3月10日O.A.「 In My Life 」The Beatles

今日ご紹介したのは、ザ・ビートルズの「IN MY LIFE」です。

この曲は、ジョン・レノンが生まれ故郷のリバプールをなつかしんで書き上げた歌詞に
ジョンとポールが2人で曲を作った名曲で、プロデューサーのジョージ・マーティンによる
ピアノをチェンバロのようにしたバロック音楽風の間奏がとても印象的な1曲です。
    
ジョージ・マーティンは、クラシック音楽に精通した人で、ビートルズの音楽に、時には、
ストリングスやホルン、クラリネットなどオーケストラの要素を加え、
他のロックバンドとは違った進化を提供したまさに名プロデューサーです。
そんなビートルズのほとんどの作品をプロデュースし、「5人目のビートルズ」とも呼ばれた
ジョージ・マーティンが、8日、自宅で亡くなりました。90歳でした。
            
ジョージ・マーティンは、1962年にビートルズのデモテープを聴き、
レコード契約を交わすと、最初のシングル「LOVE ME DO」をきっかけに次々と名曲をプロデュース。ポピュラー音楽を一変させた世界的人気バンドの音楽に欠かせない存在となりました。その後も50年以上にわたるキャリアの中で、700枚以上のレコードを製作したと言われています。1996年には音楽業界とポップカルチャーへの功績が認められ、イギリスの女王から
ナイトの称号が贈られました。
                        
まさに、世界で最も有名なプロデューサーのひとりですね。
ご冥福をお祈り致します。

2016.03.10

«Prev || 1 || Next»