12月16日O.A.「My Heart Will Go On 」Celine Dion

今日ご紹介したのは、セリーヌ・ディオンの 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」です。
    
この曲は、言わすとしれた映画『タイタニック』の主題歌として世界中で大ヒット。
グラミー賞で4部門、そして映画の祭典アカデミー賞でも歌曲賞を受賞しました。
     
そんなセリーヌ・ディオンですが、先日Googleが発表した「2016年最も検索されたワード」で、
「すべての地域で最も検索されたミュージシャン」となりました。
セリーヌ・ディオンは2015年3月に大人気のラスベガスショーに復帰、
その後、今年の1月には夫と兄が他界するも、「歌い続けてほしい」という夫の望みに答え、
ステージに立ち続けています。
          
カナダ出身で、英語とフランス語のアルバムを出している彼女は、
やはり世界規模のスターなんですね!
     
     

2016.12.16

12月15日O.A.「 ロビンソン」スピッツ 

今日お送りしたのは、スピッツの、「ロビンソン」です。

1995年リリース、スピッツ11枚目のシングル。160万枚以上を売り上げ、
今でもスピッツ最大のヒットとなっている曲です。

その後もヒット曲を連発していたスピッツですが、
売れることを忌み嫌って、ついには廃盤にしてしまったアルバムがあります。
それが、1999年12月15日リリースのスピッツ初のベスト盤、「Recycle」。
「ロビンソン」をはじめ、「チェリー」や「空も飛べるはず」など、15曲を収録したベストアルバムでしたが、メンバーのあずかり知らないところでリリースになったということで、
メンバーは大反対。

とはいってもアルバムはどんどん売れて200万枚以上のセールスを記録。
それでも、“自分たちの一部のキャリアを切り取っただけのアルバムが売れ続けるのに納得が出来ない”ということで、今度はレコード会社に「Recycle」の製造中止を了解してもらったうえで、
メンバー公認・公式の2枚組のシングル・コレクション・アルバムをリリースしました。

ファンにしてみれば〔初期のベストアルバム〕として価値を認めたからこそ、
200万枚以上も売れたんだと思いますけど、スピッツのこだわりの強さが分かるエピソードです。


2016.12.16

«Prev || 1 || Next»