経て解散、ソロ活動という青写真が描かれていたそう。
実際にメンバーにそれが伝えられたのが、1998年夏。
それに先立つ1998年春に発売されたのが、「my graduation」でした。

ちなみに、、この時代は「沖縄アクターズスクール」出身のスターがたくさんいました。
代表は安室奈美恵、MAX、DA PUMPなどがあげられます。

  •      

2016.03.31

3月30日O.A.「TSUNAMI 」サザンオールスターズ 

今日ご紹介したのは、サザンオールスターズの、「TSUNAMI」 です。

きのう、東日本大震災の被災地・宮城県女川町で「女川さいがいFM」が
最後の放送を終え、お昼の12時に閉局しました。
番組終了間際(まぎわ)、スタッフとリスナーへの感謝の思いを語った須田町長。
そして最後の曲として選んだのが、この曲でした。
実は先週の土曜日、女川さいがいFMの閉局にあたり、FMのスタッフや地元の方を励ましに
桑田さんが女川を訪れ、サプライズで温泉施設の「ゆぽっぽ」でライブを行いましたが、
須田町長はそんな桑田さんへの感謝の気持ちと、
「震災後、自粛を余儀なくされてきたが、待ち望んだ曲。
女川さいがいFM閉局のタイミングだからこそかけられる1曲」 として、
リスナーに届けました。

女川さいがいFMは5年の歴史に幕を下ろしましたが、4月以降も
「onagawafm」(オナガワ・エフエム)として、コンテンツの制作や
インターネットを利用した情報発信を続けていくということです。

  •      

2016.03.30

3月29日O.A.「Sing 」 Travis

今日紹介したのは、スコットランド・グラスゴー出身のロックバンド「トラヴィス」
「シング」!です。

トラヴィスは、グラスゴーのアートスクールの学生4人で結成されました。
1996年にデビューすると、オアシスのノエル・ギャラガーが「好きなバンド」として挙げたことで注目の新人バンドとして話題となります。その翌年には、オアシスのイギリスツアーの
前座に抜擢されたりデビュー・アルバムが上々の売り上げを記録したりと、
順調な滑り出しとなります。
2000年にはイギリス最大級のフェス「グラストンベリー・フェスティバル」の
ヘッドライナーを務めます。
その後もコンスタントにヒット曲を発表し、今年デビューから20年の節目の年、
来月開催のフェスイベントのヘッドライナーとして来日公演を行います。

この名曲「シング」は、2000年リリースの3rdアルバム
「インビジブル・ハンド」に収録された1曲です。
このアルバムリリースに際して、ボーカルのフランは、
「一番大切なのは僕らじゃなくて、僕らが作った曲。僕らがバンドをやめても作品は残る」
と話したそうで、彼らを象徴する名言となっています。
  •      

2016.03.29

3月28日O.A.「Like A Rolling Stone 」 The Rolling Stones

今朝、ご紹介した曲は、ザ・ローリング・ストーンズ、
「ライク・ア・ローリング・ストーン」。

「ザ・ローリング・ストーンズ」は、先週末、25日土曜日、
キューバ・ハバナで入場無料コンサートを開催して話題になりました。
オバマ大統領による歴史的なキューバ訪問に続いての公演、、、
ストーンズは常に歴史を作るバンドですよね。
キューバの国営メディアによると、推定動員数は50万人だったそうです!

そして、1995年にリリース、アコースティック・セットをフィーチャーした
ライヴ・アルバム『ストリップド』の全貌を丸裸にするライヴドキュメンタリー
DVD&Blu-ray『トータリー・ストリップド』が
日本先行で5月20日にリリースされます!

2度目の来日公演の時、東芝EMIスタジオで行われたレコーディング風景なんかも収められています!

  •      

2016.03.28

3月25日O.A.「春」 中孝介                

金曜日はシーズンごとのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
3月リクエストテーマは、出会いと別れの春に寄せて、「ナミダウタ・リクエスト」。
今朝は大阪の30代男性、ラジオネーム[フローティング]さんのリクエストにお応えしました。
中孝介、「春」。

メッセージ・・・

「ナミダウタ・リクエストは、中孝介の「春」です。この歌を聞くたびに友人を思い出します。
8年前、少し年の離れたその友人が、闘病の末に、逝ってしまいました。
あの頃、何もできなかった僕は、ショックで立ち直るのにかなりの時間がかかりました。
気がつけば、いま僕は、その友人よりも年上になっていました。
今の僕の姿を見て友人はなんて言ってくれるのかな?
日々仕事に趣味に頑張っている僕を見て、あの頃のように、
「頑張ってるね。僕も頑張らなくっちゃ」と言ってくれるかな?
僕にとってあなたに褒められることが一番うれしいことでした。今でも会いたいと思っています」

この「春」は、2008年4月リリースの、中孝介、5枚目のシングル。
まさに、会えない人に思いを寄せる歌になっています。

  •      

2016.03.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»