11月7日O.A.「Superstition 」Stevie Wonder

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介しています。

今日、紹介するのは、スティービー・ワンダー、「スーパースティション」です。
スティービー・ワンダー、デビューはなんと11歳。
12歳でバンドの一員として全米ツアーを廻り、このツアーでの演奏を録音したものが翌年、
アルバムとしてリリースされると、全米で1位になる大ヒットを記録。
13歳での1位獲得は現在でも史上最年少の記録となっています。
かなり早い時期から成功を手にしたスティービー・ワンダーですが、スターの仲間入りを果たしたのは、もう少しあと、1972年にアルバム「トーキングブック」をリリースしてから。
シングルカットされた「スーパースティション」「サンシャイン」の2曲は全米1位を獲得し、
これらの楽曲で、初のグラミー賞受賞を果たすとともに、以降、グラミー賞の常連になりました。

現在66歳のスティービー・ワンダー。先日ニューシングル「フェイス」をリリースしました。
この曲、アリアナ・グランデをフィーチャーしたもので、年齢差はなんと43歳!
グルーヴィーでエネルギッシュな楽曲に仕上がっています。

      

2016.11.07

«Prev || 1 || Next»