8月18日O.A「Samurai」 Djavan

今日お送りしたのは、Djavan(ジャヴァン)、「Samurai」です。

いまリオ五輪開催中で、まさに卓球の男子団体が決勝に臨んでいますが、
そのブラジルを代表するアーティストの一人ですね。

はい。ジャヴァンはブラジル北東部の出身。
18才から作曲を始めて、26歳の時にリオ・デ・ジャネイロに進出。
1976年、29歳の時にプロデビューを飾りました。
他の歌手に提供した作品がヒットするなど、シンガーソングライターとして注目を集めるようになると、1982年、35歳の時にアメリカに進出。
スティービー・ワンダーやロニー・フォスターが参加したアルバム、「ルース」をリリースしました。そしてこれが大ヒット。ジャヴァンの名前は世界に知られるようになりました。

このアルバムの中の一曲が「Samurai」。ハーモニカを吹いているのはスティービー・ワンダーです。ただ、歌詞は、好きな女性に去られた男性が嘆く内容で、
唐突に、「僕はサムライのしもべになった」と出てきます。

リオの後は「東京」。これも日本とブラジルの深い関係を示す1曲です。

2016.08.18

«Prev || 1 || Next»