3月24日O.A.「 Our Lips Are Sealed(シールド) 」 The Go-Go's

今日ご紹介するのは、THE GO-GO’Sの「泡いっぱいの恋(Our Lips Are Sealed(シールド))」
です。この曲は、1981年のデビューアルバム『BEAUTY AND THE BEAT』からの1曲で、
彼女たちの代表曲のひとつです。
    
THE GO-GO’Sは、のちにアイドル的存在となるシンガー、ベリンダ・カーライルが在籍していたガールズ・バンドで、そのキラキラとしたサウンドは、瞬く間に人気者となりました。
この曲は、ニュー・ウェーブシーンで活躍していたスカ・バンド、スペシャルズの
テリー・ホールが手がけたことでも話題となりました。
                
1985年に解散してからも、幾度となく再結成してきたTHE GO-GO’Sですが、
38年間の活動を経て、最後となるフェアウェル・ツアーを発表しました。
8月2日のキャピトルシアターから8月3O日のロサンゼルス・グリークシアターまで
全18公演を行う予定。このツアーでは、ベリンダ・カーライルをはじめ、
ほぼ黄金期のメンバーが参加するということです。
         
メンバーはエンターテイメント・ウィークリー誌に「みんなが望むラウドで早い音楽と
素晴らしいパーティーを提供します」と語っていて、現在はその準備中。
できれば、、、日本にも来てほしいですね!
  •      

2016.03.24

3月23日O.A.「瞳をとじて」平井堅

今日ご紹介したのは、平井堅さんです。
2004年リリースのシングル。「瞳をとじて」。

平井堅さん、昨年デビュー20周年を迎えましたが、
本日、昨年5月13日のデビュー記念日に行ったライブの模様が、
DVD、ブルーレイディスクで発売されます。
今回のライブ映像は、演奏した全20曲ノーカットで収録。
20周年を振り返るベストライブとなりました。

そんな平井堅さん、5月に行われる「伊勢志摩サミット」の公認サポーターに就任。
応援ソングを手掛けます。

  •      

2016.03.23

3月22日O.A.「 Love Me Do 」The Beatles

今日紹介したのは、ビートルズのアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」から
イギリスでは1stシングルとしてもリリースされていました「 Love Me Do 」 です。

アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」は、ビートルズの1stアルバム。
1963年の今日、イギリスでモノラル盤がリリースされました。
イギリスの音楽雑誌「メロディ・メーカー」によると、なんと30週間1位を記録!
31週目を阻止したのは、彼らのセカンド・アルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」でした。

このアルバムには1stシングルの「ラブ・ミー・ドゥ」も収録されています。
この曲には、ドラム担当が違うパターンがあり、
アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」に収録された「ラブ・ミー・ドゥ」は、
ビートルズのドラマーとして有名なリンゴ・スターは、タンバリンを叩いていて、
セッション・ミュージシャンがドラムを担当していたそうです。
先日亡くなったプロデューサーのジョージ・マーティンは、
後日リンゴに謝罪し、リンゴは笑ってこたえた という話が残っています。

  •      

2016.03.22

3月21日O.A.「 LA.LA.LA LOVE SONG 」久保田利伸

今朝、ご紹介した曲は、久保田利伸 ウィズ ナオミキャンベル、
「ラ・ラ・ラ・ラブソング」。

この曲は1996年の春に大ヒットしたドラマ「ロングバケーション」の主題歌!
その久保田利伸さんですが、昨年行われた全国ツアー
『TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2015 L.O.K Supa Dupa(スパドゥパ)』
のファイナル国立代々木競技場第一体育館公演を収録したDVD&Blu-rayが
先週リリースされました!
「ミッシング」、「ラ・ラ・ラ・ラブソング」など、誰もが知る名曲から、最新曲まで、
最高峰のソウルフルなエンタテイメントショーを見ることができます!

   
  •      

2016.03.21

3月18日O.A.「Tomorrow」 岡本真夜            

金曜日はシーズンごとのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
3月のリクエストテーマは、出会いと別れの春に寄せて、「ナミダウタ・リクエスト」。

今朝は大阪のラジオネーム[ジョニー・ゲップ]さん、30代男性からのリクエストにお応えします。岡本真夜、「トゥモロー」

「涙ソングは岡本真夜さんのtomorrow。これは僕が出場した春の選抜高校野球大会の入場行進曲!今でもこの歌を聴くと胸が高まります!そして勝ち進んでベスト8!
ギリギリのとこで負けたんですが、最後の打者は僕でした。うちのチームはみんな悔し涙ながして、帰りのバスでも涙。涙の数だけ強くなれました!」

こんなメッセージも添えていただきました。
ありがとうございました。
また、選抜の春がやって来ましたね。

  •      

2016.03.18

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»