12月8日O.A.〜Music Maestro〜「We Are The World」USA for Africa

毎月第一週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
名曲を支えたひとりの人物をピックアップしています。
今週は、11歳でデビューして以来、50年以上第一線で活躍し続ける巨匠のひとり、
Stevie Wonderの「コラボレーション楽曲」に注目しました。
その曲に込められた想いやストーリーを紐解いていきます。
 
お届けした楽曲は USA for Africa「We Are The World」でした。
   
この曲は、1985年、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られた
チャリティーソングで、当時のアメリカの著名なアーティスト35人以上が集結しレコーディングされました。
中でもStevie Wonderは、作曲者であるMichael Jackson、
Lionel Richieらとともに初期段階のレコーディングにも参加。重要な役割を果たしています。
 
Stevie Wonderは、エンディングの大サビで、Bruce Springsteenとの掛け合いを披露しています!まさにこれらの共演は奇跡に近いですね。
  
来週は、J-POPの名曲から、この時期にもおすすめの
クリスマス・ソングをランナップします。お楽しみに!
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

12月8日(金)OA分の放送はこちら

2017.12.08

«Prev || 1 || Next»