11月14日O.A.「A SONG FOR YOU」 Leon Russel

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介しています。今日、紹介したのは、レオンラッセル、
「ソング・フォー・ユー」でした。

アメリカのシンガーソングライター、ミュージシャンのレオン・ラッセルが
11月13日、ナッシュビルの自宅にて息を引き取りました。74歳でした。
3歳のころからピアノを学び、14歳でナイトクラブで歌い始めたという彼は
キーボーディストとして、ジェリー・リー・ルイス、ローリング・ストーンズら
多くのアーティストの作品に参加。数々のレコーディング・セッションを経験し、スタジオ・ミュージシャンとして確固たる地位を築いた後、1970年にアルバム『レオン・ラッセル』をリリースし、ソロ・アーティストとしてデビューを飾りました。

デビュー・アルバムの1曲目に収録された「ソング・フォー・ユー」はカーペンターズにカバーされ大ヒット!その名は一気に世に広まりました。
ルーツ・ミュージックの色が濃い、泥臭い音楽性は高い評価を受け、
エリック・クラプトンら多くのミュージシャンに多大な影響を与えたほか、
ソングライターとしても非常に高く評価されており、ジョージ・ベンソンの「マスカレード」、
カーペンターズの「スーパースター」などのヒット曲も、彼の作品です。
真っ白なロングヘアーに長いヒゲという姿が印象に残ります。


2016.11.14

«Prev || 1 || Next»