6月30日O.A.「僕の見たビートルズはTVの中」斉藤和義 

今日お送りしたのは、斉藤和義のデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」です。

今日はビートルズの来日公演から50年という日、その時の熱狂を知らない彼でも、
その偉大さや、影響力の大きさを知ったからこそ、この歌が出来たのでしょう。

この「僕の見たビートルズはTVの中」は1993年リリース。
テレビのオーディション番組を勝ち抜いた彼が、翌年にリリースしたデビュー曲です。
そこそこ満足だけど、何か足りない・・・、
昔を懐かしむ人を冷めた目で見ながら、でもビートルズは尊敬している。
そんな当時の若者の心象風景を描いている作品、ということです。

2016.06.30

6月29日O.A.「Get Off Of My Way」MAN WITH A MISSION  

今日お届けしたのは、MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)。
「Get Off Of My Way」です。

マン・ウィズ・ア・ミッション、顔はオオカミ、身体は人間の5人組ロックバンド。
2011年にメジャー・デビュー。ロックミュージックにDJやサンプリングなどを合わせた
サウンドでライブを中心にファンが急増。
日本全国はもちろん、アジア、アメリカ、ヨーロッパでもライブを行っています。
そんな彼ら、本日4枚目のライブDVD「狼大全集IV(フォー)」を発売。
それに合わせて、日本の最北端CDショップと最南端CDショップにメンバーが挨拶に行く
という企画を行うそうです。公式サイトによると訪問するCDショップは発表されておらず、
ヒントは独自に調べられた地図の緯度・経度だけ。
時間もお昼12時から夕方6時までのどこかで現れるという謎の企画になっています。

2016.06.29

6月28日O.A.「Stayin’Alive 」 Bee Gees

今日紹介したのは、イギリスのボーカルグループ、ビージーズの「ステイン・アライブ」です。

もともとは1977年の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサントラに収録された1曲でしたが、問い合わせが殺到し、シングルとしてリリース。
すると、4週連続で全米1位を記録する大ヒットとなり、ビージーズの代表曲のひとつとなりました。

先週末の3日間開催されていたイギリス最大級のロックフェス、「グラストンベリー・フェスティバル」。最終日のヘッドライナーはコールドプレイでした。
そのアンコールでスペシャルゲストとして登場したのはビージーズのバリー・ギブでした。
コールドプレイと「ステイン・アライブ」を演奏し、コールドプレイのボーカル:クリス・マーティンは「史上最高の曲だ」と話したそうです。

ちなみにこの曲、心臓マッサージに適した速さの曲だと、アメリカ心臓協会が推奨しているそうです。

2016.06.28

6月27日O.A.「Walk This Way 」Aerosmith 

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介していきます。

今日ご紹介するのは、エアロスミス、「ウォーク ディス ウェイ」。
スティーヴン・タイラー率いる、トータル・アルバム・セールス、全世界で累計1億5千万枚と
アメリカン・ロック史上最強の5人組バンド、「エアロスミス」は、
1970年代初めにボストンでバンド結成。

1973年にアルバム『野獣生誕』でデビュー。
そして、1975年、エアロスミスの名を世界に轟かせたのが、
初のプラチナ獲得アルバムとなったサードアルバム
『闇夜(やみよ)のヘヴィ・ロック』。
このアルバムからエアロスミスの代表作「ウォーク ディス ウェイ」は誕生しています。
       
しかし、70年代後半から、一時メンバー脱退、解散状態などのトラブルに見舞われ
セールス不振に陥りますが、1986年救世主が現れます!
ヒップホップ界のレジェンド、RUN-D.M.C.です!

彼等と一緒にコラボした「ウォーク ディス ウェイ」で見事復活しました。
その後は、数々のヒット曲を産みだし、1998年の映画『アルマゲドン』主題歌、
「ミス・ア・シング」はメガヒットとなりました!
そして2001年にはロックの殿堂入りを果たします。


2016.06.28

6月24日O.A.「CREAM(クリーム)」PRINCE

今日ご紹介したのは、PRINCEの「CREAM(クリーム)」です。

この曲は、1991年にアメリカのナショナルチャートで1位を獲得しました。
そんな名曲「CREAM」のミュージック・ビデオでも使用され、
80年代後半から90年代半ばにかけてツアーなどでも使われたプリンスお気に入りのギター
「イエロー・クラウド・ギター」が今日から、ビバリーヒルズで開催されるオークションに
出品されます。     

この「クラウド・ギター」は、ファンの間では有名なエレキギターで、
クラシカルでユニークなデザインが特徴です。
今回出品されるのは、その中で2番目に作られたというイエローカラーのもので
まさに世界で1本しかない貴重なギターとなっています。

2016.06.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»