7月25日O.A.「Better Together」 Jack Johnson 

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介しています。

けさ、ご紹介するのは、ジャック・ジョンソンの「ベター・トゥギャザー」です。
ジャック・ジョンソンは1975年、ハワイ・オアフ島の「サーフィンの聖地」と呼ばれている
ノースショアで生まれました。高校生の頃は、世界最高峰のサーフィン大会に出場するほど
サーフィンに慣れ親しみ、実際、企業とプロ契約を結びましたがサーフィンの途中、
大ケガをする事故にあい。それがきっかけで、趣味にしていたギターに、のめり込みます。

そしてジャック・ジョンソンの音楽の才能を発掘したのは、G・ラブ。
1999年にリリースされたアルバム「フィラデルフォニック」にジャック・ジョンソンの
「ロデオ・クラウンズ」が採用。その後、レコード会社と契約し、デビューを果たします。
日本で彼の名前が知られるようになったのは、この「ベター・トゥギャザー」が収録された、サードアルバム「イン・ビトゥイーン・ドリームス」。このアルバムは、全米チャートで初登場2位。
日本のランキングでも上位にランクインするなど、注目を集めました。

そんなジャック・ジョンソン、サードアルバム、リリース後は家族と過ごす時間を増やすために
一時活動を休止。2008年に次のアルバムを出すまでのおよそ2年間は、家族とゆっくり過ごしたり、のんびりサーフィンをしていたそうです。シンプルなアコースティックサウンドを奏でるジャック・ジョンソンらしい
ライフスタイルですね。
       

2016.07.25

«Prev || 1 || Next»